2015年12月15日 更新

《当選確率アップの秘訣》こんな生活あるの?!懸賞で楽しく節約しませんか?

節約するのももちろんだけど、まだまだ何かを切り詰めたい・・・懸賞で生活できるのかな?なんて思ったことありませんか?

長く続けることが節約の鍵。

懸賞はがき - Google 検索 (16420)

当選しなければご褒美はもらえませんが、ただ我慢するだけの「節約生活」とは違い、どきどきわくわく感は倍増します。
長く続けることが大切な「節約生活」です。自分でいろんなイベントを作って楽しみませんか?
節約生活で大切なのは続けるということです。

それでも節約ばかりではストレスがたまってしまいます。

そんなときお勧めなのが懸賞です。はがき代が発生するので当選確率によっては節約にならない?

と思われがちですが、最近ではネットで応募できることも多いのではがき代の節約にもなります。

懸賞に当たるのは運だけではない。

スーパーや商品のパッケージ、インターネットなど、私たちの身近な場所には懸賞情報があふれていますが、そうそう当たるものじゃないのよね~と思いつつも、買わなきゃ当たらない宝くじと同じように、応募しなきゃ当たらないのが懸賞。でも、そこは宝くじと違い、ただ闇雲に応募しまくれば当たるという「運」だけのものでもないようです。

懸賞応募のコツ

懸賞の情報源は、ネット、店頭、口コミの3つです。
様々なツール(テレビ、新聞、雑誌など)のプレゼント欄は必ずチェックしよう
懸賞はがき - Google 検索 (16422)

スーパーや図書館は、懸賞の宝庫!必ずチェックしよう

スーパーの食品売り場は、懸賞情報収集には最適な場所です。応募用紙は、レジ横やサービスカウンター近辺にまとめて掲示してあることが多いです。見逃さないで!
応募に必要な「マーク」や「バーコード」を日頃から集めておこう

★★マークを5枚集めて応募しよう!といった「クローズド懸賞」は集めるまでに時間がかかることが多いですよね。
また、締め切りも何回かに分かれている場合が多く、初回の応募数はかなり少ないと予想できます。事前に集めておいて1回目に応募することで、当たる確率をグンとUPさせることができます。

当選確率が高い懸賞。

懸賞はがき - Google 検索 (16424)

ネットは、大手から個人運営の小さな懸賞サイトまで、幅広く情報収集をしますが、更新頻度が高いサイトは要チェックとのこと。
店頭にキャンペーンはがきやポップもなく、対象商品に応募マークやシールも貼られていない…というような、本当に知る人も知るニッチな懸賞もあります。こういうものはそのスーパーのウェブサイトに小さく告知が載っていたりするそうで、ウェブサイトを見た人だけが知ることができるものですから非常に当選確率も高くなります。
「私は日常的にバーコードや応募マークなどを切り取って保管しているんです。切り取ったものはメーカーや商品ごとに分類してファイリング。そうしておけば、懸賞が始まったことを知ってから応募券を慌てて集めるより素早く応募ができ、無駄な買い物をしなくて済みます。」
「全国区のものより、地域限定のほうが応募総数が少ないぶん、確率が上がります。雑誌に載っている懸賞なら女性誌よりも男性誌のほうが確率が高いです。
 あと、誰でも応募できるオープン懸賞より、応募するのにハードルがあるクローズド懸賞(対象商品を購入し、商品についている応募券やバーコードを集めた人のみが応募できる懸賞)のほうが当たりやすいですね」

当たりやすい?!はがきの書き方。

懸賞はがき - Google 検索 (16423)

主催側の立場に立ってみる

懸賞
感想もきちんと書いて当選確率UP
自分が懸賞の主催者だったら、どんな人を当選させるか。そんなことをちょっと考えながら応募するというのも当選確率を上げるコツの一つとのこと。例えば応募はがきやフォームに「ご意見をお寄せ下さい」というような欄がある場合。
懸賞はがき - Google 検索 (16421)

「はがきは、筆ペンで縦書きにしています。読みやすいようにシンプルに丁寧に書いてますね。コメントもひと言入れるようにしていて、1~2行に短くまとめて『自分が当たったら〇〇します』というように具体的に書くようにしています。テレビ番組の懸賞なら、『セット変わりましたね』など、毎回見ていることをさりげなくコメントに加えるといいみたいです」
長場さんいわく、「気に入らない点」や「不満な点」を正直に書いた方が良いとのこと。

企業が求めているのは、その商品やサービスがよりよくなるための改善点です。そういった「次につながるような言葉・感想」こそ企業にとっては価値あるものに映るので、嘘偽りなく、自分の思ったことを率直に書くことが当選確率を高めてくれます!


また普通はがきで応募する場合も、自分でコメント欄を作って、感想・意見を書いておいた方が良いとのこと
懸賞はがき - Google 検索 (16419)

こういった海外旅行の懸賞の類は、ぜっかく当選してもキャンセルしてしまう人が非常に多いとのこと。主催者からすると、ドタキャンさせるのは非常に困った事態なので、できるだけ旅行にきてもらえる人を当選させたいという心理が働きます。

で、そんな主催者側に対して、「自分は行けます!」というアピールの手法として有効なのが、はがきの余白のところにパスポートの有効期限を書いておくことなわけです。

ネット懸賞の当たるポイント。

ネット懸賞をする際、応募する時間帯を朝7~8時にする。
そして3つ目のテクニックは、ネット懸賞に関するもの。

長場さんいわく、ネット懸賞は応募するタイミング・時間帯を変えるだけで、当選する確率が高まるとのこと。

それは、ネット懸賞の抽選システムが大きく関係しています。

すべてのネット懸賞がそうではないものの、1時間区切りで当選者を決定しているシステムがあり、これを採用しているネット懸賞なら、朝の7~8時に応募すると当たりやすくなります。
これは意外でした!!!

ネット懸賞では当たる確立を上げるポイントなんてないと思っていましたが、応募時間に

コツがあったなんて・・・。驚きです。

懸賞の達人が教える“懸賞術”

1.まずは「懸賞」に興味を持つ!
なにはともあれまずは興味をもたなくては始めることができません。
2.懸賞に応募するための臨戦態勢は常に作っておく!!
「空き箱でもいいので「具」はここに入れる箱をつくる。ペン、ハガキ、切手、のり、テープ、修正テープ、はさみ、応募に必要なマークやレシートなどを入れ、すぐに応募できる臨戦態勢を作っておくことです」
3.スーパーやコンビニでは、応募ハガキを欠かさずチェック!!
「商品を購入して応募する懸賞(クローズド懸賞)はスーパーやコンビニの店頭に専用応募ハガキまたは商品パッケージの懸賞告知を要チェック」。
4.メルマガに登録していち早く情報を手に入れろ!!
最近では、メールマガジンに登録しておけばいち早くキャンペーン情報が届きます。ネット懸賞は、企業のキャンペーンサイトから応募すれば安全・安心です。有名企業は常時10以上のキャンペーンを実施しています」
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《7割以上が感じるメリット》年末年始の飲み会の幹事をするといいことがある!

《7割以上が感じるメリット》年末年始の飲み会の幹事をするといいことがある!

これからの時期、新年会に忘年会・お花見な送迎会など飲み会が続きますよね。 そんなときあなたは幹事を引き受けますか? 面倒くさい・ありえない!と即断る前に少し考えて見ましょう。 実は幹事になるメリットはいっぱいあるのです。
sawaco | 375 view
こんなにお得なの?株主優待って思ったよりもすごい!

こんなにお得なの?株主優待って思ったよりもすごい!

株主優待とは、『うちの会社の株を保有してくれてありがとう!』という気持ちをこめて、企業が株主に対して送るものです。それがいま定期預金よりも利率がいいと人気なんです。家計の助けになるような優待もあるんです。
sawaco | 809 view
公共料金の支払方法は何にしてますか?もちろんクレジットカードでしょ!

公共料金の支払方法は何にしてますか?もちろんクレジットカードでしょ!

毎月毎月支払いのある公共料金。1つ1つ見るとそんなに大きな金額ではないかもしれませんが、水道代・電気代・ガス代・電話代すべてあわせるとかなりの金額になります。支払方法は何にしていますか?絶対確認するべきです。
sawaco | 598 view
《年に2回の楽しみ?》家計の節約ができる人のボーナスの使い方。

《年に2回の楽しみ?》家計の節約ができる人のボーナスの使い方。

この時期、気になるのはボーナスです。皆さんはどのように使うのでしょう。それも気になりますよね。節約の上手な方はボーナスの使い方も上手なんです。
sawaco | 596 view
どの会社・保険がいいの?生命保険を節約する方法ありますか?

どの会社・保険がいいの?生命保険を節約する方法ありますか?

生命保険会社ってたくさんある上に取り扱っている商品もかなりの数があります。自分自身にぴったりな保険を選ぶのは至難です。でも生命保険にかかるお金ってマイホームの次に大きいのです。節約できるでしょうか。
sawaco | 357 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

sawaco sawaco

おすすめの記事

今注目の記事