2016年1月6日 更新

電力節約で家計を上手く生計しよう!節約は最大の味方!

電力を節約することによって、大幅に家計が助けられます。しかし、その方法を知らない方は非常に多いです。節約方法をぜひ理解して活用しましょう!

現在の日本は、消費税率アップや地球温暖化による作物の減少など様々な危険にさらされております。
そんな世の中で上手く生き抜く方法として、電気代節約が欠かせません。
けれど、夏には冷房・冬には暖房は必須ですよね。
そんな便利なものを気にせず使っていくためには、日々の節約が大切なのです!
 (23982)

電気代を節約する方法とは?

時間帯割引契約を活用しよう!

あなたが電力会社と契約している方法は、おそらく「従量電灯」という契約方法だ。どの時間に使っても、電気代は同じというプランである。

あなたや家族が昼にあまり家にいないのであれば、「時間帯割引契約」を強くオススメする。

夜10時(11時)~朝8時(7時)までの電気代を70%~80%OFFにする代わりに、その他の時間帯は約30%ほど高くなるという割引である。
電気代を劇的に節約する7つの方法まとめ (23986)

冷蔵庫は一日つけっぱなしでも大丈夫!?

日中はほとんど家にいない人でも、常に使用している家電が1つあります。それは冷蔵庫です。つまり、日中16時間の間、冷蔵庫は1.2倍の電気代がかかるわけなんですが、心配いりません。

通常の契約で、仮に冷蔵庫の電気代が1時間10円だったとしましょう。すると1日で240円かかることになります。

これが時間帯別点灯だと、日中16時間は1時間12円、夜8時間は4円なので、1日で224円! なんと16円お安くなるんです。なので「冷蔵庫を消さなきゃ」なんて変な気を回す必要はありません。
このように時間帯割引契約を使えば、一人暮らしの方でも安心して電気代を節約できるのですね!
これを知らない人は損をしています。
もう一度自分の契約プランを見直し、無駄な出費を減らしましょう!

電気の大元を断って、待機電力を減らそう!

夏や冬は電気代が月2万円を超えるサラリーマン家庭も多いはずです。
独身の方でも計画的に電気を節約していかなければ、月1万円を超えているかもしれませんね。

さて誰でも実践可能な電気代の節約を考え場合、真っ先に取り組むべきことは待機電力の削減です。
まずは待機電力の詳しい仕組みからご説明していきますので、そこからどのような答えが導き出せるのかを確認していきましょう。
電化製品を使わない時は、電源コードをコンセントから抜くことが大切です。
またスイッチ付き節電タップが販売されていますので、コンセントごと電源を落としてしまう方法も考えられるでしょう。

意識して取り組んでいけば、月々の電気代の10%から30%を削減できるでしょう。

待機電力を0円にすることは不可能です。
なぜなら家の中には常に稼働している電化製品もあるからです。
例えば冷蔵庫は電源を落とすことが難しい製品だと言えるでしょう。
待機電力をカットしたら本当に節約になるのかやってみました | マネーの達人 (23993)

待機電力をカットしたらこんなにも節約?

前半2日間 待機電力を意識せずに生活⇒14.1kWh使用
後半2日間 待機電力をカットして生活⇒12kWh使用

待機電力をカットして過ごすと、2日間で2.1kWhの節電になったことがわかります。1日あたりに換算すると、1.05kWhです。

これを1か月(30日間)に換算すると、31.5kWhの節電になるという結果に!

1kWhあたり25円で計算しますと、787円の節約になりました。
コンセントの大元を断つだけでこんなにも節約できるとは、思いもしませんでしたね。
おそらく多くの方が気にせず放置していることでしょう。
これを知った方は、ぜひ良い情報として頭に入れておき、実践していきましょう!

電気代の夜間割引を活用しよう!

昼間留守が多くどちらかというと夜型の家庭などにおすすめなのが、夜間割引サービス(深夜電力)です。
このサービスのことを時間帯別電灯といい深夜電力を使えば使うほど割安になります。
時間帯は夜11時~朝7時までなど様々なプランがあり電力会社により異なります、割引率も約70%割引前後が多くうまく活用すれば節約効果がかなりあります。
しかし、その時間帯以外の電気代は若干割り増しとなりますので各電力会社に問い合わせてみてください。
夜に電力を多く使用する方や昼間家にはいない方にはおすすめです。
またエコキュート(夜間蓄熱式機器)や食器洗機等を夜間使用するように設定することで安い電気代での使用が可能となり節約になります
その節約術今は時代遅れかも!「コンセントを抜く節約術」のリスク|トピックスファロー (23999)

このように、あまり知られていない節約術がまだたくさんあるのですね。
知らないことは非常に損!とばかりにご紹介させていただきましたが、どうでしたか?
もしも、良い情報をと思われた方はぜひ実践して、日々の生活を上手く節約してください。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

家計を助ける最大の強み!節約料理ここにあり!

家計を助ける最大の強み!節約料理ここにあり!

家計を助けるのは他でもないこの節約料理にあります!そして、この節約料理の数々を手にするだけで、あらゆる知識を身に付けることが出来ます。上手に活用して、充実した節約ライフを送りましょう!
じょんくん | 582 view
家電製品を上手く活用して節約術アップを図ろう!買い替え時期も大事!

家電製品を上手く活用して節約術アップを図ろう!買い替え時期も大事!

家電製品にはそれぞれ消費電力や寿命が違ってくるのです。 それを理解すれば、この家電製品を使うときはあまり時間を使わないように…ということも考えられるでしょう! それではその方法や内容をご紹介しましょう。
じょんくん | 275 view
 電力自由化の節電あれこれ!

 電力自由化の節電あれこれ!

電力自由化に向けて、節電やメリットデメリットについて紹介していきます!!
スナフキン | 845 view
電力自由化で家計も安心!

電力自由化で家計も安心!

電力自由化で電気会社やケータイ会社などさまざまな企業がお得な価格のプランを提示する意向を示してきています。何をポイントにどのようにどのプランを選べばいいのかが分かれば家計にやさしく節約上手になるかもしれません。
スナフキン | 355 view
【ガス自由化】家計節約への効果と影響をまとめました

【ガス自由化】家計節約への効果と影響をまとめました

最近電気の自由化が発表されましたが、ガスも自由化します。自由化の内容や、自由化になったら家計の節約に効果が出るかまとめてみました。
tantoto2000 | 546 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょんくん じょんくん