2016年1月21日 更新

お鍋を保温すれば節ガスに!ひと手間加えて簡単おいしい煮込み料理!

寒い冬はおでんなどの煮込み料理が人気ですよね。でも熱にかけ続けるとガス代がもったいない・・・そこで、手軽に保温鍋調理ができるアイテムや方法をまとめました!

お鍋を上手に保温するコツその1 保温調理カバーを使う

お鍋が沸騰したらかぶせて保温する保温調理カバーはポピュラーな保温料理アイテムとして人気です。楽天などのネットショッピングサイトで検索すると、様々な保温アイテムが出てきますし、手作りする方もいらっしゃいます。保温調理カバーは値段も手ごろで使わない時はコンパクトに折りたためて収納できるので便利ですね。

【楽天市場】ほっとクック 保温調理カバー ほっとクックリーフ・000000 921846/【送料込】:グムグム堂

2,256
ほっとクック 保温調理カバー ほっとクックリーフ・000000/【送料込】。ほっとクック 保温調理カバー ほっとクックリーフ・000000 921846/【送料込】
まりこのレシピ-鍋帽子の作り方

まりこのレシピ-鍋帽子の作り方

故郷の伯母さんに「鍋帽子」を教えてもらい作りました。
それは、熱した調理途中の鍋にすっぽりかぶせ、
保温したまま調理を継続できる綿入れ布団のようなものです。
作ってみて、そのすごい保温力に驚きました。
ことこと煮るような料理がほおっておけばできます。
この時代、究極のエコで、毎日使用し、楽しんで調理しています。
この優れもの「鍋帽子」の作り方を紹介します。

お鍋を上手に保温するコツその2 魔法瓶タイプの保温鍋を使う

加熱した内鍋を保温容器にセットして使うまほうびんの仕組みを利用した保温鍋も人気ですね。少し高価な買い物ですが、光熱費などを加味して考えれば元はすぐ取れると思いますよ。

Amazon.co.jp: TIGER まほうなべ ブランルージュ 3.0L NFH-A300-RJ: ホーム&キッチン

13,800
Amazon.co.jp: TIGER まほうなべ ブランルージュ 3.0L NFH-A300-RJ: ホーム&キッチン
調理に長時間必要な煮込み料理や炊飯まで色々な料理が出来ます。

例えばカレーなどは朝に材料を大切りで水で入れて(ジャガイモなどは丸ごとです)、煮立ったら魔法鍋へ入れて夕方帰れば、素材の芯まで蕩けそうに…。後はルーを入れて完成です。

加熱時間は短いので光熱費はかなり割安になります。

また、加熱後は保温鍋に移すために、コンロは1つ空くので他の料理も作りやすくなります!

工夫次第で色々な料理ができます。

同じような構造でサーモス社製の”シャトルシェフ”があり、同じレシピが使えるので調理本なども各種を書店で見つけることが出来るでしょう。

購入時の注意点としては、本品は”大は小を兼ねない”ということです。

容器の中の空気の量が多いと冷めてしまうのも速いので、調理器具の容量と同じ量の料理を作ることがベストです。

我が家では用途に応じて2種類のサイズを使い分けていますが、家族の人数量にピッタリのサイズの物を購入することをお勧めします。

お鍋を上手に保温するコツその3 段ボール&新聞紙

お金をかけずにすぐできる保温料理がコレ!思っていたよりも保温効果があってビックリしました!
ダンボールと新聞紙で保温調理器

ダンボールと新聞紙で保温調理器

この季節にとっても役立ってるのが、ダンボール箱と古新聞を使った保温調理器。
博士鍋とか市販品もあるけど、値が張るのがちょっと…、という方にお奨めです。
【作り方】
・鍋が十分ゆとりを持って入るダンボール箱と古新聞(かなり沢山)を用意します。
・古新聞全紙1~2枚をギュッと堅いお団子状にしっかり丸めダンボール箱の底に1列ぎっしり並べす。
・その上に鍋を置いて、箱と鍋の隙間に丸めた新聞紙をしっかり詰めていきます。
 今度は新聞の大きさを加減して、すきま無くきっちり埋まるようにして下さい。 
 新聞紙を固めて鍋の鋳型を取る感じです。
・新聞紙が鍋をすっぽり包むようにしっかり詰まったら、鍋をそっと抜き出して出来上がり。 
 鍋を抜き出しても新聞の鋳型が崩れないように、しっかり上手く詰めて下さい。
【使い方】
カレー、シチュー、おでん、味噌用大豆など煮込み料理にピッタリ。
・鍋に材料を入れて火にかけ、沸騰したら吹きこぼれない程度に火を弱めて更に10~20分煮込みます
 (時間は材料によるので、いろいろ試して調整して下さい)。
・鍋に蓋をして火を止め、保温調理器に移します(鋳型にすっぽりはめ込む。火傷しないように!)。
・箱と鍋の上を古毛布、バスタオルなどできっちり覆ってそのまま数時間。
 私は汚れないように、鍋を厚めの新聞でしっかり覆ってから毛布を掛けてます。
 その上にネコを載せると完璧。
・食べる前に再び火にかけて出来上がり。 カレーなどはこの時ルーをを加えるといいですが、
 おでんは始めから調味料を入れておきます。 そうすると味が良くしみます。

お鍋を上手に保温するコツその4 発砲スチロール&タオル

発泡スチロールの保温は有効

発泡スチロールの保温は有効

まずは、家で使っているソースパンでも土鍋でも何でもOKです。
材料を入れて、味をつけて煮ましょう。
沸騰してきたら、発砲スチロールに古くなったバスタオルを敷き
鍋を入れます。
タオルで包んでスチロールの蓋をします。
時間は急ぎで10分~20分でOKです。
冬なら朝煮込んでそのままスチロールの箱に入れ夕方まで放置でも大丈夫です。(夏場はしないでね。)
夕食前に温めれば美味しく完成です。
甘酒の作り方〜板麹を使って : 家庭料理の簡単レシピ♪佐藤家の食卓 (27831)

タオルの代わりに、使い古した毛布でもOKです。
いかがでしょうか?専用の鍋を購入しなくても、自宅ですぐ手に入る段ボールや発泡スチロールでもできるのは知りませんでした!ぜひ一度試してみたいですね!
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

炊飯器の利用を減らして電気代を節約しよう! 冷凍ごはん活用術

炊飯器の利用を減らして電気代を節約しよう! 冷凍ごはん活用術

炊飯器はあると非常に便利ですが、そのまま保温すると結局もう一度炊飯したのと同じだけの電気代がかかってしまいます。蓋を開ければすぐにご飯が食べられるのはいいけれど、これでは電気代が嵩んで仕方ないですよね。そこで、炊いたご飯の上手な冷凍の仕方と、アレンジレシピについてリサーチしてみました。ぜひ、参考にしてみてください。
misoji37 | 668 view
電気を沢山使っていると言われる<電子レンジ>しっかり節電を考えて利用しましょう!

電気を沢山使っていると言われる<電子レンジ>しっかり節電を考えて利用しましょう!

料理をしていると気になるのは電子レンジの電気代。最近は電子レンジで簡単に調理できるものや、料理レシピが増えてきて、電子レンジを使う事が多くなりました。節電を考えて使いたいですね。
denden | 383 view
ボリューム満点で美味しい!鶏胸肉の簡単節約レシピ

ボリューム満点で美味しい!鶏胸肉の簡単節約レシピ

安くてヘルシーな鶏胸肉は節約料理の強い味方ですよね。鶏胸肉は、ボリューム満点のメインにはもちろん、副菜にも使えて、アレンジがたくさんありますよ。仕事から帰ってきて疲れていても簡単に作れちゃう、美味しい鶏胸肉レシピをまとめてみました。
マスカット | 197 view
調味料でアレンジ!具沢山スープとパスタ・ご飯のレシピ

調味料でアレンジ!具沢山スープとパスタ・ご飯のレシピ

自炊して食費を浮かせたいけど、忙しくて毎日料理したりレシピを考えるのは難しいと思っている方!シンプルな具沢山スープとパスタやご飯があれば、調味料で味を変えるだけで、毎日美味しく節約料理が楽しめますよ。
マスカット | 87 view
忙しいママにおすすめ!冷凍食品を使った節約メニュー♪

忙しいママにおすすめ!冷凍食品を使った節約メニュー♪

現代のママは共働きも多く、仕事に育児に家事にと何かと忙しいですよね・・・。家事の中でも大変なのが食事作り。そこで今回、冷凍食品を使った簡単で節約できるレシピをご紹介します!ぜひ参考にしてみてください。
ゆるこ | 150 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

msyhyr msyhyr

おすすめの記事

今注目の記事