2015年12月3日 更新

〈寒くなっても片付けないで〉冬こそ活用!!扇風機のススメ。

夏場に大活躍のエコ家電〈扇風機〉これが冬にも活躍することになるんです。 足元が冷えやすい女性にお勧めのこの使い方だとか。 何がそんなにいいのでしょうか。

扇風機って夏に活躍するあれだよね?

寒い リビング - Google 検索 (11412)

扇風機(せんぷうき)とは、回転する羽根によって風を発生させる機器[1]。通常、扇風機という場合には、小型電動機の軸に羽根をつけ、その回転によって風を起こす装置をいい[2]、電気扇風機のことをいう。
寒い リビング - Google 検索 (11411)

扇風機には、電気料金がエアコンに比べて安価である、窓を開放した状態で使用できる、部屋に快適な風の通り道をつくり体感温度を下げることができる、エアコンに比べ設置場所を選ばず移動が簡便、初期投資も安い、等々の利点がある。
クーラーだと足元ばかりが冷えてしまい、いわゆる「冷え性」の人がひどく苦しんだり、部屋の内外での気温差が大きくなりすぎて、営業職などで出入りの激しい人が体調をくずしてしまう症状(「エアコン症」など)が起きがちだが、扇風機だとそうならずに済む。
夏場に大活躍のエコ家電〈扇風機〉

これが冬にも活躍することになるんです。

足元が冷えやすい女性にお勧めのこの使い方。

何がそんなにいいのでしょうか。

冬に扇風機を使うメリット。

寒い リビング - Google 検索 (11413)

夏に扇風機を使ってエアコンの電気代を節約しようとしている人はたくさんいます。しかし、冬はどうでしょうか?実は冬も扇風機を使えば、電気代を節約することができるんです。冬に扇風機を使うメリットはたくさんあります。
・エアコンの温度を低めにできる
・クローゼットや押し入れのスペースを有効活用できる
・足だけ寒くなるのを防ぐことができる
こんなに良いこと尽くめの冬の扇風機ですが、どうやって使えば良いのでしょうか?
冬に扇風機を使うメリットは他にもあります。冬の間しまっておくだけだった扇風機を使うので、収納スペースを有効活用できます。

実は、扇風機を冬に使うのは電気代節約を考える上で不可欠だったのですね。

エアコン暖房・ヒーターは扇風機を一緒に使うと電気代を節約できる。

ご家庭に最適な電気料金プランを使い、さらにエアコン暖房やヒーターを使う際に扇風機やサーキュレーターを一緒に使うと電気代を大きく節約できます。
扇風機やサーキュレーターを使うことでどのような変化が起こり、なぜ電気代が節約できるのでしょうか?

暖かい空気は部屋の上部に溜まる

寒い リビング - Google 検索 (11414)

冬の扇風機の使い方は夏とは異なります。
冬に涼しい風に当たりたい人はいないので、夏とは違う使い方をすることはわかりますね。
ポイントは、部屋の空気をかき混ぜるようにするということです。
暖かい空気は冷たい空気よりも軽いので部屋の上部にたまりがちです。天井に近いところは暑いぐらいなのに座っていると寒いなんてことは良くあります。
扇風機を使ってこれを解消するのです。扇風機を上に向けて上の空気と下の空気を混ぜましょう。
サーキュレーターの方がこの使い方に向いていますが、扇風機でも十分効果があります。
実は、暖かい空気は部屋の上のほうに溜まり、冷たい空気は部屋の下のほうに溜まるんです。

エアコンの温度設定を十分暖かいはずの温度に設定しているのにちっとも暖かく感じないのは、部屋の上のほうに設置されているエアコンの温度センサーはエアコン周り(部屋上部)の温度を測っているからです。

エアコンやヒーターの電気代と扇風機併用の電気代の違いは?

寒い リビング - Google 検索 (11417)

夏に冷房と一緒に使う場合、部屋全体を涼しくするには、サーキュレターを真上に向けて、冷たい空気がたまる下から暖かい空気がたまる上の空気を混ぜると効率よく室内の温度を下げる事ができます。

また、エアコンの送風と同じ方向でサーキュレーターをまわす事で、冷たい空気を巡回させる事ができ、体感温度を下げる事ができます。

冬に暖房と一緒に使う場合

上部にたまる暖かい空気を循環させ、部屋の下に暖かい空気が回るように使用します。

これにより暖房器具の効果をあげることができます。
寒い リビング - Google 検索 (11418)

エアコン暖房・ヒーターと扇風機などを併用したほうが電気代がお得になるというけれど、それぞれを運転した時の電気代はどのくらい違うの?と気になる方もいるでしょう。

エアコンなどの暖房器具と扇風機などをそれぞれ1時間使用した場合の電気代は以下のようになります。

エアコン暖房電気代は3円~38円
消費電力を865Wh(135Wh~1485Wh)として計算しています。
電気ストーブ電気代は25.65円
消費電力を990Whとして計算しています。
セラミックファンヒーター電気代は13.73円~30.31円
消費電力を弱風時530Wh強風時1170Whとして計算しています。
カーボンヒーター電気代は11.65円/23.31円
消費電力を450Wh/900Wh切り替え式として計算しています。
扇風機・サーキュレーター電気代は0.7円
消費電力を30Whとして計算しています。
扇風機を併用するだけで電気代は半額近く下がるんですね。

思っていた以上に差があるのではないでしょうか。

少し工夫するだけでこんなに違うものなんです。

扇風機の収納場所にも困ることがなくなりますし、一石二鳥。

効果的な扇風機の使い方。

サーキュレーターの使い方は?冷房・暖房を効果的にする方法 (11410)

夏に冷房と一緒に使う場合、部屋全体を涼しくするには、サーキュレターを真上に向けて、冷たい空気がたまる下から暖かい空気がたまる上の空気を混ぜると効率よく室内の温度を下げる事ができます。

また、エアコンの送風と同じ方向でサーキュレーターをまわす事で、冷たい空気を巡回させる事ができ、体感温度を下げる事ができます。

冬に暖房と一緒に使う場合

上部にたまる暖かい空気を循環させ、部屋の下に暖かい空気が回るように使用します。

これにより暖房器具の効果をあげることができます。

ほかにも扇風機は雨の日の室内干しで活躍。

台風の時期。そうでなくても、夏の太平洋高気圧は弱くなり、朝は晴れていても昼間は雨がふったりと、秋は安定しない天気になります。そうなると頻度が高くなる“室内干し”。
室内干しでイヤなのは“乾くのが遅い”“生乾きのイヤな臭いが残る”ことですね。これ、どちらも原因のひとつは「空気がこもる」ことだと言われています。
寒い リビング - Google 検索 (11415)

室内に干すと、風がないために湿気った空気が洗濯物の周りに漂うことになり、なかなか水分が気化しないために、乾きが遅くなります。また乾きが遅くなるために菌が繁殖し、イヤな臭いが残ってしまいます。
そこで活躍するのが、扇風機。
洗濯物に直接風が当たるように動かすことで、常に新鮮な空気が当たるので、乾燥が早くなります。干すものにもよりますが、1~2時間は乾燥時間が早くなります。部屋の空気の除湿や換気と併せて行うのが効果的です。早く乾くことで、生乾きの臭いも軽減させることが可能です。

結露対策にもなる、冬の扇風機。

冬の悩みといえば、窓の結露。じつはこれも、扇風機で解消することが可能です。車のフロントガラスのデフロスターと同じ要領で、空気中の水分が窓にくっつく前に、水分を飛ばしてしまえば、結露を大分防ぐことが可能です。
方法は簡単。窓に風があたるように扇風機を置くだけです。もしカーテンがあるから難しい、という場合は、カーテンと窓のあいだに、デスクに置くために買ったミニ扇風機を置くだけでも、効果はあります。もし、押入れや物置の結露に悩んでいる場合も同様に、空気をかき混ぜることで、結露対策になります。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈暖房器具〉どれとどれを組み合わせるのが効果的?

〈暖房器具〉どれとどれを組み合わせるのが効果的?

暖房器具にはそれぞれ特性があります。 こたつだけでは、出ると寒くなってしまったり、オイルヒーターだと温まるまで時間がかかってしまったり。 そんなときに効率よく、効果的に部屋を暖めてさらに節電につながることもあるんです。
sawaco | 10,559 view
《順番・素材を意識すること》アイロンも使い方によっては節約できます。

《順番・素材を意識すること》アイロンも使い方によっては節約できます。

アイロンって思った以上に電気代がかかるのです。 しかも手際が悪いと結構時間がかかってしまったり。 少し順番を気をつけるだけでも月単位になおすと結構節約できたりできるんですよ。
sawaco | 287 view
浴室乾燥機って標準装備されている家も多いけど・・・電気代高くないですか?

浴室乾燥機って標準装備されている家も多いけど・・・電気代高くないですか?

浴室乾燥機がついているおうち多いですが、実は電気代が洗濯乾燥機の6倍もかかるそうな・・・。節約できるか調べました。
sawaco | 1,835 view
〈エコで省エネのこたつ〉さらに節電できる方法があるんです。

〈エコで省エネのこたつ〉さらに節電できる方法があるんです。

電気代が安い暖房器具といえば“こたつ”ですよね。でもそのこたつをさらに省エネにする方法があるんです。
sawaco | 1,881 view
《節電》オイルヒーターとエアコン。どっちがお得??

《節電》オイルヒーターとエアコン。どっちがお得??

冬を快適に暖かく過ごしたい!!でも電気代は気になる・・・。オイルヒーターとエアコンどっちがいいのでしょう。
sawaco | 846 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

sawaco sawaco

おすすめの記事

今注目の記事