2015年11月17日 更新

カーボンヒーターはエアコンのように空気を汚さないけれど、節電効果は?

エアコンを使わずにカーボンヒーターの方が空気が汚れないからとカーボンヒーターで冬を過ごしたら、物凄く電気代が高くなってしまったりもします。その反面カーボンヒーターはお得と言う人もいます。どっちが正しい?

エアコン嫌いな人にとってはカーボンヒーターは、寒い冬に使いたいと思う暖房機器のひとつだと思います。エアコンから吹き出る風とホコリは耐えられないですから。もっと消費電力が小さく、部屋の隅々まで暖かくなるカーボンヒーターがあるといいですね。

カーボンヒーターを使うメリット

 (7264)

カーボンヒーターは従来のハロゲンヒーター等より、少ない電気で温まりやすいという特徴があります。 カーボンヒーターは遠赤外線で温めるため、熱の届く範囲が他電気ストーブよりも広いんです。

それに、ヒーター部分が即効で暖かくなるため、温める場所が限定されており、すぐに暖めたいという場合には最適です。 後は他の電気ストーブとも共通しますが、空気を汚さないというメリットもあります。

オススメはカーボンヒーター

 (7265)

カーボンヒーターとハロゲンヒーターの大きな違いは発熱体です。ハロゲンヒータの発熱体はハロゲンランプの光ですが、カーボンヒーターは炭素繊維が発熱体です。この植物性炭素繊維の赤外線放射量は、ハロゲンヒーターの約2倍。なので、体の芯までよく暖まり、暖まった体は冷えにくくなるという効果があります。


暖まり方が約2倍ということは、同性能程度のハロゲンヒーターと比較した場合、消費電力は1/2で済むということになります。一般的なハロゲンヒーターは強1000W前後なのに対し、同性能程度のカーボンヒーターは強600W~500W程度。消費電力はぐっと少ないのですが、遠赤効果はより強く、体の芯までしっかりと暖まります。具体的な電気代を見てみると、600W(強)で約13.8円/1時間、300W(弱)で約6.9円/1時間となっています。(1kwh=23円で計算)

活躍してくれる暖房器具

 (7267)

カーボンヒーターは、フィラメントに植物性炭素繊維を使用していますので、リサイクルも可能で環境にも優しい製品。形もスリムで軽量なものがほとんどなので、手軽に使用できてオフシーズンの収納場所もとりませんし、本体のお値段もハロゲンヒーターなどとほぼ変わりません。

部屋全体を暖める用途としては向きませんが、お一人の時の暖房に、足元などのスポット暖房に、また補助的な暖房として、かなり活躍してくれる暖房器具です。電気ストーブは電気代高いから…と倦厭されていた方もいかがでしょうか。

電気代が一番安い暖房器具はどれ?

 (7269)

「エアコン」「電気ストーブ」「セラミックファンヒーター」「カーボンヒーター」をそれぞれ1時間ずつ使用した際の電気代を以下に比べました。

・エアコンの暖房を1時間使用した場合 電気代は3円~38円

・電気ストーブを1時間使用した電気代 電気代は25.65円

・セラミックファンヒーターを1時間使用した電気代 電気代は13.73円~30.31円

・カーボンヒーターを1時間使用した電気代 電気代は11.65円/23.31円

それぞれを適切な場所で使うことで電気代は節約できる

 (7276)

それぞれの暖房器具を用途に合わせて(ピンポイントで暖めたいのか、空間全体を暖めたいのか)使用することで、無駄な電気代をかけることなく節約できます。

また、「セラミックファンヒーター」や「カーボンヒーター」は、温風や消費電力を調節できるタイプのものを選ぶと、寒さに合わせて無駄なく使い分けることができ、さらに電気代を節約できます。

長い時間暖房を使う場合

 (7271)

・最初にカーボンヒーターをつける  ・部屋が多少温まってきたら、エアコンに切り替える   

この時、エアコンは自動運転にしておきましょう。 なぜなら、自動運転にしておくと、設定温度まで室温を一気にあげようとするため、電気をたくさん使う時間を短くすることができるためです。

カーボンヒーターの電気代について

 (7272)

23円/Kwh(1000Wの器具を1時間使うと23円)です。400Wなので、一時間約10円弱です。赤外線の発生量で見た場合。カーボンヒーターは電気ストーブの倍です。

400Wのカーボンヒーターは800Wの電気ストーブ相当の赤外線を出します!という意味です。そこで、400Wも電気代使うなら、エアコン(7疊用、七時間連続で使えば70円、一時間10円で部屋ごと暖かい)使った方が良いよ

カーボンヒーターの長所・短所

 (7273)

・局所的にすぐに温めることができ、比較的広い範囲まで温める
・ハロゲンヒーター等と比べると電気代は安い
・ただし、長い時間使えばエアコンより割高

質問|カーボンヒーターはエアコンより電気代がかかるの?

 (7274)

私は電気代の計算というのは1時間当たり1000Wでだいたい24円くらい? だと思っていたので、このカーボンヒーターも1時間つけっぱなしにしても だいたい4円~7円程度だと思っていたのですが、今日父に、 カーボンヒーターを含む電熱管?のものは一気に電圧を上げて暖めるから つけっぱなしにすると電気代がかかる、エアコンのほうが安く済む、 と言われました。

これは本当でしょうか? 電気代の計算は単純にワット数を基準にするのだと思っていたのですが、 暖房器具の性質自体が電力量に関係するのでしょうか。

答え

どちらが高い、安いの比較をする時は、同じ結果を得るためという前提で比較しないと何の意味もありません。あなたが足元を暖めるだけであればカーボンヒーターの方が安くすみますし、部屋全体を暖めるのであればエアコンの方が安くすむでしょう。

なお、スイッチを入れたばかりの電気ヒーターの発熱体は抵抗値が少ないため電流が大きく流れると断定するのは間違いです。発熱体の性質によっては逆のものもありますし、そうならないように制御している製品もたくさんあります。

通常時でも比較的大きな電流を流す電気ヒーターの場合、電流がさらに流れすぎればブレーカーが落ちる危険があるわけで、それを考慮しないで作られるている製品はそうはありません。
また暖房というのは熱をどう人間が感じるかという側面もありますので、効率や発熱量ですべての優劣が決まるものではありません。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

寒い冬にだって扇風機をエアコンと一緒に使って節電を心がけましょう!

寒い冬にだって扇風機をエアコンと一緒に使って節電を心がけましょう!

寒い冬だからと言ってエアコンだけで部屋を温かくしてしまうのは電気代がもったいないですね。扇風機を使って温かい空気を混ぜるだけで部屋の中はもっと温かくなりますよ。
denden | 3,307 view
【〇〇するのはNG?!】意外なエアコン節約術まとめ【賢い使い方】

【〇〇するのはNG?!】意外なエアコン節約術まとめ【賢い使い方】

お部屋の温度を快適に保ってくれるエアコンですが、使いすぎると電気代が気になりますよね!でも、エアコンは使い方次第で簡単に電気代を節約できちゃうのをご存じですか?今回、今日から実践したくなる目からウロコの節約術をまとめました♡
Jill-Jill | 109 view
《節電》オイルヒーターとエアコン。どっちがお得??

《節電》オイルヒーターとエアコン。どっちがお得??

冬を快適に暖かく過ごしたい!!でも電気代は気になる・・・。オイルヒーターとエアコンどっちがいいのでしょう。
sawaco | 794 view
最近エアコンを使わずに寒い冬を過ごす人が増えてきました。ものすごく電気代を節約できます。

最近エアコンを使わずに寒い冬を過ごす人が増えてきました。ものすごく電気代を節約できます。

エアコンから吹き付けるホコリを舞い上げる暖かい空気が嫌になりエアコンを使わなくなった人も多いようです。エアコンを利用しなくてもそれなりに生活はできるようです。
denden | 5,731 view
冬場のエアコン暖房を上手に使って節電しましょう

冬場のエアコン暖房を上手に使って節電しましょう

冬にエアコンの暖房で部屋を暖めている人も多いでしょう。実は冷房よりも暖房のほうが電気代への影響が大きいです。上手な節電法を学びましょう。
loveandjoy117 | 3,375 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

denden denden