2017年3月7日 更新

アパートでは電力自由化のメリットは受けられるのか 

最近はどのご家庭でも、インターネットを行っているご家庭が多く、各種のネット回線のプロバイダをご契約の事でしょう。アパートは、基本的に賃貸契約結んでいる借家と同じですので、電力の自由化によって新規倹約の電気会社のメリットを受けられます。ご心配なのは、電力会社を変える事による工事の問題と思いますが、それまで電力が供給されていたのであれば何ら問題無く、基本的に電気メーターを付け替えるだけで、新料金体制に移行する事ができるのです。

■アパートでも電力自由化の恩恵は受けられる!

 (32316)

ご自宅でネット回線をお持ちの方は、一通りプロバイダー契約の過程をご存知の事と思いますが、同様に新電力会社は従来の電力会社の回線を使用しますので、特に工事を行うような事はありません。乗り換えにあたっては、従来の電気メーターからスマートメーターへの交換だけで済みますので、工事自体は簡単なものとお考え下さい。

基本的に普通の賃貸契約を結ばれている方は、大家さんや管理会社に申し出る事無く、新電力事業者に乗り換える事ができます。また、退出時にも元に戻すことなく、そのまま退去可能ですので、特に問題が起きる事も無いでしょう。ただし、乗り換えが可能な例も中にあり、例えば大家さんや管理会社が、建物自体に電力会社との契約を結んでる場合がこれにあたります。

これはマンションなどの集合住宅同様に、一括受電契約を行っている場合で、こうした契約を行っている物件では、入居者が個人的に自由に電力会社を選ぶことができませんので要注意です。ただし、一概に損をしているとは言い切れなくて、個別に新電力会社と契約を結ぶよりも、安く上がっている可能性もあります。
 (32315)

■アパートにより大家や管理会社の矯正もあり!

 (32317)

電力自由化に伴い、借家であっても一定の条件があれば、新電力に乗り換える事ができますが、昔ながらのアパートでは大家さんが家賃と共に、電気料金などの光熱費を一括して徴収している場合があります。こうした賃貸物件では、大家さんの考えで運営されていますので、個人的に住居者が乗り換えるということは出来ません。また、逆に強制的に電力会社を変えられる事もありますが、従来よりも安くなるのであれば問題なく、独自の判断に任せるしかないでしょう。

また、建物が管理会社の所有であった場合に、その管理会社自身が新規に新電力会社となり、各家庭の電気会社の変更を促す場合も考えられます。こうした場合には法的な拘束力はなく、法律上は大家や管理会社の指示に従う義務は無いとされているのですが、契約条項に強制できる条文がある場合にはこの限りではない事と言えます。現時点では契約事項に、こうした強制する文はありませんが、今後こうした条文が契約内容に盛り込まれる可能性もあるでしょう。

■電力自由化を見直す場合の一括受電問題について

 (32318)

マンションなどの集合住宅では、2005年より高圧一括受電契約を行っている場合が多く、一足先に電気料金の引き下げの恩恵を受けてきました。しかし、電力の自由化に伴い選択肢も増えてきた為に、あちらこちらでも問題が起こっている事もあるのです。

集合住宅では管理組合が、集合住宅自体に一括して電力会社との高圧一括受電契約を行い、個別に新電力会社によるサービスが受けられないとあって、住民に不満が溜まっている事もあります。元々契約当初は管理組合の決議で決められていたはずですが、ここにきて個人に相違が現れて来たようで、管理会社に反発する住民も多く見かけ、中には相互の間で提訴が行われれうという事態もなっており、国会でも取り上げられました。

しかし実際の話、一括受電は契約期間が決まっており、一旦契約が行われてしまうと、10年間は契約を解除することは出来ません。仮に住民の意向が尊重されたとしても、契約が切れるまでの間は、そのまま高圧一括受電契約が引き続き行われるのが通例です。しかし、一括受電にもメリットは多く、各世帯の電気代が安くなるほか、ガス代や水道代などの光熱費全体を安価に提供する管理会社も多く見受けられます。

■アパート全体で節約を積極的に取りくんでいこう

 (32319)

電力自由化に伴って、一番の懸念が従来まで原子力発電で賄っていた、総電力量の30%を超える電力源です。現在は、そのほとんどが石油や石炭といった化石燃料に、天然ガスやシェールガスといった、二酸化炭素を産み出す燃料ばかりに頼る事になっています。また、自然エネルギーとされる再生可能エネルギーは、風力発電や太陽光発電に地熱発電、水力発電やバイオマスなどの発電は、気候や環境に頼るところが多く、安定した供給が得られていないのが現実です。

火力発電は現在、総発電量のおよそ90%近くを賄っていおり、そのほとんどが輸入に頼りっきりなのです。化石燃料やガスなどは埋蔵量も限られており、原油価格の上昇や為替の相場一つで乱高下していきますし、折角の自由化が制定されても、これらの値段の上昇による値上げは避ける事が出来ないわけです。その為に、大事な事は電気使用量を極力控えた行動が必要であり、私たちの行動いかんでは原料の値下げにも貢献する事ができるでしょう。最近のアパート経営でも、多くなりつつある太陽光発電ですが、こうしたエネルギーが増える事により、安定した電力供給が可能になります。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【電力自由化を利用】固定費はこうやって節約しよう

【電力自由化を利用】固定費はこうやって節約しよう

毎月かかる固定費。 少しでも節約できれば生活も楽になると思います。 節約を行って行くためには、電力自由化を利用するといいのが調べていて分かりましたので紹介します。 その他にも利用方法次第で固定費を節約していくことができそうです。
しまむら | 40 view
2016年から始まった個人向けの電力自由化 

2016年から始まった個人向けの電力自由化 

1995年より段階的に電力自由化が行われてきましたが、1999年と2005年に行われて来た法律の改正により自由化されたのは、ほとんどが企業や法人向けの特別高圧区分や高圧区分のみでした。しかし、2016年からはこの枠組みが解放され、低圧区分の個人でもその恩恵に預かれるようになってきました。これらの区分は、使用する電力契約の違いで、家庭用は一般的に50A以下の低圧区分にされています。また発電システムを導入する事で個人でも売電などの電気の売買ができるようにもなったのです。
E-nakamu | 15 view
電力自由化にともなう適正な契約期間の存在

電力自由化にともなう適正な契約期間の存在

電力自由化に伴い、新規の電力会社にお乗り換えの方も多いと思いますが、契約先が誰でもわかるような大手であれば問題ありませんが、あまり名前の知れ渡っていないような電力会社であるならば、注意も必要になってきます。実際に新規電力会社を語った詐欺なども発生していますので、こうした場合はその業者が、正規の事業者であるかの確認も必要となって来るでしょう。小売電気事業者が、電気事業法に基づき登録されている事業者かどうかを確認するには、資源エネルギー庁のHPで公表しています。
E-nakamu | 9 view
電力自由化とインターネットのクラウドを利用した利用法

電力自由化とインターネットのクラウドを利用した利用法

現在ではインターネットが普及し、通信方法も以前よりかなりの変化をしています。電話などが最たるもので、これまで電波通信で行っていたものが、インターネットによる音声送信や画像送信などの普及で、プロバイダー契約によってインターネットに繋がる環境であれば、どこからでも無料でテレビ電話も可能な世の中になってきました。また、これまでの電話機能とは別に、ソーシャルネットワーキングサービスの普及で、あらゆる情報が短時間で発信収集できるという利点があります。
E-nakamu | 9 view
電力自由化の恩恵と価格の関連性

電力自由化の恩恵と価格の関連性

現在電力自由化によって、電気料金価格の実質的な引き下げともなり、電力会社の変更を行う方も増えてきました。新電力会社には、これまでの電気を専門とした電力会社だけではなく、特定規模電気事業者とされるPPSのほかにも、都市ガスやLPガス会社を始め、石油やエネルギー関係の企業も参入しています。また、通信関連では電信電話会社やインターネット業者なども参入してきており、運輸関連や旅行会社のほかにも自治体や小売会社など、あらゆる他業種の分野からの新電力参入が相次いでいます。2017年度からはガス料金なども自由化によって変化が起こるとされていますので、見逃すことは出来ないでしょう。
E-nakamu | 10 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-nakamu E-nakamu