2016年8月15日 更新

【新規参入】ヤマダ電機が「ヤマダのでんき」をスタート!?

これまで家電業界でしのぎを削っていたヤマダ電機ですが、「ヤマダのでんき」と称して電気事業にも参入してきました。家電業界と電機業界という切っても切れない二つの業界をまたにかけることで、ヤマダは何を狙いとしているのでしょうか?

ヤマダ電機が電力自由化に参戦!

ヤマダ電機と言えば皆さんもご存知の通り家電量販店としては最大手の会社です。
今や各地に勢力を拡大し、近くには必ず店舗がある、という方もいらっしゃることでしょう。

ヤマダウェブコム | ヤマダ電機の公式通販サイト

ヤマダウェブコム | ヤマダ電機の公式通販サイト
ヤマダ電機の通販サイト。全国展開ならではの豊富な品揃え、配送ネットワークで暮らしをサポート。店舗在庫をネットで確認、お近くの店舗で受取り、社員による即日・翌日お届け、プロの設置工事、安心の長期保証などのサービスが満載です。
ヤマダ電機 - Wikipedia (30320)

2002年に当時トップだったコジマを抜いて家電量販店国内最大手となり、2005年2月には、専門量販店としては日本で初めて売上高1兆円を達成している。2005年7月29日、最後まで未出店だった徳島県で徳島藍住店を開店させ、家電量販店で初の全都道府県進出を果たした。2006年度には、家電量販業界内売上規模の2割を占めている[2]。2008年3月にコジマが島根県に出店するまでは全都道府県に出店している唯一の家電量販店チェーンだった。
そんなヤマダ電機が電力自由化にあわせて電気事業にも参入してきました。
その名も「ヤマダのでんき」だそうです。
ヤマダ電機とHTBエナジーが業務提携、「ヤマダのでんき」で電力供給|節電コラム|電気料金の比較は株式会社新電力|お得な電気料金プランを3分で診断!電気代を節約! (30318)

ヤマダ電機は5月19日、新電力会社「HTBエナジー」(長崎県佐世保市)と、電力小売事業で業務提携する契約を締結した。
6月15日から始める電力小売サービス「ヤマダのでんき」で、HTBエナジーが電力を供給する。
HTBエナジーは、テーマパークを運営するハウステンボス(長崎県佐世保市)の子会社で、2015年8月からハウステンボスに電力供給を開始した。
現在は全国で1万件を超える契約者に低圧電力を供給する。
電力小売の全面自由化が始まった2016年4月からは、一般家庭や小規模事業者向けの電力小売業に新規参入。
電力自由化のメリットを多くの人に提供したいという思惑がヤマダ電機と一致し、今回の業務提携が実現した。
家電業界と電気事業という切っても切り離せない両者にまたがって運営を続けることを決めたヤマダですが、いかなる戦略で顧客を獲得しようとしているのでしょうか?

料金プランは従来と一緒?

電力自由化にあたって期待されていることは競争によって電気料金が値下げされることです。
ですが、「ヤマダのでんき」は従来の料金と同様の設定をしているようですね。
ヤマダ電機が家庭向けに電気の販売を開始!「ヤマダのでんき」特徴はポイント還元! (30328)

区分 単位 ヤマダのでんき東京プラン・従量電灯B料金(税込) 東京電力・従量電灯B料金(税込)
基本料金
10A 1契約 280円80銭 280円80銭
15A 421円20銭 421円20銭
20A 561円60銭 561円60銭
30A 842円40銭 842円40銭
40A 1123円20銭 1123円20銭
50A 1404円00銭 1404円00銭
60A 1684円80銭 1684円80銭

セールスポイントはポイント還元?

ではヤマダが電気自由化にあたってウリとしていることは何なのでしょうか?
そもそもヤマダ電機にはポイントサービスがあるのはご存知の方も多いことでしょう。
買い物をすればポイントがたまって、たまったポイントは家電の購入に充てることができます。
そのポイントが電気料金の使用額にあわせて還元されるようですね。
 (30330)

では「ヤマダのでんき」と契約した際のメリットはというと、電気料金に応じたポイント還元があることだ。具体的には、1ヵ月あたりの電気代が5000円未満の場合は2%、5000円から8000円未満は4%、8000円以上は6%のポイントがもらえる。1ヵ月6000円の電気代なら4%の240円、1万円の電気代であれば6%の600円のポイントがもらえる。

 ただし「ヤマダのでんき」でもらえるポイントは期間限定ポイントのため、有効期間を過ぎると失効となるので注意が必要だ。

 また、「ヤマダのでんき」では7月31日までに契約した先着5万名に500ポイントを進呈するキャンペーンを実施中だ。
キャンペーンの詳細はホームページなどでも出ているようです。
先着なので速めに申し込んでおきたいところですね。
 (30333)

・お手続きは かんたん!

ヤマダのでんきへのお申し込みはとっても簡単。まずはウェブからお申し込みください。
現在ご契約されている電力会社への手続きは、ヤマダのでんきが行います。
また、切り替えのための費用や工事は発生しません。
※お申込みについて、ご不明な点がありましたら「ヤマダのでんき」お客様サポートセンターまでご連絡ください。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《お得なポイントサービス》東京電力の料金プランとサービス

《お得なポイントサービス》東京電力の料金プランとサービス

東京電力は電力自由化にともない電気料金プランを新しく設定しています。家庭のライフスタイルに合わせたプランが多いのが魅力です。そして、電気代の支払いで貰えるポイントもお得感がいっぱいとなっています。どんなサービスがあるのでしょうか?
komeoka | 139 view
【東北電力】は様々なプランと「よりそうeネット」で勝負!

【東北電力】は様々なプランと「よりそうeネット」で勝負!

電力自由化に伴って、これまでシェアを独占していた電力会社は一転競争を生き残らなければならなくなりました。そんな中、サービスを充実させることで顧客流出を防ごうとしているのが「東北電力」です。新たに打ち出した「よりそうeネット」はいかなるサービスなのでしょうか?
page | 151 view
北海道電力の料金プラン【種類が豊富】ポイントサービス

北海道電力の料金プラン【種類が豊富】ポイントサービス

電力の小売り自由化に伴い、「北海道電力」ではいろいろなサービスを始めています。実際、どういった料金プランがあるのでしょうか?また、気になるポイントサービスとは?今回は北海道電力の魅力に迫ろうと思います。
komeoka | 112 view
【新規】HISと連携している【HTBエナジー】の特徴!

【新規】HISと連携している【HTBエナジー】の特徴!

旅行会社でおなじみのHISは、このたび子会社のHTBエナジーと協力して電力自由化事業に参入することになりました。そこで、サービスの内容やプラン、旅行にお得なポイントなどはあるのかなどをご紹介しようと思います。
page | 95 view
【静岡ガス】SHIZGASでんきの料金プランを徹底解説!

【静岡ガス】SHIZGASでんきの料金プランを徹底解説!

東京ガスや大阪ガスが電力事業に参入していることが話題になっていますが、もちろん参入しているガス会社はその二つだけではありません。静岡ガスがこのたび「SHIZGASでんき」と銘打って電力事業に参入してきたのです。特徴を探りましょう。
page | 50 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

page page
電力ドットコム


おすすめの記事

今注目の記事