2016年1月14日 更新

プロパンガス(LPガス)業者にとって、ガス自由化で生き残るすべは?

2017年4月からガスの自由化が施行される予定となっています。しかしプロパンガスはすでに自由化が先行しており、直接的な影響を受けないと考えられます。オール電化の普及などでシェアが減少している中での、都市ガスの自由化・・・プロパンガスが生き残るための方法はあるのでしょうか?

17,869 view お気に入り追加 1

一般家庭のガスは「都市ガス」「プロパンガス」のどちらか

都市ガスとLPガスの違い|日本ガス協会 (24119)

日本で一般家庭に供給されているガスは大きく「都市ガス」と「LP(プロパン)ガス」に分類することができます。

プロパンガスを使うのデメリット

プロパンガスは都市ガスと比べて、単価が高くなってしまいます。プロパンガスを使っている人はこれだけで損をした気分になるのではないでしょうか・・・。
プロパンガスを使う最大のデメリットは、ガス料金が高くなることと考えられます。
都市ガスからプロパンに代わって、ガス代が高くなって困ったって話はよく聞きます。
逆にプロパンから都市ガスになって困ったという話は聞いたことがありません。
一般的にプロパンガスは都市ガスのに比べて高く、1.5~2倍くらい違います。
家庭によっては毎月数千円違ってきます。
月々のコストを考えると間違いなく都市ガスの方が安いです。
世間一般的なイメージとして「都市ガスは安くて、プロパンガスは高い」というものがあります。

都市ガスは配管によってガスを半永久的に供給することができますが、プロパンガスはボンベに圧縮したガスを使用します。そのため定期的なボンベの交換が必要なのです。

その人件費や作業費が料金の違いの原因です。
LPガス事業者は全国に数万社あるといわれているが、元売り、卸、小売りと販売業態もさまざまで正確な数は分からない。料金もいわゆる自由料金で、公的な適正価格やガイドラインはなく、販売店の裁量にまかされている。そのため同じ販売店から買っている場合でも、契約の仕方や時期で値段が違い、請求された料金が高いのか安いのか比較しにくい。
プロパンガスの場合、販売業者が自由に値段設定をすることができるため、地域により価格は全然ちがってきます。
なお、プロパンガスの価格は業者・地域により違いがあるので確実ではありませんが、地域によっては都市ガスの1.5~2倍ほどのガス代がかかるケースもあるようです。

プロパンガスを使うのメリット

プロパンガスは都市ガスと比べてガス料金が高くなるのでメリットがないように感じますが、災害に強く、ガス共有が停止してしまっても復旧が早い等のメリットがあります。

災害時の復旧が早い

プロパンはガスを使う仕組みが非常に単純なので、設置や復旧が早いです。
阪神大震災の時、電気や水道、電話、都市ガスをおさえて、まっさきに復旧したのがプロパンガスだそうです。
逆に都市ガスは地中にガスパイプを埋めて使用しますので、災害の時はもちろん、災害後も完全に安全確認が出来ないと使用できません。
地震や台風など広域災害に強いのはLPガス。ボンベと配管、ガス器具の安全性が確認できれば、すぐに利用が再開できるLPガスは、東日本大震災をはじめ過去の大きな地震などでも注目された。東日本大震災では被害の比較的軽かった地域ではLPガスを使ってすぐに炊き出しが行われるなど、災害に強いLPガスを改めて印象づけた。

初期費用がかからない

プロパンガスは建築時に施設を設置しますが、これにほとんど費用がかかりません。
プロパンガスの会社は競争が激しく、値引きやサービス競争が熾烈であるためです。
ですからガス会社は設置してもらうために初期費用を肩代わりしたりします。
携帯電話の「本体0円」のようなものです。
逆に都市ガスは地中のガス管から宅内までの取出しが必要となります。
これには当然費用がかかり、自分で支払わなければなりません。

プロパンガスは、電力と都市ガスの影響で、シェアが減少傾向

電力供給サービス:LPガスの最大手も電力小売に、自由料金でセット販売を開始 - スマートジャパン (24082)

LPガスは電力と都市ガスに押されて販売量が減少傾向にある。家庭や企業などのエネルギー需要のうち、LPガスの占める割合は1割弱にとどまる
LPガスの取扱数量は、オール電化住宅の普及や、温暖化の影響により、全体的な需要減少を受け取扱数量が減少しつつあります。しかしながら、利用エネルギーの多様化が進むにつれて、クリーンなエネルギーであるLPガスを原料とした家庭用発電・給湯システムの普及も見込まれており、将来的には一定程度の需要が維持するものと想定されます。

電力自由化と都市ガスに対するガス自由化で、プロパンガス業界はどう生き残っていくか

オール電化(IHクッキングヒーター)などにシェアを押されぎみ、なおかつ都市ガスに対するガスの自由化によってプロパンガス業界は厳しい状況にあるのでしょうか?

都市ガスが自由化されたとしても、ガス導線が充実していない

『スタッフブログ』 | 日本水道センター 公式ブログ (24126)

ガス会社は全国の都市部に約200社あり、家庭や企業などと約2800万件の契約がある。各社がそれぞれの地域ごとに天然ガスの輸入基地からパイプラインを敷き、今は全国で計4千キロ余りに延びている。

しかし、首都圏と中部圏の都市がつながっていないなど地域間が十分結ばれていない。地域の境目ではガスを送れなかったり、ガス会社間で融通しあえなかったりする課題を抱える。
電力に比べて、都市ガスの普及地域はいまだ限られていることから、今後、自由化を控えてインフラ整備が進むとみられており、これに伴うガス導管の需要増などが見込まれている。

電力会社との提携などによって電気料金とセットプランも提供できる

電力と都市ガスの小売全面自由化が目前に迫る中で、LPガス事業者は電力と組み合わせたセット料金で巻き返しを狙う。

都市ガスは自由化が2017年4月。プロパンガスは都市ガスの自由化が始まるまでに、プランを立てられる

すでにLPガスの市場は自由化されていて、家庭を含めて自由料金で販売できる状態にある。2016年4月に電力の小売全面自由化が始まれば、家庭にもセット料金で販売できる。都市ガスは2017年4月に小売全面自由化を実施する予定で、LPガスよりも1年遅れて電力とセット販売が可能になる。

プロパンガスは自由化で、今からやるべきことがたくさんある

プロパンガスはオール電化の普及や人気に押され気味であるようです。その上、2017年のガスの自由化で長年ライバル関係にあった都市ガスの自由化が始まります。
プロパンガスはこのままシェアを減少し続けてしまうのでしょうか?

都市ガスは自由化されてもなおガス供給のためのガス導管が未整備です。
よって都市ガスを利用できない地域も、自由化が始まっても存在しているでしょう。
よってプロパンガスがその需要が途絶えることはなさそうです。

また、都市ガスに対する自由かは2017年。
すでに自由化されているプロパンガスは、都市ガスが自由化される前に電力会社と提携して、新料金プランを提供することもできます。

エネルギーの変革期にある現代で、プロパンガス業界は生き残りをかけて、様々な方向性を示さなければなりませんね。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ガス自由化って「エコ」なの?

ガス自由化って「エコ」なの?

2016年4月に始まる電力小売り自由化のニュースやCMを目にすることが多くなりました。1年後の2017年4月の都市ガスの小売自由化が始まります。一般家庭にとっては電気とガスは2大エネルギーで家計に与える影響も大きいです。 一方、東日本大震災と福島の原発事故で私たちのエネルギーに頼った生活が盤石ではないこと、エネルギーの元をたどると環境問題に行き着くことが明らかになりました。 ガス自由化と「エコ」について考えます。
rainbowzero1124 | 1,298 view
来年はガス自由化!貴方はガス会社を変更しますか?

来年はガス自由化!貴方はガス会社を変更しますか?

ガス自由化についてのメリットやこれまでの流れ、それにガス会社を選んで変更するときの手順を調べてみましたのでご覧ください。
ぱおん | 2,123 view
ガス自由化で安全性は確保されるのか?

ガス自由化で安全性は確保されるのか?

都市ガスが自由化されることによって、私たちの生活も大きく変りそうです。果たして本当に来年スタートできるのか?安全性は確保されるのか?
ぱおん | 709 view
ガス自由化って聞くけど仕組みはどうなってるの?

ガス自由化って聞くけど仕組みはどうなってるの?

2017年4月から都市ガスの自由化が始まり、私たちは契約するガス会社を選べるようになります。では、どのような仕組みになっているのでしょうか?
ぱおん | 1,359 view
ガス自由化が始まるけど先行した海外ではどうなの?

ガス自由化が始まるけど先行した海外ではどうなの?

2017年の4月にいよいよガスの自由化が始まります。それでは先行してガスを自由化させた海外の国ではどのようなことになっているのでしょうか?
ぱおん | 954 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

にんまり にんまり

おすすめの記事

今注目の記事