2016年8月30日 更新

ケーブルテレビでおなじみのJ:COMも電力事業をスタート!

J:COMといえばこれまでケーブルテレビなどを運営していることで有名でしたが、このたびの電力小売り自由化にあわせて電力事業をスタートしました。電気に加入することでケーブルテレビの料金が安くなる、というこれまでのユーザーに恩恵がやってくることはあるのでしょうか?

ケーブルテレビでおなじみのJ:COM!

J:COMといえばケーブルテレビを利用している方にとっては一度は聞いたことがある名前かもしれません。
全国各地のケーブルテレビを傘下に収めている日本最大手の企業です。
ケーブルテレビ(CATV) J:COM|スマートテレビ、光ハイブリッドインターネット、電力、スマホ (30516)

2007年(平成19年)9月、番組供給事業統括会社のジュピターTVと合併。合併後は社内カンパニー制に移行。ケーブルテレビ事業はJ:COMカンパニー、番組供給事業はジュピターTVカンパニーが統括していたが、2009年(平成21年)4月の組織改正で社内カンパニー制を廃止した。
2010年(平成22年)2月18日までは、TCIの後身であるメディア関連企業・リバティ・グローバル(LGI)の連結子会社であり、かつ住友商事の持分法適用関連会社であった[1]。
2013年(平成25年)12月2日、KDDIの完全子会社であったジャパンケーブルネット(JCN)の全株式を取得、2014年(平成26年)4月1日にJCNを吸収合併した[2]。

ケーブルテレビ(CATV) J:COM|スマートテレビ、光ハイブリッドインターネット、電力、スマホ

ケーブルテレビ(CATV) J:COM|スマートテレビ、光ハイブリッドインターネット、電力、スマホ
ケーブルテレビ(CATV)のJ:COMなら、光ハイブリットによる高速インターネットに、BS・CS・地デジなどの多チャンネルをJ:COMスマートテレビで楽しめる。J:COM 電力で電気代節約。電話も安い!充実したサービスならJ:COM(ジェイコム、ジュピターテレコム)。
KDDIといえばすでに「auでんき」をスタートしている会社ですよね。様々な方面から顧客を取り込もうとしているのがよくわかります。

このたび電力事業に参入!

電力自由化にあわせて様々な会社が参入している中、J:COMもまた新たに事業をスタートすると発表しました。
J:COMが電力小売サービスへ参入 - 電気料金が年間約6,800円安く | マイナビニュース (30519)

ジュピターテレコム(J:COM)は低圧電力小売りサービスに4月から参入する。1月6日には「J:COM電力 家庭用コース」の先行申し込み受付を開始し、報道関係者向けの説明会を開催した。


1月6日に開催された記者説明会には、ジュピターテレコム 執行役員 ケーブルTV事業部門 副部門長の堀田和志氏、同社 ケーブルTV事業部門 ケーブルTV事業統括本部長の高橋邦昌氏、同社 ケーブルTV事業部門 ケーブルTV事業統括本部 副本部長 兼 電力事業推進部長の小森智幸氏が登壇した
J:COMの展開しているケーブルテレビを契約している従来からの利用者がターゲットになることは間違いありませんが、具体的にはどのような恩恵を受けられるのでしょうか?

ケーブルテレビを契約していれば電気料金が安くなる!

どうやらケーブルテレビとセットで契約すれば電気料金が値引きされるプランを用意しているようです。
最大10%割り引きも J:COM、電気料金プランを発表 - ITmedia ビジネスオンライン (30523)

ジュピターテレコム(J:COM)は1月6日、4月から提供する家庭向け電力小売りサービス「J:COM電力 家庭用コース」の料金プランを発表し、受け付けをスタートした。同社の通信サービスやCATVの利用者を対象に、電気料金の従量部分を地域電力会社と比べて最大10%割り引く。

 電気料金の従量分を3段階式で割り引いて提供。割引率は、地域電力会社の従量電灯メニューの第1段階料金部分(120kWhまで)が0.5%、第2段階料金部分(120kWh~300kWhまで)が1%、第3段階料金部分(300kWh超え)が10%となり、電気使用量が多い家庭ほど割引が大きくなる。

他にも多彩なプランが用意されています!

その他にもKDDIの子会社である強みを活かして、J:COMでは携帯電話とのセット割プランも用意しているようです。初めから携帯とケーブルテレビをセットで加入している人にとってはこれ以上なくお得なプランと言えるでしょうね。
J:COMが電力の申し込み開始!ケーブルテレビ等とセットで最大10%割引 (30527)

J:COMはケーブル多チャンネル放送、高速インターネット、固定電話、携帯電話をビジネスを展開していますが、電力を申し込むには最低2つのサービスを組み合わせなければいけません!
編集部もビックリしたのですが、まぁプランが多い(笑)

画像はほんの一部ですが、このように考えるとわかりやすいです。プランの軸となっているのは__

ケーブルのチャンネル数+インターネット回線の速度
インターネットとケーブルテレビは、一人暮らしにも嬉しい組み合わせ。アニメや海外ドラマが好きという人にも、よいのではないでしょうか? auスマホを持っている人もオトクになりますよ!
ただ、契約時には長期契約の縛りなどもありますので、詳細をしっかり確認しましょう。

auポイントも手に入ってお得?

 (30532)

J:COM電気自体にポイントは存在しませんが、auに加入していれば「auWALLETポイント」を還元してもらえることができます。電気と併せて加入することで結果的にお得になるよう計画を立てることも可能になりそうですね。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これからはガスと一緒に電気を買う時代?東京ガスの魅力って?

これからはガスと一緒に電気を買う時代?東京ガスの魅力って?

電力自由化が話題になっていますが、一方で将来的にはガスも自由化される予定となっています。そのため、あらかじめ顧客を獲得しようと躍起になっているのが、実はガス会社なんです。東京ガスもその一つ。サービスやプランを詳しく見ていきましょう。
page | 65 view
【割引率が!】いい部屋でんき(大東エナジー)はかなりお得♪

【割引率が!】いい部屋でんき(大東エナジー)はかなりお得♪

大東建託グループの新電力会社「いい部屋でんき(大東エナジー)」は、大東建託グループの賃貸住宅に住んでいる人限定のサービスですが、お得度がかなり高い注目の新電力です。賃貸住宅への引っ越しを考えている人にとって、見逃せないポイントをまとめました。
let | 889 view
京葉ガスの電気料金プランと、そのメリットに迫ります♪

京葉ガスの電気料金プランと、そのメリットに迫ります♪

皆様は、京葉ガス株式会社をご存知でしょうか。ここは様々な事業に挑戦していて、魅力的な会社です。そこで今回はその全貌と、どういった人に向いているかを中心に述べていきたいと思います。是非参考にして、気に入ったら選んでほしいです。
110 | 77 view
エネファームとエコキュートの違いって?

エネファームとエコキュートの違いって?

電力自由化に加えてガスも自由化されることになりました。オール電化といえばエコキュート、ガスといえばエネファーム。このふたつの違いって?双方のメリットデメリットをまとめました。
msyhyr | 1,936 view
寒い冬の電気代節約術

寒い冬の電気代節約術

昨年から暖冬といわれ、暖かい日々が続いていましたが、1月中旬ごろから急激に冷え込み始めました。 エアコン、コタツ、ホットカーペット、電気ストーブ等使うと暖かいけど、電気代が…。 と心配になる方も多いのではないでしょうか。
fanzine.db | 521 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

page page
電力ドットコム


おすすめの記事

今注目の記事