2016年1月10日 更新

家計節約。家計簿のあれこれ。

家計の節約は収支の内容を把握することが大事。でも、家計簿をつけてもなかなか続かない人も多いはず。それに家計簿をつけていてもその家庭家庭に合った家計簿のつけかたをしないと家計の節約になっていないことも。そんな家計のコツについてをまとめてみました。

家計簿はつければいい!?

 (24866)

家計簿をつけていることで家計をしっかりコントロールできていると思っていませんか?

実はそうではないんです。
そもそも家計簿はつけるためにつけているのではなく、
家計の収支を知るためのものであり、
節約ができているのかどうかを確認するためにつけるものです。

これから載せていく内容は、
それぞれに合った家計の節約法を探すのにとても為になると思います。
ふだんどのくらい節約を意識している?

ふだんどのくらい節約を意識している?

多くの人がふだんから節約を意識して生活しているようです。「かなり意識している」「ある程度意識している」人を合わせると全体の約8割に。(全体票数:536名)
節約を意識している人はかなりいらっしゃいますね。
買い物に行く時もなんとなく金額をお財布と応相談、という風にしていることもあるはず。
家計簿をつけることで、その月の収入、出費の総額とその内訳、つまり収支がわかります。月ごとの家計の収支が黒字なのか赤字なのかから始まり、「先月は外食にお金を使いすぎたから今月は控えなくては」とか、「今月でクルマのローンが終わるからその分が貯蓄にまわせる」とか、「毎月保険料を払いすぎているかも、見直しの時期かしら」などなど、家計簿はさまざまな判断材料を提供してくれます。

黒字の場合もそうですが、赤字ならなおのこと。家計簿で支出の偏りをチェックして、収入の範囲内でのやり繰りをするために節約や、無駄のカットをしなければなりません。
ただつけているだけの家計簿ではなく、
そこから活用していくことが大切です。
無駄はどこなのかを考えるのが決め手ですね。

どんな家計簿がいい?

 (24886)

家計管理はなによりも継続することが大切。支払いはクレジットカード派か現金派か、などライフタイルの違いによって、継続しやすい家計管理方法は人それぞれです。自分にあった続けやすい方法で家計管理を習慣化していけるようにしましょう。また、家計の支出は一カ月単位の変動に一喜一憂せず、一年単位で見ていくのも上手に家計管理をするコツです。
家計簿というと細かい項目にいたるまであらかじめ設定されているものから、
自分で項目を作って書き出すものもあります。

そして、紙の家計簿・PCソフトの家計簿・今ではスマートホンのアプリでも、と、
多彩に出回っています。
それらを比較してみましょう。

紙の家計簿

市販の家計簿だとちょっと項目が合わないわと思っている人は項目がフリーの家計簿を選んだり、手帳やノートを使うのも手です。手帳の空きスペースで家計簿を作ってもよいですね。一番簡単な方法をご紹介しましょう。「美容費」など一つの項目だけを記録する方法です。紙に一本線(横線)を引いて、線の上に日付を書き、線の下に「基礎化粧品代5,000円」などと書いていくのです。これならとっても簡単ですし、手持ちのノートや手帳を活用できるためお金もかかりません。

 「美容費」「被服費」「外食」を記録したい場合は線の本数を増やしていけばよいでしょう。前回もお伝えしたように家計簿をつける目的は、ムダに気がつき、支出を減らすこと。全部の項目を完璧につけなくてもよいのです。すでに自炊費は節約できているという人は弱点支出だけを攻略していくと効果的ですよ。手帳やノートのフリースペースならアレンジ可能ですね。
項目を書ききる幅を自由にアレンジできるのが、
紙や手帳型の家計簿ですね。
同じ項目でもちょっと用途が違っていたりすることも在るので、
カスタマイズしやすいというのも手作りの家計簿ならではです。
 (24945)

なんとこれは、パソコンでダウンロードしたものを印刷して、
手書きで使う家計簿なんだそうです。
びっくりしましたが本のように閉じると、
ノート型の家計簿になりますね。

家計簿アプリ

家計簿おすすめアプリランキング

家計簿おすすめアプリランキング

家庭の収支状況などを記録することができる、家計簿アプリがあります。
気軽に収支記録ができるシンプルなお小遣い帳アプリや、品目ごとの家計を日々管理してグラフなどで集計できるオーソドックスな家計簿、家族皆で共有できる便利な機能のついたアプリや、クレジットカードや口座管理や税金計算ができるアプリなどを、「家計簿」のカテゴリーから探すことができます。
こちらのサイトは、
iphone、android共にアプリのランキングが見られるようになっており、
家計簿アプリもかなり細かく載っています。
中には、
ReceRecoレシート撮影で支出管理

ReceRecoレシート撮影で支出管理

こういった、レシートをスマートホンで撮影し、
そのまま金額を読み取るという優れものもあります。

家計簿のつけかたのポイントは収入と支出のバランスが決め手

 (24962)

1週間に1度くらいまとめて家計簿をつけて、1ヶ月たったら家計簿を振り返ってみましょう。

きちんと家計簿を振り返ると、予算に対して使いすぎてしまった項目、思ったより使わなかった項目がはっきりと見えるようになります。

ここでの反省を元に、次の月の節約ポイントや予算の組み立てを考えます。

1ヶ月の振り返りを行う際に、良くつまづくポイントが、「この支出は多すぎるのかどうかの判断ができない」という点です。

そういう時は、「理想的な支出モデルと比べる」、という手を使ってみましょう。
家計簿をつけるのは、毎日じゃなくてかまいません。3日に一度とか、1週間分まとめてとか。



10日分たまってしまうと、もうつけるのが面倒になってしまうので、やはり1週間に一度くらいが良いと思います。





そして肝心なのは、結果を見て、何を改善しなきゃいけないか?と考えることです。



ご存知のように、人は何か変化が出ると喜びが生じるようにできています。
家計簿は、きっちりしだすとやはり億劫になってしまったりするものです。
きっちり見ないといけないのは、1円単位の数字ではなく、
予算の中で何%食費に、日用品等に使われているか、
また固定支出がどれだけ予算の中の割合として存在しているのかを認識するためのものです。
意外に見落としやすいのが毎日の買い物には無い項目、
教育費、慶弔費などイレギュラーに発生するもの。
それらを鑑みて、いざという時に困らない予算の組み立てができるのが、
理想的な家計のやりくりではないでしょうか。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

家計簿苦手さんにオススメ【レシートを放り込む】で節約

家計簿苦手さんにオススメ【レシートを放り込む】で節約

家計簿の概念にとらわれず、目的を達するおおざっぱなレシート分けをご紹介します。
ネコノマ | 562 view
節約ブログのランキング上位がお手本!家計簿を続けるコツ♪

節約ブログのランキング上位がお手本!家計簿を続けるコツ♪

節約生活の基本は家計簿から始まる!と分かっていても、なかなか続けられないのが現実。途中で挫折した古い家計簿が引き出しの中に何冊も溜まっている・・なんて人も多いのでは?そこで今回、節約ブログのランキング上位をお手本に、厳選した家計簿術を特集してみました。
ぽんた0313 | 42 view
【カンタン節約♪】家計簿アプリを利用してみよう!

【カンタン節約♪】家計簿アプリを利用してみよう!

お金を把握するために家計簿をつけようと思っても、どうやってつけたらいいか分からない・・・なんだか難しそう・・・と諦めていませんか?今は家計簿も携帯でできる時代!上手に使って楽しく節約してみましょう!!
シナモン | 45 view
≪必見!≫節約の参考に♪得しかない節約ブログをご紹介!

≪必見!≫節約の参考に♪得しかない節約ブログをご紹介!

節約のコツは、節約をしている方のブログから見つけちゃいましょう!今回、主婦、独身、学生、一人親、フリーター、経営の立場にある方の節約ブログをご紹介します!また、初めてのやりくりについての注意点などもありますよ。
節約は頭の体操♪ 生活を楽しみながら上手に省エネしよう

節約は頭の体操♪ 生活を楽しみながら上手に省エネしよう

ひと昔前の「節約」にはケチ、あるいは貧乏というイメージが付きまとっていました。 しかし今や省エネ時代、アイデア節約は脳の活性化に一役買っているともいわれています。 時間とお金を上手に節約することは自分のためでもあり世の中のためでもある、と考えて楽しい節約ライフを送りましょう!
jami | 18 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

rinrin rinrin

おすすめの記事

今注目の記事