2016年9月1日 更新

【エネワンでんき】セット割りでお得に!電気料金プランまとめ

ガスワングループといって皆さんが思い浮かべるのはLPガスですよね。みなさんも契約しているかもしれません。そんなサイサンが手がけているガスワングループが、電気自由化に伴って、電力供給も行うようになりました。狙いは何でしょうか?

LPガスを提供しているサイサン!

現在のガス供給の体制として、地下に配管を通すタイプのガスと、家の近くにボンベを設置するLPガスがあるのは皆さんもご存知でしょう。このLPガスを扱っている会社の一つとして、サイサンが挙げられます。
株式会社いちたかガスワン LPガス・灯油・電気。器具などの販売 -札幌・函館・帯広- (31100)

沿革[編集]
1945年10月21日 - 川本二郎、埼玉県川越市に埼玉酸素販売所を創業。
1954年9月20日 - 会社設立。
1955年4月 - 現本社地に充填工場を新設。
1967年6月 - 静岡県に、大井川港LPガスセンターを建設。
1970年9月 - 株式会社サイサンに社名変更。
2003年7月 - Gas Oneブランド導入。上尾市にガスワンパーク上尾開設。
株式会社サイサン (31083)

戦後間もないころに歴史をスタートした老舗ともいえるサイサンですが、このたび電力事業に打って出ることを発表しました。
電力小売りでは、創業70年を超える実績を活かし、現在取引のある多くの顧客を開拓する。販売する電気のブランドは「エネワンでんき」。

エネルギー事業部部長の鈴木憲治氏は「電力販売に消費者の安心感は必須。多くの新電力が参入しているものの東京電力と同じような信用と信頼を伝えられるかどうかが大切」とする。

ウリはセット割?

元々ガスを供給している会社ですから、ガスと電気をセットで契約すればお得になるだろうという予測は立てられます。では、具体的にはどのくらいお得になるのでしょうか?
電力自由化に合わせて注目されているのが、新しい電力会社に乗り換えることで、これまでの電力料金をいくらか節約できるだろう、という点です。エネワンではいかなる料金プランを用意して対応しているのでしょうか?
毎月の電気代が安くなる「エネワンでんき」 (31093)

サイサンより提供している「LPガス(家庭用)」、「ウォーターワン(定期配送)」、「エネワン でんき」など、異なる複数の商品をご利用で、ひとつの請求書におまとめのお客さまがご利用いただけます。今回初めてのお申込で複数の商品をご希望のお客さまはエネワンサービスセンター(0120-106-142)へお問い合わせください。

気になる料金プランは?

このほかウォーターサーバーとの三点セットなら月々250円の割引など、様々なサービスを用意しているようです。
ガス会社老舗 株式会社サイサンが始めた「エネワンでんき」とは? | エネリスト (31088)

エネワンBプランと東京電力従量電灯Bの電気料金を比較した場合、第1段階、第2段階共にわずかながらエネワンでんきの電気代の方が高いのです。

基本料金は逆にわずかながらエネワンでんきの方が安く設定されているので、家族の人数が少なく月々の電気料金もそれほど高くない家庭では、エネワンでんきに替えてもほとんど変化がない結果になると思われます。

しかし第3段階を比較すると東京電力が1kWhの単価が29円93銭に対してエネワンでんきは26円42銭と12%ほど安く設定してあるので、300kWhを越える電力量を使えば使うほど、今よりもお得になると言えます。

したがって、エネワンでんきに限らず新電力会社に共通して言える事ですが、家族の人数が多くいてより電気料金がかかる家庭には、メリットも多くなるようですね。
このように各々の家庭によって得になるかどうかは変化してくるようです。
これまでの電気使用量などと照らし合わせながら検討したいところですね。

ポイント還元は今のところ……

最後に気になるのがポイントサービスですが、今のところは還元してくれない模様です。
しかし、2016年11月を目途にPontaが導入されるそうなので、そのあたりを目安に契約を考えてみてもいいでしょうね。
Ponta - Wikipedia (31099)

今後Pontaを導入予定

エネワンでんきでは、2016年11月を目処にPontaのポイントサービスを導入予定となっています。LPガス、電気、Water Oneの利用料金200円(税抜)につき、1ポイントが貯まる予定。

電気やガスは毎月利用するもの。だからこそ、毎月コンスタントにポイントを貯めることができます。もしあなたがガスワンのLPガスを利用していて、Pontaも貯めているのであれば、乗り換えることをオススメします。
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

page page

おすすめの記事

今注目の記事