2017年3月3日 更新

毎日使う水道や電気などの光熱費を節約する

電気や水道などは、毎日の生活ではかかすことができません。使い方を少し変えるだけで節約につながることもありますので、是非無駄使いはしないように心がけたいものです。

 (31761)

■光熱費について

光熱費は、どうしても生活していく中ではかかってしまいものです。水道やガスそして電気を節約したいのであれば、契約内容を変えてみることやさまざまな節約に役立つ商品を使って試してみるなどをしてみても良いでしょう。電気代は工夫次第で、かなりの節約を見込めます。それには、毎日どのくらいの機器が電気を使っているのか、そして一番消費するものは何かなどを把握しておくことが大切です。
 (31760)

■水の節約

電気料金と同じように、水道料金も節約は簡単にできます。節約することに関しては、水を1回だけで使い終わるのではなく、生活していく中で再利用できる場合は行うことで水道料金の節約になります。例えば、お風呂にお水をためて入りますが使い終わったらそのまま流してしまうのではなく、洗濯槽につなげて使うことや、掃除に使うこと、庭のみずやりなど、さまざまなところで再利用することができます。

お風呂で使う残り湯を、さらに他のことに利用することで、かなり水道料金の節約になります。一般的に少しの間ですと、そのまま水道水は流しっぱなしで洗面所などで利用してしまいますが、これもその都度水道を止めて使うことで節水になりますし、こうした垂れ流しをやめることで年間を通してかなりの節約になるものです。さらには、最近では雨水をためる雨水貯水タンクなどもあります。雨水で十分賄える場所には、水道水ではなく雨水を活用することでだいぶ節水できます。花壇の水やりや、洗車、菜園などにも使えますので便利です。

■シャワーの使い方も考える

 (31759)

浴槽の水の再利用の他にも、シャワーを使う時に少しいつもと違う使い方をしてみましょう。水道水の無駄をなくすには、どのような使い方をしたらよいのかをまず考えることが大切です。シャワーも流しっぱなしにしてしまうと、無駄に水が流れていくだけです。顔を洗う時は湯船のお湯を桶などにくんで使う、シャワーは頭を洗っている間は止めるなどして節約しましょう。湯船のお湯を使うことでシャワーを使わなくて済みますので、できるだけ桶にお湯をくみながら使うようにしていきましょう。シャワーは流しっぱなしについついしてしまいますので、心がけを持つことで節約につながります。

■シャワーヘッドを変えてみる

 (31758)

最近は、お店でもシャワーヘッドが売られていますし種類も豊富にあります。その中で節水できるものがありますので、今の物と変えることで水道料金の節約になります。節水シャワーヘッドは、ヘッドの部分に細工がしてあります。水の量は一般的なものと比べると少なくなってしまいますが、水圧は従来のままで弱まることはありません。水量が少し減るだけでまったく問題なく使うことができます。さらに少し金額は高くなりますが、ヘッドの部分にオンオフの切り替え用のボタンが付いたものがあります。

このようなものにすることで、手元でオンオフが簡単にできますのですぐ手元で水を止めることができます。電気料金と同じように、水道料金もできるだけ節約していくことで年間を通せばかなりの節水にもなりますし料金も減らすことができます。

■電気代と冷凍庫

 (31757)

冷蔵庫の中には物を詰めすぎないことが、電気代の節約につながることは知っているでしょう。これは、隙間をもたせることで、冷蔵内の冷気が効率よく循環するため電気代の浪費を抑えることができからです。しかし冷凍庫は、この真逆を行って欲しいのです。冷凍室は、ものを詰め込むことで無駄の冷気をなくします。冷凍室内に物が少ないと、冷気の循環が良すぎてしまい、かえって電気代の無駄になってしまいます。

冷凍室には物をすきまなく詰め込むことで、節約につながります。一見疑わしいと感じてしまいそうですが、これはもの同士ができるだけくっついていることで、お互いが保冷材のような役割を果たすことになります。この相乗効果のおかげで、冷蔵庫にかかる負担がかなり軽減されますので、節約を兼ねた扱い方になります。ただし、冷凍庫に入れるものには、霜をつけないようにしましょう。霜をつけたまま入れてしまうと反対に冷却効果は下がってしまいますので、注意しましょう。また、夏の暑い時期はさらに電気代がかかりますので冷蔵庫のスペースには、一枚シートをかけておくことで冷気が逃げにくくなります。

そして無駄に冷蔵庫の開閉をしないように心がけましょう。電気代は、他のものでも節約が簡単にできることがありますので、気が付いたところは無駄を省くようにしていきましょう。電気や水道そしてガスなどの光熱費な、毎日使うものですしそれなりに金額もかかってしまうものですが、ちょっとのアイディアで節約はできます。少しずつでも実行していけば大きな結果になります。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

ドライヤーが消費する電力は、意外にも大きいものです。髪を乾かす時間が長ければ長いほど電気代もかかります。できるだけドライヤーの電気代を抑える方法で毎日使っていきたいものです。
E-akiko | 70 view
一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしでは、それほど電気代もかからないものと考えられます。その中で節約することができればさらに生活にゆとりが出ます。特に冬場や夏場などには一人暮らしでもエアコンを使用することで電気代はかかりますので、節約はしていきましょう。
E-akiko | 51 view
夏場にかかる電気料の節約

夏場にかかる電気料の節約

電気代の節約は日常的に行うことで、年間を通してかなり節約できます。また、夏などエアコンを使う時期には、電気料金も多くかかってしまいます。上手に節約術を使い電気代の節約をしていきましょう。
E-akiko | 19 view
テレビの電気代を節約する意外な方法

テレビの電気代を節約する意外な方法

電気料にかかわるものとして、テレビがあります。毎日テレビを見る人、頻繁には見ないが電気料は気になる人とさまざまいるものです。節約方法はどのようなものがあるのかみていきましょう。
E-akiko | 76 view
掃除機にかかる電気代を節約する方法

掃除機にかかる電気代を節約する方法

毎日の掃除や、週末にまとめて行う掃除で便利な掃除機。掃除機を使えば必ずかかってくるものが電気料金です。毎日使うとどのくらい電気代がかかるのでしょう。節約しながら綺麗にする方法がいくつかあります。
E-akiko | 37 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-akiko E-akiko

おすすめの記事

今注目の記事