2015年12月22日 更新

食材をうまく使い切って節約

節約のつもりで食品をまとめ買いしたのは良いけど、存在を忘れて結局腐らせてしまって、かえって割高に…なんてこと、ありませんか?とはいえ、見切り品や安い時に食料品をまとめ買いしたりして、うまく活用出来れば節約になるのも事実。 使い切りのコツと、使い切りやすい食材などを紹介します。

カレンダーでお手軽在庫管理

食材をしっかり使い切るために是非おすすめしたいのが、カレンダーを使ったお手軽在庫管理。
冷蔵庫にカレンダーを貼って使い忘れを防ぎます。(こちらも新聞についてくるカレンダーなど、余りものを有効活用!)

賞味期限が割とあるものに限っていつのまにか賞味期限切れして無駄にしてしまったりするもの。
すぐに使い切れそうになくて、使い忘れる可能性のある食品は冷蔵庫や冷凍庫に入れる際に「少なくともこの日までに使い切る」と決めて、その日の欄に記入しておきます(月をまたぐものは余白に記入)。
そして使ったら、消し込みします。
これで、冷蔵庫を開けなくても一目瞭然。
献立を考える時にそのカレンダーを参考にすれば、無駄無く使い切れます。
カレンダー - Google 検索 (19759)

ほんのひと手間で、無駄がグッと減ります。

使い勝手の良いホウレンソウ

ホウレンソウは、ちょっぴりしなびてきてるけどまだまだキレイなものがよく見切り品として安くなっています。これは、買って帰って即茹でて、フリージング!
解凍して和え物に・そのままカレーや炒め物に入れて・軽く解凍して刻んで彩りに…
活用範囲が広く、重宝します。
案外あっという間に使ってしまいますが、心配な方は念のためカレンダーに1か月後の日付を入れて「ホウレンソウ」と記入しておきましょう!
hourennsou - Google 検索 (19786)

塩を一つまみぐらい入れた熱湯で、さっとゆで冷水に入れ(色どりをよくするため)よく絞る。
よく使う大きさに切り、小分けして冷凍保存。
お菓子などの空き容器(プラスチック)などに小分けしていれ、フリージング袋に入れて保存すると使いやすいですよ。

【解凍方法】
凍ったまま、汁物、炒め物などに使用。
冷蔵庫内で解凍して和え物などに使用しても。

小松菜はゆでずに冷凍!

こちらも、葉物野菜です。葉物野菜は、バランスの良い食事作りの強い味方。
安い時に少し多めに買っておくと、何かと便利です。
小松菜 - Google 検索 (19792)

生野菜は冷凍できないというイメージがありませんか? ところが、冷凍して解凍しただけの小松菜を街頭で試食してもらうと、そのままゆでた小松菜よりも美味しいと大評判。しかも、ビタミンCは冷凍したほうが高くなっていたのです。

※冷凍小松菜の解凍は、冷蔵庫で自然解凍するか、常温で解凍してください。お湯や流水を使うと水っぽくなってしまいます。
保存期間が伸びるだけではなく、更に美味しくなってしまうのです!これは凍らせるしかありません!小松菜は独特の辛みがあって苦手な子供もいますが、凍らせた小松菜は茹でたものよりも食べやすいようです。
食べきる目安は1か月。カレンダーに書き込んでおきましょう!
ちなみに、水菜やニラも同様に生のまま凍らせて大丈夫だそうです。

料理を美味しくする、きのこ類

 (19799)

きのこを冷凍する事で長期保存出来るので、冷凍庫に常備しておいて味噌汁や炒め物を作る時にさっときのこを追加する事が出来ます。
料理が美味しくなるし、健康のためにきのこを食べている人にも便利です!

また冷凍する事で長期保存以外のメリットもあるのです。


きのこは冷凍すると、きのこの中にある水分が氷の結晶となり細胞壁を壊します。
細胞の中にある旨味成分や栄養素が溶け出しやすくなるんです。

きのこの冷凍保存は、栄養面から見ても優れた保存方法なのです。
いいことずくめの、きのこフリージング!傷みやすいきのこも、安心して安い時に買って常備できます。冷凍してもあまりくっつきあったりしないので、使い易いですよ。凍ったまま調理します。
保存期間は1か月が目安。カレンダーに書き込んでおきましょう!

肉はやっぱり、挽き肉!

ひき肉 ストック - Google 検索 (19845)

ひき肉と、みじん切りにした玉ネギ、ニンジン、ピーマンなどを一緒に炒め、冷ましてから使いやすい量に小分けにして冷凍。
塩コショウでしっかり味付けすると、より水分が抜けるので美味しさを保つことができます。

そぼろを作り冷凍保存しておくと、様々な料理に使うことができます。

オムライス、炒飯、オムレツ、グラタン、コロッケ、ミートスパゲティ、麻婆豆腐や麻婆ナス、そぼろご飯など。
作り置きしておくと便利なので、是非お試し下さい。
使い易くて、便利であっという間に無くなってしまうので、フリージングしなくても良いくらい。安売りしてたら、多めに作っておくと良いです。

使い切れそうにない?

いくら安くても、使いにくいものを大量買いしては使いきれないので、まとめ買いする時は、自分が普段割とよく使う物だけ買いましょう。

それでも、使い切れない食材が残ってしまう事もありますね。でも、心配いりません!

究極の残り物一掃は、カレーにお任せです!
月の終わりは使い残した食材をカレーに入れてしまいます。たいていの食材はこれでOK!
ザウワークラウトなどの味付きのものでさえも、みじん切りにして入れてしまえば、隠し味になって深い味わいのカレーに変身です!

是非食材の無駄ゼロで節約してみてください。
カレー - Google 検索 (19847)

20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

食費の節約は、上手な買い物から。

食費の節約は、上手な買い物から。

食材の買い物をするとき、上手に買い物をすることで、食材の無駄も省け買い物にかかる費用も安くなります。買ってしまっても食材が使いきれず冷蔵庫の中にずっと残ってしまったり、残り物がどうしても残ってしまいます。買い物をするときから、工夫してみてはどうでしょう。
スナフキン | 445 view
待機電力はもったいない!無駄はとことん無くして節約上手に♪

待機電力はもったいない!無駄はとことん無くして節約上手に♪

待機電力って意識したことがありますか? 電化製品は電源をオフにしていてもコンセントを差しっぱなしでは電力を消費しています。 わずかな電力ではあるものの、長い目で見たら結構な無駄になっているんです。 ちょっとでも節約をしたいなら、待機電力カットを実行してみましょう。 コツを掴めば無理なくできますよ。
chiko | 335 view
毎日の食卓に。ご飯は賢く冷凍保存で電気代節約のススメ

毎日の食卓に。ご飯は賢く冷凍保存で電気代節約のススメ

毎日の食卓に欠かせないご飯ですが、実は節約出来るのをご存知ですか? ご飯は多めに炊いて、小分けにして冷凍保存しておくと、電気代が節約できます。 炊飯器の保温機能は結構電気代がかかっていて、時間が経つと美味しくなくなります。
chiko | 279 view
生活費の節約のコツ☆食費は食材選びとひと工夫で安くなる!

生活費の節約のコツ☆食費は食材選びとひと工夫で安くなる!

主婦にとって毎月のお給料日は、とてもうれしくてありがたい日です!浪費しているわけではないのだけれど、なぜか給料日前になると寂しくなっているお財布の中身に、不安を感じずにはいられませんね。食費を節約できないか、節約食材やコツを調べました♡
43861 | 214 view
食材の使い方ひとつで食費の節約も行う事ができる

食材の使い方ひとつで食費の節約も行う事ができる

食費は家計の中でも、特に大きな金額となる項目です。なぜならば食費には嗜好品やドリンク類も含みますので、子供さんが飲むジュースや旦那さんのアルコール代なども、ここに含まれているのです。また日頃のんでいるお茶やコーヒーに紅茶や、朝食の牛乳やヨーグルトも全てがこの食費に含まれます。また、家族が多ければ多いほどこの食費の比率は大きくなり、育ち盛りのお子さんが、部活動を行っていれば、さらに食費の比率も上がってきます。ペットのフード類もこの食費に入れられる事にもなるでしょう。
E-natsuki | 36 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mary mary

おすすめの記事

今注目の記事