2015年12月18日 更新

遊びを節約!【ただで遊べる東京のスポット!】

遊園地やテーマパークはお金が掛かるし、どこかリーズナブルなスポットはないかと探したら、意外とあるんですよ!ただで楽しめちゃう東京の無料施設やスポットを探しました。今や遊びも節約の時代ですね。

ただで遊べちゃう!東京の無料スポット

遊園地やテーマパークに行きたいけど、今月は金欠で行ける余裕がない・・・。そんな時には無料で遊べるスポットを利用してみましょう!意外な事に身近な場所にあったりするんですよ。今回は東京の無料スポットを探してみました。遊びも節約して、お財布もニッコニコ♪

東京都庁の展望室

 (18036)

地上202m!都庁から東京の街を一望

新宿西口の顔として定着した東京都庁。45階の展望室では地上202mの高さから東京が一望でき、多くの人が訪れる。日中なら、お台場方面がよく見える南展望室がおすすめ。カフェで軽い食事もできる。22時30分まで入室できる北展望室は、夜景を眺めながらカフェ&バーで酒類が楽しめる。

都庁見学のご案内‐展望室

都庁見学のご案内‐展望室
展望室(入室無料)  地上202メートルの高さから東京のまちを一望できます。  展望室は、おいでになったみなさんに、眺望を楽しみながら東京や都政に対する理解と関心を深めていただく場です。  東京のまちを眺めながら、みなさんにも、みなさんのまち「東京」のこれからを考えていただければと思います。

北区飛鳥山公園の人気NO1スポット あすかパークレールの「アスカルゴ」

 (17944)

このモノレールは、かたつむりの形に似ている事から、エスカルゴならぬ『アスカルゴ』の愛称で親しまれています。
飛鳥山モノレール(愛称:あすかパークレール)は、JR王子駅中央口改札すぐの公園入り口から山頂までの高低差約18m、レール延長48mを2分で結んでいます。
 
2009年7月17日から運行が始まり、高齢者、障害者、小さなお子様連れなど、誰もが飛鳥山公園を利用しやすくなりました。無料で乗車できることもあり、たちまち大人気に!冷暖房も完備され、車イス・ベビーカーにも対応。車両は、かたつむりに外観が似ていることもあって、「アスカルゴ」という愛称がつけられています。
運転時間は、午前10時から午後4時まで(強風等悪天候の場合は、安全確保のため運転を中止することがあります)

飛鳥山公園へ行こう!!|東京都北区

飛鳥山公園へ行こう!!|東京都北区
江戸時代から庶民に花見の名所として親しまれてきた飛鳥山公園。北区を代表する公園として、区内外から訪れる人も多く人気があります。特に3月下旬から4月上旬の桜が満開の時期は、とても華やかになります。また、児童エリアや噴水の近くなどからは、子供達の歓声が聞こえてきます。 さらに、アスカルゴに乗車したり、D51や都電に乗って遊んだり、公園から複数の電車を見下ろせる場所があるなど、鉄道ファンにも人気があります。

神宮外苑のサイクリングコース

 (18046)

日曜日の午前中、神宮外苑の周囲はサイクリング専用になります。
貸し自転車を借りた子供たちが
たっくさん、走り回っていてたのしそうです!
もちろん、車は通行止め、
安心して遊ばせることができますよー。

都会のまんなかで、緑あふれる環境の中、
さわやかな風を感じてください!

Japan Cycling Association

Japan Cycling Association
自転車の保険がついた会員制度やサイクリストに役立つ各種情報,イベント情報,サイクリングで環境に優しい「エコサイクリング」を推進するJCAの公式サイトです

レインボーブリッジ(遊歩道)

 (18056)

via goo.gl
有名なレインボーブリッジだが、意外と知られていないのが遊歩道の存在。南北の2つのルートに分かれていて、ノースルートからは都市の高層ビル群が、サウスルートからはお台場から富士山までを望むことができる。周辺がライトアップされる夜の散歩もオススメだ。もちろん入場無料。自転車での通行は不可。

足元には海が、目の前にはパノラマ

週末ウォーキング(レインボーブリッジ(プロムナード)〜お台場海浜公園)

週末ウォーキング(レインボーブリッジ(プロムナード)〜お台場海浜公園)
東京湾にかかるシルエットの美しい白い橋は、芝浦地区とお台場を結ぶ東京のシンボル。首都高速・新交通ゆりかもめ・一般道・遊歩道が共用。クルマで通り過ぎるだけでなく、天気のよい日に一度は歩いてみよう!

消防博物館

 (18066)

消防の歴史をわかりやすく解説。子供も楽しめる博物館

江戸時代の町火消から近代にかけての消防の歴史が分かる博物館。現代の消防活動をアニメと模型で表したショーステージなど子供にもわかりやすく消防活動を紹介している。消防クラシックカーや消防ヘリコプター、消防バイクなど珍しい展示もあり楽しめる。

東京消防庁<防災館・博物館><消防博物館>

東京消防庁<防災館・博物館><消防博物館>
江戸時代から現代までの消防のあゆみがわかる博物館へようこそ!

東京都水道歴史館

 (18071)

江戸時代から今の東京までの400年の水道の歴史と、水を届るための水道の技術・設備に関わる展示を、公開しています
神田上水や玉川上水などの江戸上水から、近代水道の創設、現在、規模・水質ともに世界有数の東京都水道水の歴史や技術がわかります
東京都のPR施設ですので、入場料は無料です

江戸時代から現代までの、江戸・東京の水道の歴史|東京都水道歴史館|ホームページ

江戸時代から現代までの、江戸・東京の水道の歴史|東京都水道歴史館|ホームページ
近現代の東京の水道、江戸上水の歴史などを展示。ライブラリーには水や水道に関するさまざまな資料がある。
※いかがでしたか?沢山の無料施設があり、ミニテーマパークのような施設もありましたね。
お金を掛けなくても、楽しい遊びはまだまだありますよ。
27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

akari akari

おすすめの記事

今注目の記事