2015年12月25日 更新

節約しているのにお金が貯まらない?!-買い物の落とし穴-

自分では節約しているつもりでもお金が貯まらない。それは買い物の方法が間違っているからかもしれません。 一見お得に見えるけど、実は無駄遣いにつながる「買い物の落とし穴」にあなたははまっていませんか?

買い物の落とし穴(無駄買い)には色々ありますが、ここではよくある、「食品・日用品等のまとめ買い」「100円ショップ」「セール(バーゲン)」における無駄な買い物について考えてみましょう。

まとめ買いの落とし穴

スーパーマーケットなどで特売されている食品を見ると、つい「安いときにまとめ買いしておけばお得」とばかりに食べきれないほどの量を買った挙句、捨てる羽目になる・・・なんてことはありませんか?
Google 画像検索結果: http://upload.evocdn.co.uk/fruitnet/uploads/asset_image/2_1202627_e.jpg (20879)

安く買ったはいいけれど、食べないうちに傷んでしまった等が原因として考えられます。捨てるものにお金を払っている、お金を捨てているということと同じ意味になるわけです。
キュウリ1本あたりの値段は前者が50円、後者が30円。毎月の出費を少しでも節約するには、後者を選んだほうが賢いように見える。しかし、「ここにはまとめ買いや買いだめの落とし穴がある」と佐々木氏はいう。
「キュウリを10本買っても、当面使わない分は冷蔵庫の隅に入れたまま忘れてしまい、しなびて使えなくなったり、腐らせたりする。結果、高くつきます」
買ったものを食べきれずに腐らせてしまえばただのゴミ。せっかく買ったものですが捨てるしかなくなります。このように、食品の過剰なまとめ買いは節約どころか無駄づかいとなってしまいます。
洗剤、シャンプーなどの日用品のまとめ買いにも落とし穴が。
 (20892)

アクサダイレクトの調査によると、ファイナンシャル・プランナー(FP)120人に対し、消費増税の前で最も無意味・無駄と思う対策について聞いたところ、「日用品の買いだめ」が1位となっている。その理由として代表的なものは『日用品の買いだめは単価が安いので大した効果を期待できない』というものだという。
日用品もまとめ買いしすぎると、「ストックがあるから」と無駄に使ってしまいがちです。
また、これらは元々の単価が安いので、必要以上にまとめ買いをしてもそれほどお得ではありません。

100円ショップの落とし穴

 (20887)

例えば、なんでも100均利用する人。
サランラップとか、アルミホイル、スポンジとか?
ドラッグストアなんかのほうが安かったりする。

100円=安い
って、方程式が頭にあるみたいだけど、
うまく使い分けないと、実は高くついてた。
なんてことにもなりかねない。
庶民の味方である100円ショップも、ホームセンター等他の店と価格をよく比較しながら何をどの程度買うべきかをよく考えつつ、上手に利用したほうがお得です。

「セール」「福袋」の落とし穴

Google 画像検索結果: https://assets.entrepreneur.com/content/16x9/822/20141029191938-930660427-f9b535e230-o.jpeg (20877)

定価の7割~2割で欲しいものがゲットできる福袋、初売り、夏のセールなどを待ちわびている人も多いでしょう。けれどもちょっとまって!そこにも無駄遣いにつながる落とし穴があります。
衝動買いをしてしまった!

・「衝動買いして、あとからいらないと思った」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「勢いでいらないものまで買ってしまった」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「特に必要ないものを雰囲気に流されて買ってしまった」(26歳/住宅設備/販売職・サービス系)

気に入ったものを安く手に入れられるのはうれしいことですが、今だけ! お得! という雰囲気の中、なんとなく買いすぎてしまうことってありますよね。
本当に欲しいものでなくても、安くなっているからとつい、本当は要らない物まで衝動買いしてしまうというのはよくある話です。
「お得の罠」の怖いところは、賢くなった気がするところです。例えば、インターネット通販などで「あと3000円買えば送料無料」とアナウンスされて、思わず3000円分余計に買ってしまったことはないでしょうか? しかし、よく考えれば送料は500円で、「送料を払ったほうが安かった」ということもあります。「10%オフで買えた」「ポイントが3倍になった」と喜んでいるけれど、まわりにはいらないモノがあふれていた……というのは本末転倒です。
上記のようなケースですと、商品一つ当たりの「単価」は下がりますが、レジで支払う金額は単価×買った個数の「総額」となります。その「総額」が予算を超える場合は、逆に損をしたと考えてよいでしょう。

「買い物の落とし穴」にはまらないために

食料品・嗜好品・日用品など日常の買い物で気を付けるべきポイント
これを防ぐには、自分が何を捨ててしまいがちか認識することです。筆者は、家計簿をつけなくてもいいけれど、「捨ててしまった簿」をつけましょうとおすすめしています。3つで1パックの納豆を半額で買っても、毎回1つ捨ててしまっているなどの傾向が見えてくれば、次に買うときに手が止まり、ちゃんと食べられるかどうかを考えるようになります。
食べきれない、使いきれない量の品物を買わないためにも、自分がどんな時にどんなものを無駄に捨ててしまいがちか、その傾向をチェックしておけば、次に買い物に行くときになにをどのくらい買えば捨てずにすむかがわかるようになります。
バーゲンセールを無駄なく上手に利用するためのポイント
しっかりとお金の管理ができている人は、

1.たとえバーゲンに行っても、買うものが決まっているので必要ないものには手を伸ばさない
2.購入したものをどう使うかを考えて買う
3.最初から買うものが決まっているので、時間をムダにしない
あらかじめ買うものを決めておく、目の前にある商品が本当に必要かどうかを考えながら買う。それがセールの賢い利用方法です。

まとめ

Google 画像検索結果: http://livedoor.blogimg.jp/fumira/imgs/5/1/51a18af8.jpg (20911)

無駄遣いにつながる「買い物の落とし穴」にはまらないためには

◎まとめ買いをする前に、買ったものを食べきれるか、使いきれるかをよく考え、必要な量だけ買う。

◎100円ショップで買うと得なものと損なものを区別しながら買い物をする。

◎セールでの衝動買いを防ぐためにも、あらかじめ買うものを決めておく。

◎常に「これは今自分(家族)にとって本当に必要なものかどうか」を考える。

この4つを念頭に置きながら、無理なく、無駄なく、上手に買い物をすると、節約につながります。
そんなに難しいことではありません。今日から早速実践してみましょう!
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

無駄な買い物をしたくないならまず試供品を試すべし!

無駄な買い物をしたくないならまず試供品を試すべし!

スーパーに行けば新商品の試食販売、イベント会場では関連商品のサンプリング、もちろんネットにも数多くの試供品情報があふれています。これらの試供品を上手く利用することで買い物術が格段にアップします。とくに高価な化粧品や健康食品などは、いきなり本製品を買うのではなく「試供品」が鉄則です。
jami | 27 view
セール期間は見逃すな!賢く節約しながら楽しく暮らす方法♪

セール期間は見逃すな!賢く節約しながら楽しく暮らす方法♪

街中でもネットショッピングでも日々様々なセールが開催されています。そんなセールを利用すれば楽しく賢く節約をすることができますよ!良い物を安くゲットしてお得に楽しみましょう。今回、セールを活用するコツや注意点、セール情報を活かすコツをご紹介します。
chiko | 12 view
デパート友の会に入ると、お得にお買い物ができる!

デパート友の会に入ると、お得にお買い物ができる!

デパート友の会というのをご存知ですか?1年間、毎月定額を預けることで、預けた金額以上の商品券がもらえるサービスです。
ママ太 | 276 view
<福袋はお得?>新年早々少しでもお得感を味わいたいと買ってしまう福袋って本当にお得?

<福袋はお得?>新年早々少しでもお得感を味わいたいと買ってしまう福袋って本当にお得?

毎年福袋を買うのが楽しみ!と言う人から、今年は初めて買ってみようと思っていた人、福袋を買うより好きなものを安く買いたいと言う人。福袋って本当に節約になるのでしょうか?
denden | 606 view
食費の節約は、上手な買い物から。

食費の節約は、上手な買い物から。

食材の買い物をするとき、上手に買い物をすることで、食材の無駄も省け買い物にかかる費用も安くなります。買ってしまっても食材が使いきれず冷蔵庫の中にずっと残ってしまったり、残り物がどうしても残ってしまいます。買い物をするときから、工夫してみてはどうでしょう。
スナフキン | 355 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

shizuokanohaha shizuokanohaha