2015年12月30日 更新

家電の予約機能を使って上手に節約

時間帯や季節によって、プランごとに電気料金が違うことはご存知でしょうか?同じ電気量を使うにも、お得な時間帯に使えば節電に!電気自由化の前に、上手に移動できる家電をチェックしてみましょう。

まずは契約プランの把握から

ご契約プランによっては、料金の異なる電気代。安い時間帯に上手に消費できるものを増やせば、お得なことは明らかです。まずは契約中のプランを確認しましょう。

料金メニュー・節電&節約手法のご紹介|電気料金・各種お手続き|東京電力

料金メニュー・節電&節約手法のご紹介|電気料金・各種お手続き|東京電力

ピークシフトとピークカット

「ピークカット」とは、電力需要のピークにあたる時間帯の電力消費を低くおさえること。また「ピークシフト」とは、夜間など比較的電力需要の少ない時間帯に、電気を使用する時間を移動したり蓄熱すること。
 (22324)

日中のピーク需要を減らすことは、二酸化炭素排出量の多い石油火力発電所の電力を減らすことにつながります。地球温暖化対策という観点から重要な取り組みといえます。
 (22337)

固定概念をリセットすることも大切です。ピークシフト・ピークカットを元に考えてみると、意外に電気消費時間帯を移動できるものがあります。

時間帯移動で節約の代表選手エコキュート

 (22327)

エコキュートは基本的に、(ガスよりも安くなる)安い夜間電力を使い夜間のうちにお湯を沸かしておき、そのお湯をタンク内に貯めておくことで日中に安くお湯を使えるしくみとなっています。

取り入れたい消費時間帯移動の発想

 (22330)

電気代の節約にもなり、ピーク時間帯を避けてエコに役立つエコキュート。しかし、導入にはコストがかかりますので、手軽に取り入れる・・・のは難しいですね。
参考にしたいのは、この消費時間帯を、上手に移動するという発想。自分のライフスタイルの中で、取り入れられる部分がないか、確認していきましょう。

時間帯を移動できるor出来ない 家電ごとにチェック

 (22331)

予約機能を使って、使用時間帯をずらす事ができる家電をチェックしてみましょう。チェックするおすすめの方法は、数日、家電の電源を入れたタイミングで、その家電の消費電力時間をずらせるか、改めて考えてみる事です。

見直しは「生活の流れから」ではなく家電一つ一つからがポイント

 (22333)

総計の1位は「使ってない機能があり宝の持ち腐れ」で30%、2位は「面倒で使わなくなってしまった」で25%、3位は「期待していた効果が実感できなかった」と「すぐに壊れた、壊した」が同率で24%でした。
どんどん便利になる家電ですが、同時に、全ての家電について機能を活かすというのが難しくなってきています。そのため、知らなかった機能があってもおかしくないのです。電源を入れるとき、一つの家電にスポットを当てて、チェック。ライフスタイルと照らし合わせて考えることで、節約ポイントが見つかります。予約機能・タイマー機能の有無を確認しながら、進めていきましょう。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈暖房器具〉どれとどれを組み合わせるのが効果的?

〈暖房器具〉どれとどれを組み合わせるのが効果的?

暖房器具にはそれぞれ特性があります。 こたつだけでは、出ると寒くなってしまったり、オイルヒーターだと温まるまで時間がかかってしまったり。 そんなときに効率よく、効果的に部屋を暖めてさらに節電につながることもあるんです。
sawaco | 7,417 view
寒い冬を乗り越えよう!体を効果的に暖めるなら首もとがポイント。

寒い冬を乗り越えよう!体を効果的に暖めるなら首もとがポイント。

首を暖めることで効果的に体全体が暖かくなるんですね。 これさえわかっていればエアコンの設定をすこし下げても体全体は暖かく過ごせますし 電気代の節約になるんです。
sawaco | 1,185 view
一人暮らしだからこそできる!必見の節約方法とは?

一人暮らしだからこそできる!必見の節約方法とは?

これから春に向けて、一人暮らしの準備をする方も多いのではないでしょうか? 初めて一人暮らしをするときに心配なのが、お金の面ですよね。 そこで、一人暮らしだからこそできる節約法をまとめてみました。
yuzurino | 606 view
電力自由化前に知っておくべきことは?

電力自由化前に知っておくべきことは?

いよいよ今年の4月から始まる電力自由化。電力会社の選択に役立つちょいネタをご紹介。賢く選んで電気代を節約しましょう!
hana06 | 824 view
電力節約で家計を上手く生計しよう!節約は最大の味方!

電力節約で家計を上手く生計しよう!節約は最大の味方!

電力を節約することによって、大幅に家計が助けられます。しかし、その方法を知らない方は非常に多いです。節約方法をぜひ理解して活用しましょう!
じょんくん | 350 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ネコノマ ネコノマ

おすすめの記事

今注目の記事