2017年3月8日 更新

一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしでは、それほど電気代もかからないものと考えられます。その中で節約することができればさらに生活にゆとりが出ます。特に冬場や夏場などには一人暮らしでもエアコンを使用することで電気代はかかりますので、節約はしていきましょう。

■電気料金プランを考える

 (32505)

一人暮らしでも電気会社を利用しています。提供されている電気料金のプランも、さまざまな内容がありますので、節約を考えるのでしたら一人暮らしでもそのプランを自分にあったものにすることで節約になります。昼間は常に不在だということであれば、夜得のようなプランにすることで、昼間の電気料金は若干かがりますがよく使う夜の電気料金は安くなりますので、お得ですし節約になります。一人暮らしの場合は、その人以外は誰も家の中にいないことになりますので、自分が電気を良く使う時間帯などに重点をおいたプランに切り替えて設定することで、電気代の節約ができます。

■必要最低限のものだけを置く

 (32506)

一人暮らしでは必要な電化製品だけを置くようにしましょう。特に頻繁には使わないと案が得るものは置かないようにします。電気代を節約するにはこの方法が一番早くて簡単です。また、個々の電化製品の容量や機能などもしっかり確認して購入するようにしましょう。一人で使うものなのに、容量がある冷蔵庫を購入したりあらゆる機能がついた電子レンジを購入する必要はありません。冷蔵庫の場合は、小さめのものを使い設定温度も常に弱にしておきましょう。

食材も一人分で済みますので、中に入れるものが少なくてすみます。温度を低く設定することで、電気代の節約になります。テレビについては、リサイクルや友人や知り合いから譲り受けたものは、できるだけ使うのをやめましょう。初期費用はかかりますが、省エネタイプのテレビなど液晶も小さいもので十分です。このように新品なもので液晶の大小を考えていくと使う電気も少なく抑えることができます。あまり古いものを使うと、電気の消耗が激しくなり結果的に節約ではなく無駄な電気をつかってしまいます。さらにエアコンも一人で過ごす場合は、設定温度を高めにしておきます。大人数でいれば人の体温で熱くかんじるものですが、一人ではそう感じることはあまりありません。

設定温度を高くすることで、かなり節電になりますし支払料金にも違いがでます。さらに、冬場は、エアコンよりもこたつを使うことでかなり節約できます。こたつは元々それほど電気代はかからないものですので、少し寒いようでしたら一枚服をきるなどの対応をすれば電気代の節約に大きくつながっていきます。

■自炊についての節約

 (32507)

一人暮らしをしていても自炊はします。炊飯器をつかったご飯を炊いたあとは、保温機能は使わないで、小分けにして冷蔵庫に入れましょう。そしてその日のうちに食べきることです。面倒だからと言って余分に炊いてしまうとそのお米がなくなるまで保温しておく必要がありますが、1日に食べきれる分だけ炊くようにしていけば電気代の節約になります。また省エネ機能が付いている電化製品はたくさんありますので、機能付きの物を選ぶことで自然と節約ができます。

一人で暮らしていれば冷蔵庫などの開閉も家族でいる時よりもかなり少なくなります。しかしさらに開閉を減らすことで電気代の節約になります。何を冷蔵庫に入れてあるのか、紙などに書いたものを扉に貼っておけば取り出すときに悩まず時間もかからず開閉ができます。

■電化製品の節約

 (32508)

さまざまな電化製品を一人暮らしでも必要となります。例えばパソコンは起動するときにかなりの電気を消耗します。使い始めて一度休止するときには、省エネモードにしておくことです。テレビやパソコンもそうですが、画面の明るさは一番明るいものではなく少し暗めに設定することで節電につながります。また、掃除に関しても一人暮らしではそれほど汚れることもないと考えると、掃除機をつかうよりも雑巾や粘着ローラーを使って掃除すれば電気代は一切かかりません。

床は雑巾で拭き、カーペットやベッドなども粘着ローラーを使ってホコリやごみをとれば節約になります。また、掃除機を使う時には一気に部屋の掃除をしてしまいましょう。電源を入れたり切ったりすることで電気代がかかりますし、掃除機内の紙パックもゴミが詰まった状態で使うことで、余計な電気料がかかってしまいます。掃除機の排気が弱くなることで熱がこもりますので、掃除機の故障にもつながります。

■一人暮らしではより節約を

 (32509)

一人だからあまり電気代は使わないと言っていても、結構余計な電気を使っているものです。一度周辺機器を見回してみるのも良いでしょう。必要最低限の電化製品を使うことで余分な電気の消耗をなくすことができます。また、電気料金のプランについても利用度が多い時間帯に安くなるプランに切り替えることで、さらに電気代の節約ができます。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一人暮らしだからこそ『節約』できる!豆知識7選♪

一人暮らしだからこそ『節約』できる!豆知識7選♪

完璧な自由を満喫できる一人暮らし。ですが、たとえ自由が満喫できても、金欠状態の生活ほど惨めなモノはありません。そこで今回は、限られた収入で快適な生活を送る為の節約術について特集してみました。誰もが簡単に実践できて、今日から始められる豆知識が盛り沢山ですよ♪
ぽんた0313 | 17 view
意外と電気を使うドライヤーの節約方法

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

ドライヤーが消費する電力は、意外にも大きいものです。髪を乾かす時間が長ければ長いほど電気代もかかります。できるだけドライヤーの電気代を抑える方法で毎日使っていきたいものです。
E-akiko | 44 view
夏場にかかる電気料の節約

夏場にかかる電気料の節約

電気代の節約は日常的に行うことで、年間を通してかなり節約できます。また、夏などエアコンを使う時期には、電気料金も多くかかってしまいます。上手に節約術を使い電気代の節約をしていきましょう。
E-akiko | 13 view
テレビの電気代を節約する意外な方法

テレビの電気代を節約する意外な方法

電気料にかかわるものとして、テレビがあります。毎日テレビを見る人、頻繁には見ないが電気料は気になる人とさまざまいるものです。節約方法はどのようなものがあるのかみていきましょう。
E-akiko | 56 view
掃除機にかかる電気代を節約する方法

掃除機にかかる電気代を節約する方法

毎日の掃除や、週末にまとめて行う掃除で便利な掃除機。掃除機を使えば必ずかかってくるものが電気料金です。毎日使うとどのくらい電気代がかかるのでしょう。節約しながら綺麗にする方法がいくつかあります。
E-akiko | 30 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-akiko E-akiko