2016年1月6日 更新

部屋のサイズ次第で効率的!オイルヒーター♪

オイルヒーターのイメージってどんなものがあるでしょうか?電気代が高いって聞いたことありませんか? でも、上手に使えばほかの暖房器具とほとんど変わらないんですよ♪

オイルヒーターの仕組みは?

 (24202)

 (23811)

オイルヒーターがどうやって部屋を暖めているか気になったことありませんか??
内部にあるオイルは交換や補充の必要もなく簡単に使えますよ♪

オイルヒーターはほかの暖房器具とどう違う?

 (24203)

この画像だけではオイルヒーターはほかの暖房器具に勝ち目がないように見えますね・・・・。

もっと詳しくメリットやデメリットについてみてみましょう♪

オイルヒーターのいいところ♪

☆駆動音がなく静か
オイルヒーターは駆動部が存在しないため、本体からの運転音がなく静かなのが利点です。電気ストーブなどと比べて表面温度が低いため、柔らかい暖房効果を得ます。ただし、本体上部は90℃程度まで加熱されますので、長時間接触するとやけどをすることがあり、注意が必要です。

☆空気が汚染されない
燃料を燃焼させないため、空気を汚さない非常にクリーンな暖房器具です。風を発生させることがなく、ハウスダストを拡散させる心配がありません。容器内の難燃油は、密閉されているためメンテナンスする必要がなく、普段の手入れは本体表面の清掃だけです。オイルを長期間使用しても交換や補充を考える必要なく、メンテナンスフリーで使う事が可能です。

☆新生児や高齢者の居住する部屋に最適
オイルヒーターは輻射熱を利用しており、空気を汚さず身体に優しい暖房機器ですが、頻繁に部屋を出入りしたり、窓を大きく開けて換気するような環境には不向きです。新生児や高齢者が住む部屋など、寒気の侵入を抑え、安定した暖房を求める場合には適しています。使用場所と用途を良く考え、最適な電気暖房の選択を行うのが良いでしょう。
石油ファンヒーターの風が苦手!と思う人やお年寄りの部屋に安全なものがほしい、と考えたことありますよね?
そんな方にはオイルヒーターがおすすめですよ♪

オイルヒーターの残念なところ。

☆暖房効率が悪い
オイルヒーターは暖房効率が悪く、大きな消費電力を必要としますが、部屋を即座に暖める事はできません。本体温度があまり高くなく、風を発生させないということからわかるように、暖房効率が良くありません。
ヒーター本体が発熱し輻射熱を放熱するようになるまで長い時間を要します。オイルヒーターが暖房器具として機能するには約30分~1時間程度必要で、電源をオンにした瞬間に暖が採れるものではありません。

☆冷気の流入や換気によって暖房効果が失われる

オイルヒーターは緩やかに暖房効果を発揮する器具であり、冷たい外気や、暖房されていない部屋の寒気が流入すると、暖房されている部屋はすぐに冷やされてしまいます。オイルヒーターを設置している部屋はできるだけ換気を最低限にし、冷気を侵入させないことが重要です。気密性の高い部屋で使用するのが原則で、すきま風などが吹き込む環境では暖房効果がとても悪くなります。

気密性の高い、鉄筋コンクリート造のマンションなどでは、必要以上の換気がされないためオイルヒーターの性能を十分発揮できますが、通気性の良い木造戸建住宅など、高気密・高断熱の住宅以外の環境では、オイルヒーターの暖気がすぐに失われてしまい十分な暖房効果が発揮されません。
オイルヒーターを設置している部屋はできるだけ換気量を小さく抑え、冷たい外気の導入を低くします。

☆電気代が高い
オイルヒーターは、600~1,200Wの大電力を使用する暖房器具です。直接的な暖かさを感じる器具ではなく、部屋全体が輻射で暖まるまで長時間必要としますので、電源をオンにしている時間が長くなりがちになり、消費電力もその分大きくなります。

対してエアコンは、消費電力に対して得られる暖房能力は4~5倍となりますが、オイルヒーターなどの電気暖房は、消費電力 = 暖房能力となるため、室全体を温めるためには大きな電力が必要になります。
これだけ見るといいところのないような気がするオイルヒーター・・・
油断すると5000~10000円電気代が上がった!なんていう声も。
使用する環境をよく見て使う必要があります。

賢く使って節約♪

上手に使ってエコで快適|デロンギ・オイルヒーターの電気代 | 空気を汚さず乾燥しにくいデロンギ・オイルヒーター

上手に使ってエコで快適|デロンギ・オイルヒーターの電気代 | 空気を汚さず乾燥しにくいデロンギ・オイルヒーター
デロンギ・オイルヒーターのお部屋を効率的に暖める様々な省エネ機能と、オイルヒーターの特長を活かした電気代節約のコツをご紹介します。
商品詳細だけでなく電気代を節約するためのオススメの使い方が掲載されています。
オイルヒーターといえばやっぱりデロンギ!
そんなデロンギがおすすめの節電方法を詳しく説明してくれているので一度ご覧ください♪

どうやって電気代を安くすればいい?

 (24192)

オイルヒーターは狭い部屋(~12畳)の全体を暖めるのことに適した暖房器具です。1時間ほど暖まるのに時間がかかりますが、暖かさを感じやすい足元から暖かくなるので、設定温度は低くなります。空気を動かさないふく射熱で暖めるため乾燥せず、空気を汚しません。じんわりとした暖かさがオイルヒーターの特徴です。
ECOモードを使用すれば電気代を約2割節電することが可能です。
12畳以内の狭い空間で、部屋の出入りが少ない場合に適しているようです。
エコモードを使えばほかの暖房器具と大差ない電気代になります♪
使いたい環境をよく考察し、あったかい冬をお過ごしください♪
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《節電》オイルヒーターとエアコン。どっちがお得??

《節電》オイルヒーターとエアコン。どっちがお得??

冬を快適に暖かく過ごしたい!!でも電気代は気になる・・・。オイルヒーターとエアコンどっちがいいのでしょう。
sawaco | 798 view
オイルヒーターで電気代が跳ね上がる・・・節約のための豆知識

オイルヒーターで電気代が跳ね上がる・・・節約のための豆知識

知り合いにもオイルヒーターで月の電気代が2万5千になった人がいました・・・・。オイルヒーターは環境にも優しく、部屋を暖め過ぎない、ヤケドの危険性もないといったことから注目されている暖房器具ですが、なんといっても電気代がかかるんです。どうすれば節約できるのでしょうか?
にんまり | 3,900 view
オイルヒーターを上手に使って電気代を浮かせよう

オイルヒーターを上手に使って電気代を浮かせよう

オイルヒーターは安全性の高さで人気です。でも電気代は結構かかるみたいですね。電力自由化で電気代をセーブしやすくなりました。オイルヒーターの節電法も学んで電気代をもっと浮かせましょう。
loveandjoy117 | 1,595 view
夏の電気代節約で出来ること~クーラーの上手な使い方~

夏の電気代節約で出来ること~クーラーの上手な使い方~

夏の時期はクーラーを使いますから、どうしても他の季節より電気代が上がります。でも、電気代がもったいないからとつけるのを我慢していると危険ですよね。そこで今回、電気代節約のためのクーラーの上手な使い方について考えました。
たぬこ | 28 view
毎日の食卓に。ご飯は賢く冷凍保存で電気代節約のススメ

毎日の食卓に。ご飯は賢く冷凍保存で電気代節約のススメ

毎日の食卓に欠かせないご飯ですが、実は節約出来るのをご存知ですか? ご飯は多めに炊いて、小分けにして冷凍保存しておくと、電気代が節約できます。 炊飯器の保温機能は結構電気代がかかっていて、時間が経つと美味しくなくなります。
chiko | 54 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

佐々姫 佐々姫