2015年12月1日 更新

冬は暖房費がかかる季節!賢く工夫して電気代を下げよう

気温のさがる冬場は、家庭でエアコンや電気毛布などを使う機会も増えます。暖かいのは助かるけれど、気になるのは電気代。少しでも節約するためのポイントをご紹介します。

暖房器具を1つだけ選ぶなら、こたつが正解

 (5062)

日本の冬の風物詩といえば、やっぱり「こたつ」!
暖まりながら食事をすることができ、家族団欒にも役立ちます。
家電売り場に行くと、実に様々な暖房器具が売られています。
電気ストーブ、エアコン、オイルヒーターなど、どれも工夫を凝らして作ってありますが、電気代が高いのがたまにキズ。
どんなに暖かくても、1時間あたり数十円もの電気代がかかるようでは家計に響いてしまいますよね。

そこで、おすすめなのが昔ながらの「こたつ」。
1時間あたりわずか2~5円という電気代の安さでありながら、使い勝手も良いというおまけ付きです。
食事はもちろん、勉強や仕事、ゲームなど、いろいろなことに活用してみてください。
こたつの弱運転時の消費電力は80wh、強運転時の消費電力は200Wh、電気代は1時間あたり2円~5.1円となります。

暖房器具の設定温度はこまめに調節する

暖房エアコンの節約術は?設定温度にも注意が必要? | 今日のトレンドニュース (6077)

電気代を下げたいなら、設定温度にもしっかり気を配りたいもの。
最初の設定でずっとつけっ放しにするのは、エネルギーの無駄遣いにもつながります。
暖房器具を使う時は、設定温度をこまめに調節し、常にちょうど良い室温に保ちましょう。
暖め過ぎは空気を汚したり、乾燥させたりする原因になるし、設定温度が高いままでは電気代がかさんでしまいます。
設定温度を20℃にすると、エアコンの場合約1,170円、ガスファンヒーターの場合約1,390円、石油ファンヒーターの場合約1,020円の節約になるといわれています。

窓の隙間をしっかりふさいで、暖かい空気が逃げるのを防ごう

kojima.net - 家電リフォーム (5074)

どんなに頑張ってお部屋を暖めても、窓の隙間から空気が逃げてしまっては台無し。
特に、建ててから年数の経ったおうちはこの傾向が強いので、隙間を防ぐ工夫をしてみましょう。
建てつけが悪かったり、建ててから年数が経っていたりするおうちでは、どうしても窓から隙間風が入りやすくなります。
外気が入り込むということは、中の空気も逃げていきやすいということ。
換気の面では良いのかもしれませんが、せっかくの暖房がムダになってしまうのは辛いですよね。

「暖房器具を使っても部屋が暖まりにくい」という場合は、市販のすきまテープなどを使って対策しましょう。
窓のサッシや網戸のすきま塞ぎに便利なのが「パイルフィット」です。
網戸などの端の部分に取り付ければ、わずかなすきまもしっかり塞ぎます。

カーテンは厚手のものをかける

四国電力 暮らしのヒント/Vol.184 冬の省エネ (6061)

窓にかけるカーテンも、冬場は厚いものに替えましょう。
隙間から暖めた空気が逃げないよう、床までしっかり長さのあるものがおすすめです。
寝室をしっかり暖めたいなら、カーテンを冬用にするのがおすすめです。
分厚いものなら冷たい空気をしっかり遮断し、室内の暖かさも逃がさないので、寝る前に暖房で暖めておけば気持ちよく眠れますよ。
カーテンは暖房で温まった部屋の空気を逃さず、冷たい外気を遮断します。厚手の布地のものを、床に届く長さで利用しましょう。

布団を暖めるなら湯たんぽがちょうどいい

立つ湯たんぽ タンゲ化学工業株式会社:立つ湯たんぽ (6100)

昔から、私たち日本人を暖め続けてくれている湯たんぽ。
お湯の入れ替えがちょっと面倒ですが、コストがかからず経済的です。
冬場は布団が冷たくて眠れないので、電気毛布を使っている人も多いと思います。
しかし、電気毛布は意外と電気代がかかるし、体を乾燥させる原因に。
昔ながらの湯たんぽなら、お湯を入れて足元に置くだけなので、コストもかからず快適に眠ることができます。
お湯をいれておくだけで一晩温かさが持続される昔ながらの湯たんぽは、ランニングコストも最低限で済むうえ、火を使わず、乾燥やホコリの心配も無用な暖房器具です。

服装の見直しで電気の使用量を下げる

【楽天市場】【送料無料】ひだまり チョモランマ 紳士ハイネックアンダー L【代引き料無料】※数量限定《あったか 下着、暖かい 下着、暖かい肌着、温かいインナー、下着、防寒、寒さ、冷え症 、テイジン テビロン、抗菌、極よりあったかい》:ル・リアン (6057)

洋服の下に着込むあったか下着は、肌を直接暖めてくれる優れもの。
体から発散する汗に反応して暖めるものなど、いろいろなタイプがあるので、お気に入りの一着を見つけてみましょう。
あったか下着、ニット、フリース、ネックウォーマー、ボアスリッパなど、身につけることで体を寒さから守ってくれるアイテムはたくさんあります。
特に、首元や足首を暖めると効果抜群!
おしゃれなデザインのものも売られているので、ファッションを楽しみながら防寒しましょう。
少しぐらいの寒さなら、暖房器具を使わなくても十分快適に過ごせますよ。
体を冷やさないために温めておきたい3つの首ををご存知でしょうか?
ズバリそれは…「首」・「手首」・「足首」となります。この3つの首の共通項は皮膚が薄いということですね!

体を温める食事・飲み物を取る

冷たい水は太る!?”温かい飲み物”と”冷たい飲み物”体に良いのは!? | オフィつく (6116)

冬においしい温かい飲み物。
体を芯から温めて、血行も促してくれます。
生姜、トウガラシ、黒糖、肉類、日本酒、ほうじ茶、ココアなど、体を温める作用を持つ食べ物&飲み物を積極的に取りましょう。
体温が上がるので、免疫力がアップして風邪も引きにくくなります。
寒冷地法でとれるものや冬の食べ物は体を温める作用があります。また、色が濃い食材は体を温める効果が高いのです。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こたつの電気代は意外に安かった?!こたつでこの冬を乗り切ろう!

こたつの電気代は意外に安かった?!こたつでこの冬を乗り切ろう!

皆さんのお家は「こたつ」使ってますか?実はこたつって結構節約アイテムなんです!
lucy | 1,454 view
〈エコで省エネのこたつ〉さらに節電できる方法があるんです。

〈エコで省エネのこたつ〉さらに節電できる方法があるんです。

電気代が安い暖房器具といえば“こたつ”ですよね。でもそのこたつをさらに省エネにする方法があるんです。
sawaco | 2,461 view
〈暖房器具〉どれとどれを組み合わせるのが効果的?

〈暖房器具〉どれとどれを組み合わせるのが効果的?

暖房器具にはそれぞれ特性があります。 こたつだけでは、出ると寒くなってしまったり、オイルヒーターだと温まるまで時間がかかってしまったり。 そんなときに効率よく、効果的に部屋を暖めてさらに節電につながることもあるんです。
sawaco | 20,371 view
毎日の洗濯で賢く節電しよう! 効果的な方法とは?

毎日の洗濯で賢く節電しよう! 効果的な方法とは?

洗濯はほとんど毎日するものなので、その都度電気代もかかってしまいます。かといって洗わずに不衛生な衣類を着るわけにもいかないし、本当に悩みますよね。少しでも電気代をかけずに洗濯する方法をリサーチしてみたので、ぜひ試してみてください。
misoji37 | 999 view
ウォシュレット・トイレは電気代がかかる? 賢く使って電気代を下げよう

ウォシュレット・トイレは電気代がかかる? 賢く使って電気代を下げよう

ウォシュレットタイプのトイレはとても便利ですが、意外と電気代が高いってご存知でしたか? 毎日必ず使うものだけになかなか節約できなくて困りますよね。少しでも電力消費を抑える方法をご紹介するので、ぜひ試してみてください。
misoji37 | 13,296 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

misoji37 misoji37

おすすめの記事

今注目の記事