2017年3月3日 更新

電気の節約は家庭でも上手にできるもの

家庭で電気料を節約するには、さまざまな工夫で意外にも節約することができます。節約生活を家庭で行っている場合は、電気料の節約をすることで全体的にかなり出費ができるものです。生活スタイルはそれぞれ違いますが、節約という部分では自分に合っている方法があるものです。

■電力会社のプランを知ること

 (31696)

一般的には、電気の契約に関してその契約方法は、どの時間帯に電気を使ってもその使用した電気代は同じになるといった契約になっているものです。この契約が意外にも、この契約自体が無駄になっていることがあります。日中、仕事や学校などで家族が家にほとんどいない場合の家庭では、この契約プランはかなり無駄になります。そこで時間帯による割引契約がお得です。この時間帯で割引がされるプランは、時間帯によって何割か安くなるものですので、昼間使わない時間帯は少し高くなりますが、夜から朝にかけての時間帯が割り引かれるというものです。

昼間人がいない家庭では、多少料金が高くなっても使う人がいないので、無駄にはなりませんし夜皆がそろった時間帯の料金が安くなるプランなので、かなりお得になります。さらに、節約したい家庭には契約をしているアンペアを下げることで、基本料金がかなり安くなり節約につながります。アンペア料金に対して、電気代金の基本料は高くなりますので、アンペアを低くすることで安くすることができます。

どのようにして低くするのかというと、例えばクーラーと掃除機を一緒に稼働させるとブレーカーが落ちるようにアンペアを低くすることで、掃除機をかける時間はエアコンの電源を切ることで電気代が節約できます。このようにアンペアを低くすることで、日ごろ生活の中で、意識して電気を消すなどの行動をとるようになりますし、家庭内の電気の無駄をなくすことができます。
 (31697)

■使用料と単価

 (31695)

電気料金の発生は、基本料金に使用料と単価を足したものです。電気を使えば使うほど、単価も同じようにあがっていきます。この単価を段階で下げていけば、家庭での節約が可能になります。また、月によって単価が変わります。家庭で節約をしていくことで単価がかわるものです。また、待機電力が無駄だということは皆が知っていることです。家庭で使われる電気料金の中で節約が一番しやすいのが待機電力です。家庭で使われていない電力を節約するには、スイッチ付きのタップを使うことで節約できます。その都度コンセントを抜く手間がはぶけますので、簡単に料金を抑えることができます。

また、ブレーカーを落とすことも方法の一つです。ブレーカーは各部屋のものがありますので、使っていない部屋のブレーカーを落とす、出張や旅行など長期期間家にいない場合でもブレーカーは落としていくようにしましょう。最低限の電力にしておくようにするとこれまでよりも節電になります。

■どのくらい家電製品には料金がかかるのか

 (31694)

家庭で使われる電気代をどのようにしたら効率よく節約できるのか。節約できる電力はできるだけしたいと考えるのでしたら、家にある家電製品の一つ一つにどのくらい料金がかかるのかを、きちんと把握しておくことが大切です。どのくらいかかるのかが把握できれば、無駄のない使い方ができます。一般家庭で考えると、一番消費が高い電化製品はエアコンと言えます。年間を通してエアコンの消費電力はかなり多く、使うことで電気代も上がります。

このエアコンを節約していくことで、かなり電気料金が節約できます。しかし使わないようにするために、体に負担がかかる我慢は思いもよらない事態を引き起こしてしまう可能性があります。まずは屋外に設置されている室外機に注目しましょう。この室外機には、しっかりとカバーをかけるようにします。屋外は、気温の変化が起こりやすいものです。室外機の温度が高くなる、低くなるなどを繰り返すことで余計な消費電力がかかります。風通しの良い場所に設置することや、専用カバーをかけることで節約につなげることができます。
 (31693)

また、こまめにフィルターを掃除しましょう。このフィルターを掃除して綺麗にしておくことでかなり違います。1か月に一度は綺麗にしておくと年間で料金も抑えることができますし、エアコン自体の使用寿命を長くさせることができます。エアコンの設定にも注目してみましょう。節約の部分を考えると、設定温度は弱という考えが多いと考えますが、自動に設定しておくことで、室温が適温になれば微風になります。ついでに設定する温度も考えましょう。1度あげれば10パーセントは節約できます。

夏場の設定温度は28度くらいにしておきましょう。さらに冷蔵庫などの大型電化製品の温度設定も変えておくことで節電に繋がります。設定温度を強から弱にしておくと電気代の節電になります。冷蔵庫は常に詰め込みすぎないで綺麗にしておくようにすることで、弱でも十分冷やすことが可能です。また、冷蔵庫はできるだけ壁側に設置することを避けましょう。あまり壁につけて設置してしまうと、接地面が熱をもってしまい電力が多くかかってしまいます。節約していくには、さまざまな方法がありますが、手軽にできる設定温度の見直しなどはすぐに始められます。
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

電力自由化に変化、各家庭合ったプラン・節電

電力自由化に変化、各家庭合ったプラン・節電

電力自由化が2016年に開始されると家庭でも電気の契約先を自由に選べるようになり、 電力小売りの全面自由化が始まる、それで私達の生活にどんなことが起こるのか? 全面自由化による新勢力や、ネガワット取引・スマートメーター、 そして、電気料金プランの変化など。
スナフキン | 424 view
意外と電気を使うドライヤーの節約方法

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

ドライヤーが消費する電力は、意外にも大きいものです。髪を乾かす時間が長ければ長いほど電気代もかかります。できるだけドライヤーの電気代を抑える方法で毎日使っていきたいものです。
E-akiko | 58 view
一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしでは、それほど電気代もかからないものと考えられます。その中で節約することができればさらに生活にゆとりが出ます。特に冬場や夏場などには一人暮らしでもエアコンを使用することで電気代はかかりますので、節約はしていきましょう。
E-akiko | 44 view
夏場にかかる電気料の節約

夏場にかかる電気料の節約

電気代の節約は日常的に行うことで、年間を通してかなり節約できます。また、夏などエアコンを使う時期には、電気料金も多くかかってしまいます。上手に節約術を使い電気代の節約をしていきましょう。
E-akiko | 17 view
テレビの電気代を節約する意外な方法

テレビの電気代を節約する意外な方法

電気料にかかわるものとして、テレビがあります。毎日テレビを見る人、頻繁には見ないが電気料は気になる人とさまざまいるものです。節約方法はどのようなものがあるのかみていきましょう。
E-akiko | 72 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-akiko E-akiko

おすすめの記事

今注目の記事