2017年3月7日 更新

電力自由化とインターネットの関連性はどこにある?

インターネットが本格的に開始され始めたのは、パソコンの普及にありました。インターネット以前にも電気通信はありましたが、通信速度は遅く簡単な画像でも数十分はかかる程でした。しかし、パケット通信の研究の成果で1990年代には実用化され、一般にも普及していきましたが、当初は電気通信の1%ほどのごくわずかな通信手段の一つでした。しかし2000年に入るとその割合は半数を超え、現在ではほとんどの情報がこのインターネット回線を通じて行われているのです。

■インターネットが持つ可能性の高さ

 (32354)

インターネットの通信革命は、パケット通信技術が確立されたことによるもので、パケットとは小包を意味する言葉で、情報をパケットごとに相互通信するシステムと言えます。インターネットの利用には、無線ランが開発されるまで有線で行われていましたが、現在の携帯電話やスマートフォンを始め、ノートパソコンなどのモバイル製品には、無線によるインターネット通信が確立されています。

この無線技術の革新も盛んで、部屋に入ると自動的に照明が点いたり、自動的に冷暖房が行われるなどの感知システムもすでに実用化されています。またこの認証システムの優れているところは、指紋のほかにも顔認証がすでに実用化され、帽子や化粧にひげなどを付けていても、高確率で本人を認証できるところにあります。将来はクレジットカードなどにも実用化され、印章などの不要な時代も来る事でしょう。

インターネットは2017年度現在、あらゆるものに利用する事が考えられています。現在はものネットというネーミングで知られていますが、スマートデバイスやテレビに時計などにもこの機能を付与し、将来性を見据えた開発が行われています。
 (32355)

■電力自由化とインターネットとの相性

 (32356)

2016年より始まった電力自由化では、全ての異業種間で電力事業に参入できるようになりました。インターネットのプロバイダ会社も、いくつかの参入が行われており、インターネットと電気料金の組み合わせによるサービスも開始されました。中には3種類もの組み合わせのサービスを行っている会社もあり、複数契約のメリットも大きな事から注目を浴びています。ただし注意点もあり、気を付けなければならないのは、複数セットのサービスでは、いずれか一つでも解約してしまうと、サービスが受けられない可能性もあり、契約を行う前に確認してお来なければなりません。

電力自由化で、ネット回線と複数サービスを行っているプランには、SIMを追加した3つのプランがあり、携帯電話やスマートフォンも同時に割引対象になるようです。また、電気料金と共に、LPガスやインター回線、ケーブルテレビなど4つのセットプランも行う会社がみられます。また同じ4種類のプランでも、ケーブルテレビやネット回線、固定電話という組み合わせもあり、各社の特色を生かしたサービスを行っているのがその特徴と言えるでしょう。 

■電力会社による電気の使用量と料金を知らせるサービス

 (32357)

現在複数の電力会社では、インターネット上で様々なサービスを展開しており、現在の使用状況がわかる電気の使用量と料金を調べる事ができます。会社によってその内容は変わってきますが、基本的に自宅の電気の使用量と料金を記録して、パソコンで確認できるサービスを行っているものです。

画面上でわかりやすく見られるのが特徴で、電気の使用量や料金のグラフを見たりする事で、請求書や領収書の数字だけでは感じる事のできない全体像を、パソコン上で把握できる優れものです。例えば2年分のデータを、画面上に出力して一覧表を印刷したり、CSV形式でデータをダウンロードも行えますので、複数年度を照らし合わせて、倹約などに活用ができるわけです。

このサービスの内容は、各社によって色んなオプションが場合もあり、電化製品の買い替えなどをシュミレートしてくれるソフトや、電化製品の買い替えにおけるナビゲーションなども行ってくれるものがあります。また棒グラフなどでも表示できるタイプもあり、家庭の電気使用状況を診断してくれるものなどもありますので、電気料金の節約にも大きく貢献してくれる事でしょう。

■パソコンとスマホを積極的に活用していこう

 (32358)

パソコンはネット利用するだけでも、かなり便利なツールとして用いられていますが、使い方も実際には幅広い応用が可能なマシンと言えるでしょう。現在多くの方が持つスマートフォンは、自宅のパソコンとうまくリンクさせる事で、より一層便利な使い方ができるツールに早変わりしてくれます。

基本的にはスマートフォンからでも、自宅のパソコンからでも相互操作できるシステムで、双方の本体にアプリをダウンロードするだけで簡単に行えます。スマートフォンから自宅のパソコンのデータを見たり、外出先でスマートフォンに取りだめした動画や写真などを、パソコン本体で見る事ができますし、音楽なども双方でやり取りが可能で聞くこともできます。

音声・ビデオ通話アプリであれば、無料通話も可能ですので長話を行いたい時は非常に便利で、旅行先からでも動画をリアルタイムで送る事ができます。ネットワークカメラも販売していますので、一人きりの老人家庭やペットのお留守番出来になる場合にも、これを利用でき安心です。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【電力自由化を利用】固定費はこうやって節約しよう

【電力自由化を利用】固定費はこうやって節約しよう

毎月かかる固定費。 少しでも節約できれば生活も楽になると思います。 節約を行って行くためには、電力自由化を利用するといいのが調べていて分かりましたので紹介します。 その他にも利用方法次第で固定費を節約していくことができそうです。
しまむら | 9 view
インターネットと電気料金のセットプランがお得

インターネットと電気料金のセットプランがお得

インターネットを利用する時、プロバイダと契約をしますが、今はほとんどが制限なしのつなぎ放題プランです。インターネットを何時間利用しても料金は定額だから気兼ねなくインターネットを楽しめます。しかしパソコンを使っている場合は電気代がかかります。インターネットを楽しみつつ、電気料金を節約する方法を紹介します。
E-sakura | 4 view
2016年から始まった個人向けの電力自由化 

2016年から始まった個人向けの電力自由化 

1995年より段階的に電力自由化が行われてきましたが、1999年と2005年に行われて来た法律の改正により自由化されたのは、ほとんどが企業や法人向けの特別高圧区分や高圧区分のみでした。しかし、2016年からはこの枠組みが解放され、低圧区分の個人でもその恩恵に預かれるようになってきました。これらの区分は、使用する電力契約の違いで、家庭用は一般的に50A以下の低圧区分にされています。また発電システムを導入する事で個人でも売電などの電気の売買ができるようにもなったのです。
E-nakamu | 7 view
電力自由化にともなう適正な契約期間の存在

電力自由化にともなう適正な契約期間の存在

電力自由化に伴い、新規の電力会社にお乗り換えの方も多いと思いますが、契約先が誰でもわかるような大手であれば問題ありませんが、あまり名前の知れ渡っていないような電力会社であるならば、注意も必要になってきます。実際に新規電力会社を語った詐欺なども発生していますので、こうした場合はその業者が、正規の事業者であるかの確認も必要となって来るでしょう。小売電気事業者が、電気事業法に基づき登録されている事業者かどうかを確認するには、資源エネルギー庁のHPで公表しています。
E-nakamu | 3 view
電力自由化とインターネットのクラウドを利用した利用法

電力自由化とインターネットのクラウドを利用した利用法

現在ではインターネットが普及し、通信方法も以前よりかなりの変化をしています。電話などが最たるもので、これまで電波通信で行っていたものが、インターネットによる音声送信や画像送信などの普及で、プロバイダー契約によってインターネットに繋がる環境であれば、どこからでも無料でテレビ電話も可能な世の中になってきました。また、これまでの電話機能とは別に、ソーシャルネットワーキングサービスの普及で、あらゆる情報が短時間で発信収集できるという利点があります。
E-nakamu | 4 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-nakamu E-nakamu