2017年3月8日 更新

テレビの電気代を節約する意外な方法

電気料にかかわるものとして、テレビがあります。毎日テレビを見る人、頻繁には見ないが電気料は気になる人とさまざまいるものです。節約方法はどのようなものがあるのかみていきましょう。

■電気代とテレビの大きさ

 (32476)

テレビの大きさによって電気代金は変わってきます。節約を考えるのでしたらテレビの大きさも視野に入れて購入することが大切です。さらに最近では画質が良いテレビが販売されていますが、画質がよければ良いほど電気代も上がります。このようなテレビを一日中つけっぱなしにしておくと、節約はできません。またテレビを見ない時にはスイッチをこまめに切ることで節約につながります。就寝前にはスイッチだけではなく、テレビの主電源をきるように心がけましょう。これは待機電力をなくすために行うことで、電力消費の節約に大きくつながります。

■こまめにテレビを消す

 (32477)

日中家に居ない状態であれば、その時間帯にはテレビは消されています。しかし家にずっといる人もいます。何かをしながらテレビをつけっぱなしにするのではなく、何かをしている時には、テレビを消すようにしましょう。見ていない時には消すことを心がけるだけでも電気代の節約になります。節約する電気代の料金は少なくても1年間を通して換算してみれば結構な額の節約になります。また、電気料金に関してはさまざまなプランも電気会社で提供しています。

日中や夜など、テレビをよくみる時間帯などに合わせて電気料金プランを設定することでも、節約はできます。1週間の間でも週末だけしかテレビを見ない場合、夜のみなどそれぞれの生活スタイルで電気を消費する時間帯も変わってきます。自分の生活スタイルに合った電気料金プランを選ぶのも一つの方法です。出張や旅行などで家を長期にわたり開ける場合は、コンセントごと抜いてしまいましょう。このようにすることで、電気は完全に流れなくなりますし使わっていない状態になります。

■テレビの種類

 (32478)

一般的にテレビを選ぶ時には、画質の良さや画面の大きさなどになりますが最近では省エネを売りにしているテレビもあります。常に電気代の節約を心がけている場合に加えて、省エネのテレビを使用することで、さらに電気代が節約されます。毎日テレビを見る時間が長い人は、このような省エネタイプのテレビを利用してみましょう。テレビも種類がいくつかありますので、購入前に電気料金等が気になる場合はさまざまなテレビの特徴を調べてから購入してみるのも電気代の節約につながります。また、古くなっているテレビも新しいものと買い替えることで、1年間を通してみると消費する電力が低くなります。もちろん、まだ十分みることができる場合もありますが古すぎるものは特に消費電力が多くかかってしまいますので、買い替え時期などを考慮しながら検討しましょう。

テレビ画面の明るさはどのようになっているでしょうか。スマートフォンも画面を暗めにすることで充電が長持ちします。これはテレビにも同じことが言えるのです。テレビの機能設定には、画面の明るさ調節がついていますので一番の明るさにするのではなく少し暗めの設定でも十分みることができます。さらに音量は適度にすることで消費電力の減少につながります。テレビは音出すことでも電力を消費していますので、音量を小さくすると節約になります。

■テレビも掃除する

 (32479)

とかくテレビを綺麗にするといったことは、生活の中ではそれほど多く行うことではありません。しかしテレビにもしっかりホコリはつきます。毎日生活している中で細かなホコリが舞い上がり、特にテレビ画面は静電気が多くありますので吸い寄せられるようについてしまいます。画面にホコリが溜まってくると、せっかく画面の明るさを暗くして節電していても、ホコリのせいでみづらくなります。こうしたことを避けるためにも、定期的に画面を綺麗にするなどする必要があります。テレビの後ろ側のホコリも掃除しましょう。ホコリを吸い寄せているため裏側にも多くのホコリはたまります。定期的な掃除を行うことで、電気代の節約ができます。

■テレビの機能を知る

 (32475)

テレビに限らず電化製品の待機電力は気になるものですが、最近販売されているテレビは待機電力があまりかからないものがあります。また、就寝前にタイマーをセットすることで、寝てしまっても自動的に時間がくれば消える機能もありますので、さまざまな機能を把握して利用すると電気代の節約になります。説明書は文字が細かくすべて読むには、なかなかスムーズにいかないものですが、テレビの機能を理解しておくと便利な機能や節約に繋がる機能も多くありますのでしっかり読むことで、無駄なく使いこなしていくことができます。

テレビの電気代の節約には、省エネモードや機能を使いこなしていくことが大切です。また、音量や液晶画面の明るさの調節なども機能のうちに含まれています。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

ドライヤーが消費する電力は、意外にも大きいものです。髪を乾かす時間が長ければ長いほど電気代もかかります。できるだけドライヤーの電気代を抑える方法で毎日使っていきたいものです。
E-akiko | 20 view
一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしでは、それほど電気代もかからないものと考えられます。その中で節約することができればさらに生活にゆとりが出ます。特に冬場や夏場などには一人暮らしでもエアコンを使用することで電気代はかかりますので、節約はしていきましょう。
E-akiko | 18 view
夏場にかかる電気料の節約

夏場にかかる電気料の節約

電気代の節約は日常的に行うことで、年間を通してかなり節約できます。また、夏などエアコンを使う時期には、電気料金も多くかかってしまいます。上手に節約術を使い電気代の節約をしていきましょう。
E-akiko | 6 view
掃除機にかかる電気代を節約する方法

掃除機にかかる電気代を節約する方法

毎日の掃除や、週末にまとめて行う掃除で便利な掃除機。掃除機を使えば必ずかかってくるものが電気料金です。毎日使うとどのくらい電気代がかかるのでしょう。節約しながら綺麗にする方法がいくつかあります。
E-akiko | 8 view
毎日使う水道や電気などの光熱費を節約する

毎日使う水道や電気などの光熱費を節約する

電気や水道などは、毎日の生活ではかかすことができません。使い方を少し変えるだけで節約につながることもありますので、是非無駄使いはしないように心がけたいものです。
E-akiko | 12 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-akiko E-akiko