2015年11月4日 更新

省エネ対策をすると、節電もできて節水もできる<洗濯機>しっかり節約しましょう!

洗濯機の電力を節約しようと思ったら、使わないで自力で洗えばいいのですが、そんな事は無理な話。それならしっかり節電・節水して利用しましょう。

洗濯機の節電を考えると、知らない間に節水につながり、節水を考えると節電になると言う、省エネマニアが聞いたら嬉しくなって小躍りしたくなってしまう洗濯機です。一人で生活をしていても必要!大家族は数台必要な洗濯機です。電力自由化になる前に勉強しておきましょう。

洗濯機には適量を

 (3766)

洗濯機に洗濯物を入れる最適な量は80%程度だと言われています。 洗濯機にものを詰め過ぎると、上手く汚れが落ちなかったり、無駄な電気代を使うことになります。 また、洗濯機に入っているものが少なすぎるのも問題です。 半分程度で回してしまうと、最適量の電気代の約17%も損をする計算になります。

従って、ある程度、洗濯物を貯めてから洗濯機を回すのが、一番の電気代・水道水の節約につながります。 特に、まだ、お子さんがいない家庭や、小さい家庭、巣立った家庭など、世帯人数が少ない家庭は、洗濯物を貯めてから洗濯機を回しましょう。 2日に1回にすれば、洗濯機にかかる電気代・水道代も半分で済みますよね。 *汗を書いたり、染み付いたものは、水につけたり、手で軽く洗いましょう。

洗濯機に入れる順番

 (3870)

洗濯機に服を入れる順番を意識している家庭はそこまで多くないと思います。 むしろ、洗濯機にぽんぽん放り投げるのが主流だと思います。

しかし、洗濯機の効率を上げるには入れる順番を見直しましょう。 洗濯機に重い物(大きい物)から入れていくことで、洗濯機が回転する時間の短縮につながるので、電気代の節約につながります。 ネットは最後に入れましょう。

まとめて回数を減らす

 (3872)

少ない量の洗濯物で2回洗濯するよりも、多めにためてから1回の洗濯で済ませる方が節電になり、節水にもなります。洗濯機の容量の範囲内なら、一度にどれだけの量を洗濯しても一回の電力は同じだからです。

ただし、洗濯機の許容量以上詰め過ぎると、余計な電力がかかりますので注意が必要です。

スピードコースを使う

 (3874)

スイッチを入れて、「スタート」を押すだけにしていませんか? スピードコースあるいはスピーディモードのようなコースが選べる洗濯機は多いはずです。 標準コースで洗濯するより短時間で終わり、それだけに消費する電力も水も少なく済みます。

普通の汚れならじゅうぶん落ちますが、ひどく汚れている場合はかえって二回洗濯機を回すことになるのでそういう時は標準コースで洗いましょう。

乾燥機は封印するべし

 (3876)

乾燥器は楽ですし、タオルなどはふわふわになるのですが、やはり電気代には優しくありません。太陽光に含まれる紫外線には殺菌効果もあり、衣服の臭いを抑えてくれます。タオルがごわごわするという場合は、風通しの良い日陰に干すのが良いでしょう。どうしても乾燥機が必要な時は、脱水を2分のばす

万が一、どうしても乾燥機が必要な場合は、脱水の時間を2分伸ばしましょう。繊維の中の水分を飛ばしてやることで乾燥にかかる時間を減らす事が出来ます。

ただし絹やポリエステルは脱水じわができやすく、脱水で絞れる水分量には限界があります。

洗濯ネットを利用して賢くまとめ洗い

 (3878)

たくさんの洗濯物を一度に洗う場合、色移りやダメージを防止するには洗濯ネットの活用がおすすめ。正しく活用すれば、シワ防止にも効果的です。

 まず、色移り防止のために白物とそれ以外のものを分けて、少ないほうをネットに入れて下さい。さらに、ダメージ防止のためにデリケート物や柔らかいものは、別のネットへ。

ちなみに、ネットに入れる洗濯物は、ネット容量の半分から2/3くらいが適量。チノパンやワイシャツなど、縦ジワのつきやすいものは4つ折りにしてからネットに入れるとシワを軽減することができます。

普段汚れなら「洗い5~10分、すすぎは2回以上」

 (3881)

普段着の汚れの少ないものは、短時間洗濯で十分きれいになりますし、時間も水も電気も節約できます。白物の黒ずみを防ぎたい場合は、すすぎの回数を2~3回に設定して下さい。使用する水が少ないドラム式洗濯乾燥機でも、すすぎ回数を増やすことでしっかり洗剤や汚れを落とすことができます。

洗いの時間を必要以上に長くすると、衣類の劣化や色落ちをすすめたり、汚れた洗濯水からの逆汚染などの原因となる場合があります。

洗濯機の節約/節電の効果を値段にしてみたら

 (3885)

・電気代:1回当り約2円。毎日洗濯しても30日で約60円
・水道代:1回当り約22円。毎日洗濯すると30日で約660円
・1ヶ月で計720円。年間で計8,640円
・洗濯を2日に1回にすると、1ヶ月で360円、年間4,320円の節約
・洗濯を3日に1回にすると、1ヶ月で480円、年間5,760円の節約

古い洗濯機は新しいのに買い替えた方が節約できる

 (3887)

他の家電製品と同様に、洗濯機も進化しています。10年前の洗濯機は、今の新製品と比べると倍以上の電気代や水道代を使う場合もあるようです。

かといって今すぐ買い換える必要はありませんが、少し不具合が出たり、引越しのタイミングなどでは、思い切って買い替えた方が節約/節電になる場合もあります。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

すぐ替えるべき?気になる省エネ家電は本当に節電になるのか

すぐ替えるべき?気になる省エネ家電は本当に節電になるのか

省エネ家電という言葉も当たり前に使われる現在、節電・節約になるならと買い替える人が少なくありません。 でも、実際にどんなタイミングでどの家電を省エネ家電に替えるべきなのかはっきりと分からない人も多いでしょう。 それぞれ知っておきたいポイントを踏まえてで賢く節約家電生活を始めましょう。
chiko | 220 view
エアコンは使い方次第で節電できる

エアコンは使い方次第で節電できる

夏・冬になると使用頻度が多くなるのがエアコンです。 エアコンを使い出したら電気代が跳ね上がってビックリした!!という方も多いはずです。賢いエアコンの使い方をご紹介します。
reorururara01 | 1,880 view
水道代でやっぱり気になる・・・お風呂の残り湯活用方法。

水道代でやっぱり気になる・・・お風呂の残り湯活用方法。

電気代やガス代に比べて水道代って高くないですか?そんな水道代だからこそ、気になるのがお風呂のお湯。この時期お風呂は欠かせないですよね。節水して節約しちゃいましょう。
sawaco | 1,145 view
〈エコで省エネのこたつ〉さらに節電できる方法があるんです。

〈エコで省エネのこたつ〉さらに節電できる方法があるんです。

電気代が安い暖房器具といえば“こたつ”ですよね。でもそのこたつをさらに省エネにする方法があるんです。
sawaco | 2,316 view
自分でするより節水!!あるなら使ったほうがいい食洗機。

自分でするより節水!!あるなら使ったほうがいい食洗機。

自分で洗うお皿と洗浄機を使うのではどちらが節約につながるでしょう。実は食洗機ってとてもエコで時短な家電なんですよ。
sawaco | 779 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

denden denden

おすすめの記事

今注目の記事