2015年10月15日 更新

電力自由化したら、数百もある電力会社から自分に合ったところを選べる?

今や新旧合わせて600を超える電力会社が生まれているそうですが、この中から自分に合った1社を選ぶのって大変そう。こう思っている人はぜひ参考にしてください。

電力自由化になるとどうなるのか?

2016年の4月をめどに、一般住宅向けの電力会社を自由化する案が進んでいることをご存知ですか?

唐突にこんな事を言われてもいまいちピンと来ませんよね? すいません。
ここでは今進められている『電力自由化』について説明していきたいと思います。

今現在、皆様はごこから電気を購入していますか? ほとんどの方が管轄の電力会社になるかと思います。 東京電力であったり関西電力であったりと地域によって決まってると思います。

簡単に行ってしまうと電力会社の独占状態なのです。 この状態を緩和させる目的で、個人が自由に電力会社を選ぶことが出来るようになるのが 『電力自由化』になります。 もっとわかり安く言うと『電力会社の自由化』ですね。

実際自由化になればどうなるのか。ここが気になる所かと思います。
新しく電力会社を変更する場合は、その電力会社との契約を結ぶ必要があるかと思います。 このあたりは今までと変わりはないと思います。
ただ自由化になったとしても強制的に電力会社を変更しなくてはならない訳ではありません。 現状のまま、現在の電力会社を継続する事も出来るので、 我が家はこのままでいいか、と思われる方はそのまま契約を継続して下さい。
また、新しく電力会社と契約をしたらそれに伴って別途電気工事をしないといけないのか。 私が調べた現状では、今のままで大丈夫とのことです。
しかし、現状電気の使用量を計測する為の計測器は、各電力会社の所有物になりますので、もしかすると交換する必要が出てくるかも知れませんが、 このあたりはまだ説明がされていない様なので開始された際には注意する所になるかも知れません。

では現状と何が変わってくるのかと言いますと、電気料金を請求してくる会社が変わるのみ。 ただそれだけ。
ですので、皆様がすることになるのは、現状の電力会社からの契約解除と新しい電力会社との契約開始。 私が調べた限りではこれで良いみたいです。

どうでしょう。 これでおおまか自由化についてご理解して頂けたでしょうか? 
これは簡単に理解できる素晴らしい説明文ですね。
電気代が今までより安くなる可能性がある電力会社を見つけられれば、その会社と新契約を結べば良いし、見つけられなければ今契約中の会社から引き続き電気を買えば良いというわけですね。
ということは、節約意識が高い人は熱心に探さなければいけませんね。
 (2477)

大手電力会社が発表しているプランとは?(東電編)

東京電力は、小売り自由化の開始を前にソフトバンクなど異業種との提携を実施。加えて、新料金プランや新サービス、ポイント制度の設定を進め、既存顧客の引き止めと新規顧客の獲得を目指す。

また2016年3月31日には新プラン導入に合わせ、既存のプランの新規受付を終了する。なお、同日時点で契約済み又は申し込み済みの人は、当該電気料金プランを引き続き利用することができる。
新プラン導入に伴い、3月末で新規の受付を終了するプランは下記の通り。代わりとなる新プランについては順次発表予定。

・時間帯別電灯[夜間8時間型](おトクなナイト8)
・時間帯別電灯[夜間10時間型](おトクなナイト10)
・季節別時間帯別電灯(電化上手)
・ピーク抑制型季節別時間帯別電灯(ピークシフトプラン)
・時間帯別電灯(夜得プラン)
・時間帯別電灯(朝得プラン)
・時間帯別電灯(半日お得プラン)
・曜日別電灯(土日お得プラン)
・低圧高負荷契約(おまとめプラン)
・農業用低圧季節別時間帯別電力
・深夜電力、融雪用電力
東電も既存客引き留めに必死な様子がわかります。
大手の異業種との提携作戦は、かなり効果がありそうですね。
 (2494)

多くの電力会社が発表している新プランとは?(関西電力編)

関西電力 | 従量電灯A
24時間同一の料金単価が設定されています。
一日の中でまとめて電気を使う時間帯がなく、平均的に電気を使用されているご家庭で、電気の使用量が少なめのご家庭に向いています。
おトク度1.5

関西電力 | 従量電灯B
24時間同一の料金単価が設定されています。
一日の中でまとめて電気を使う時間帯がなく、平均的に電気を使用されているご家庭で、電気の使用量が多めのご家庭に向いています。
おトク度1.5

関西電力 | はぴeタイム
23時から翌朝7時までおトクな夜間料金が適用されるプランです。
夜型の生活のご家庭や、平日は家を空けることが多く、土日にご家庭でテレビやDVD鑑賞をしたり、まとめて家事をする、というご家庭に向いています。
おトク度4.0

関西電力 | はぴeプラン(新規加入不可)
23時から翌朝7時までおトクな夜間料金が適用される、オール電化住宅専用プランです。
オール電化住宅のご家庭に向いています。
おトク度4.0

関西電力 | 時間帯別電灯
23時から翌朝7時までおトクな夜間料金が適用されるプランです。
日中は電気をあまり使わず、夜型の生活をされているご家庭に向いています。
おトク度3.0

関西電力 | 季時別電灯PS(ピークシフト)
23時から翌朝7時までおトクな夜間料金が適用されるプランです。
夏の平日午後に電気を使うことがほとんどない、というご家庭に向いています。
関西電力はおトク度指数があるところがわかりやすいですね。
太陽光を導入していて、なおかつエコキュートで夜中にお風呂を沸かしているご家庭なら、当然時間帯別電灯のプランを選択していると思いますが、電力自由化後にさらに料金が安くなるのかが焦点になってくるのでは?
 (2497)

でも新電力会社のプランはまだ未定のところが多いみたい。

業界大手各社の流れを見ているのか?はたまた既に水面下で動いているのか?
送電線の使用料の水準もまだ未決なようなので、これが決定してから具体的に発表されていくことでしょう。
我々も随時注目しておいたほうがいいですね。
 (2498)

新電力会社は送電線を借りている分、大手より不利なように見えるのだけど...。

将来的には電力会社の送配電部門は独立性の高い中立的な組織に変更されていきます。そうすれば、多くの発電事業者と小売事業者が公平な条件で送配電網を使って電力を供給できるようになります。その結果、発電事業と小売事業が競争市場となり、価格とサービスの両面にて電気をご使用のお客様にさらなるメリットをお届けできるようになるとイーレックスは考えています。
 (2499)

イーレックスという電力会社からの引用文を上記しました。
この文のようになれば、近い将来かなり格安で電気を使えるようになるのかもしれません。
ちなみにイーレックスは現在「特別高圧」と「高圧」の客のみに電気を供給しているのですが、電力自由化の際は、一般家庭を含む低圧の客も対象になる予定だそうです。

いよいよ電力会社を選ぶというときに活用すべきサイトは?

価格.com、電力自由化にむけて「電気料金比較サービス」を開始
料金プランを手軽にシミュレーションできる「電気料金プラン診断」や、        
家電製品の「電気代チェッカー」、電気料金に関する最新情報などを提供!
~2016年4月の電力小売りの全面自由化にも対応予定~

「電気代チェッカー」で、お持ちの家電にかかる電気料金がわかります
お持ちの冷蔵庫・エアコン・液晶テレビ製品の購入時期・メーカー・タイプ・シリーズなどを選択するだけで、その製品にかかる電気料金と、直近1年以内に発売された他製品の平均電気料金を比較できます。そのまま、電気料金が安い製品を価格.comで探すこともできます。
電気代チェッカーとは!すごいものがあったものです。
上記の価格.comのような比較サイトは、絶対利用すべきでしょう。
中には電気コンシェルジュが常任している比較サイトもあるようなので、専門家に直接相談しながら選びたいという人にはこういったサイトがオススメです。
 (2500)

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【イーレックス】1万円以上払ってる方はお得になる??電力プランまとめ♪

【イーレックス】1万円以上払ってる方はお得になる??電力プランまとめ♪

3番目に古い上場新電力のイーレックス。電力自由化による電気料金、サービス内容、プラン内容、お得情報などをまとめました。お住まいに地域によって料金が変わってきますので、よくよく検討必要です。
プードル | 137 view
【トドック電力】北海道道民必見!コープのでんきお得情報!

【トドック電力】北海道道民必見!コープのでんきお得情報!

北海道にお住いの方に朗報です!「コープさっぽろ」といえば良質な商品を提供することで多くの人から支持を得ていますね。そのコープがいよいよ電力小売り自由化に参戦しましたよ!今回はコープの電気でどのようなサービスを受けられるのかまとめました♪
MAIKA | 118 view
再生可能エネルギーは自由化で使えるのか?

再生可能エネルギーは自由化で使えるのか?

電力自由化によって電力会社を自由に選択できるのであれば、再生可能エネルギーを電力源に使いたい!そう考える人もいるでしょう。でも現時点で再生可能エネルギーを利用することには問題があるようです。
にんまり | 552 view
電力自由化で太陽光発電はどう変わるのか

電力自由化で太陽光発電はどう変わるのか

電力自由化が2016年にスタートし、2020年には発送電分離が実施されることが決まっていますが、まだ今までの電力会社から変更していないという人が大多数です。移行期間として2020年までは現在の契約を継続出来るようなっているため今すぐに変えなければいけないわけではありませんが、逆に言えばそれ以降は料金が高くなることも考えられます。
E-nakamu | 2 view
【基本料金0円⁈】大幅に電気代をコストダウンする【Looopでんき】のまとめ

【基本料金0円⁈】大幅に電気代をコストダウンする【Looopでんき】のまとめ

毎月支払う電気代、せめて基本料金がなければな…と思ったこと、ありますよね!それを叶えてくれるのが、新電力会社Looop。使用した電気の分だけ支払えばOKという、シンプルで明快なプランが注目されています。どんなサービス、プランがあるのか、まとめてみました。
Bubbles | 112 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

standman9 standman9