2015年12月25日 更新

業務用スーパーで食費節約!

消費税アップによるしわ寄せがあちこちに・・・。少しでも切り詰めたいですよね。そんな時は業務用スーパーを上手に使うと、食費が大幅に節約できるんですよ!

業務用スーパーを上手に使って食費節約!

 (21090)

これから又消費税が増税されますよね。それに伴い給料や収入が増えればいいのですが、現実は中々。

どこかを切り詰めなくてはと思っている人も多いです。

業務用スーパーは、食材が大量なのでその分単価が安いのです。それを利用して食費節約をしてみま

しょう!

業務用スーパーとは?

 (21092)

業務スーパーを含む業務用スーパー全般の特徴となりますが、業務用のため一つのパッケージの単位が大きく、包装もシンプルなものが多いのが特徴。そのような理由からも単価が安くなっています。

また、飲食店などですぐに使えるように調理済みのものや、半調理の食材なども多く、一般のスーパーではあまり見かけないものなどもあります。
なぜ業務用スーパーはこれほど安く販売できるんでしょう。

それもそのはず。売られている商品がすべて「業務用」の特大サイズ。商品1つの単位が通常よりも大きく、包装もシンプルなものばかりなので梱包費が劇的に安く抑えられているのが理由なんだそうです。

商品には「パッケージ料金」が上乗せされているのは知っていましたが、これだけ価格に差があると、結構あなどれない金額なのかもしれませんね。。

業務用スーパーの魅力1:冷凍食品がとにかく安い

 (21095)

毎日のお弁当作りはもちろん、手軽に料理の幅を広げるのに最適な冷凍食品。しかしスーパーで買うとなかなかの値段になってしまいますよね。冷凍食品を買うにしてもセールのとき、割引の日しか買わない、という方も多いのではないでしょうか。

業務用スーパーにはとにかくたくさんの冷凍食品が並んでいます。
冷凍野菜

ブロッコリーをはじめ、様々な冷凍野菜がありますが、業務用スーパーはとにかくボリュームが凄い!1kg単位で販売されていることも珍しくありません。冷凍野菜はあらかじめ凍っているので、必要な分だけとりわけて利用でき、余った分はそのまま冷凍しておけば次回まで保存が効きます。個人的におすすめなのが野菜ミックス。色々な野菜がすでにカットされていて、あとは料理に使うだけ、という状態ですので、野菜炒めからスープ、彼にも使える万能商品です。

業務用スーパーの魅力2:おすすめはパスタと小麦粉

 (21098)

まず、パスタはおすすめです。
5kgで700~800円です。100円ショップの安いパスタでも500グラム100円ですよね。業務用スーパーなら500グラムあたり70~80円で購入できるわけです。
さらに業務用スーパーではパスタの種類も豊富で、一般的なスパゲティだけでなくスパゲッティーニ、フェデリーニといったさまざまな太さのものが揃っています。またショートパスタでもペンネ、ファルファッレ(リボン型)、コンキリエ(巻貝型)などさまざまな種類があります。
特に食費がピンチ!というときにはパスタは重宝しますし、パスタの種類が豊富にあれば飽きにくいと思います。

また、小麦粉もおすすめです。
薄力粉、中力粉、強力粉いずれも、スーパーで買うよりも安い場合が多いです。

業務用スーパーの魅力3:カット野菜で賢く節約

 (21099)

一袋の分量が多い

業務用のカット野菜は、一袋分の量が多いです。

一般的なスーパーで売られているカット野菜が一袋約100~250gの所、業務用スーパーのカット野菜は500g~1kgと倍以上の内容量が入っています。

そして値段は一般的なスーパーのカット野菜と、そう変わりません。
その為、業務用スーパーのカット野菜を買った方が、コストパフォーマンスが高く、節約になると言えます。
業務用スーパーのカット野菜を使うコツ

業務用スーパーのカット野菜を無駄なく、お得に使うコツをまとめました。
調理済みのカット野菜で、時短と光熱費節約

業務用スーパーのカット野菜には、玉ねぎをカットしてアメ色になるまで炒めた「オニオンソテー」や、カット後油で素揚げした「揚げなす」など、調理済みの商品もあります。

ハンバーグを作る為、みじん切りにした玉ねぎを炒めていると30分から一時間以上かかります。

オニオンソテーを使えば、ひき肉と調味料を混ぜ合わせるだけでハンバーグのタネが作れるので、時短にもなり、炒める分の光熱費と時間がかなり節約できます

業務用スーパーの魅力4:大きめサイズの調味料がお得

 (21100)

1Lサイズの容器に入ったドレッシング・焼肉のたれ・ポン酢など、調味料もコスパは高いです。また、ナンプラーなど、ちょっと怪しげな海外の調味料もたくさんありますよ。

業務用スーパーは、まとめ買いして冷凍保存が基本

 (21097)

業務用スーパーで買い物をする場合は、業務用の大きなサイズの商品が多いので、すぐに使わない場合は冷凍保存しておくのがおすすめです。

冷凍保存の方法ですが、まず冷凍肉は、そのまま冷凍してしまうと使いづらいので、少し解凍してから1回分の量に分けて、小分けにしてラップにくるんでから冷凍保存するようにしましょう。ちなみに、ラップだけでは乾燥しやすくなってしまうので、ラップでくるんだ上でさらに密閉容器やフリージングバッグに入れて保存することで乾燥やニオイうつりを防げますよ。

ハムやベーコンなどの加工肉も冷凍がおすすめです。
こちらも小分け冷凍することで使い勝手が良くなりますよ。

原産地や品質も確認する

実際に自分の口に入れるものですから、カット野菜の品質は確認すべきです。

野菜の生産地は国産以外にも、中国産やベルギー産、ベトナム産なども入ってきます。

冷凍食品は賞味期限が書かれていないことが多いですが、長期間冷凍されているものは味や栄養価がかなり落ちてしまいます。

パッケージに加工日が書かれている場合は、それを参考にしながら、なるべく新しいものを選びましょう。またカチコチに冷えている物は、品質的に安全です。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

調味料でアレンジ!具沢山スープとパスタ・ご飯のレシピ

調味料でアレンジ!具沢山スープとパスタ・ご飯のレシピ

自炊して食費を浮かせたいけど、忙しくて毎日料理したりレシピを考えるのは難しいと思っている方!シンプルな具沢山スープとパスタやご飯があれば、調味料で味を変えるだけで、毎日美味しく節約料理が楽しめますよ。
マスカット | 486 view
食費節約!賢い買物術を知ろう!

食費節約!賢い買物術を知ろう!

食費を抑える買い物のポイントをご存知ですか?食費を節約している主婦の方の買い物術をまとめてみました。明日からの買い物の参考にいかがですか?
hana06 | 994 view
無駄遣いを無くして、賢く買い物節約術

無駄遣いを無くして、賢く買い物節約術

食費は家計の支出の中でも大きな金額を占めています。毎日の生活に欠かせないものなので、賢く手軽に節約して家計の負担を軽くしたいですね。
reorururara01 | 442 view
やっぱり食費の見直しが1番節約になる...。食費削減の基本と美味しい節約レシピ付き。

やっぱり食費の見直しが1番節約になる...。食費削減の基本と美味しい節約レシピ付き。

減らしちゃいけないと思っても、やっぱり手っ取り早く節約できるのって、食費なんです。健康的に食費を浮かすにはどうしたらいいのか、調べて考えてみました。
ママ太 | 454 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

akari akari

おすすめの記事

今注目の記事