2016年1月14日 更新

無駄遣いを無くして、賢く買い物節約術

食費は家計の支出の中でも大きな金額を占めています。毎日の生活に欠かせないものなので、賢く手軽に節約して家計の負担を軽くしたいですね。

 (26047)

多くの方が節約のためにまず見直すものは食費です。
今日から始められますし、成果もすぐに現れやすいです。

まずは買い物に行く前に考える事

 (26058)

肉、野菜、魚、果物、、、

何を買うにしても1円でも安く買うことが節約への第一歩です。

あなたがいつも買い物するスーパーが決まっているのであれば、
そのスーパーが各食材いつ安いのか?特売日をチェックしておきましょう。
食糧費や日用雑貨、その他消耗品代を節約して出費を減らすには、安い価格で買い物することが理想です。

近所にあるスーパーやドラッグストアのチラシを見て確認をしている人も多いと思いますが、住んでいる地域で一番安いスーパーやドラッグストアで様々な品物を購入するには、折り込みチラシを相互に比較し、特売情報やタイムセールの時間・商品などをチェックしておくことがポイントです。

 最近では折り込みチラシがネットで見られるShufoo!(シュフー)というサイトもあります。
実際のチラシをPDFファイルなどで確認することができるので、新聞を購読していない人でも折り込みチラシを確認することができます。
 (26065)

まずは、買い物に出かける前に冷蔵庫の中身をチェックして、冷蔵庫にあるものを最低でも1つ使った献立を考えましょう。

たとえば、ひき肉が少量残っていたとしたら「お豆腐を買い足して麻婆豆腐にしよう」「かぼちゃを買ってそぼろあんかけにしよう」などなど。
冷蔵庫の在庫プラス1品で作れる献立を考えれば、効率よく食材を使い切っていけるはずです。
なんとなく使うだろうと買ってしまった物に限って、賞味期限が切れてしまってるって事ありますよね。
 (26075)

意外と考えている人は少ないですが、

空腹の状態でスーパーに買い物にいくと非常に危険です。

どの食材も最高に美味しそうに感じてしまいます。

パン屋さんのパンに手を伸ばしてしまうかもしれません。
お菓子やアイスを余計に買ってしまうかもしれません。
 (26085)

1週間は7日ですが、5日分だけ考えるのがツボ。5日分の食材で7日間、生き延びるというわけです。また、7日間の献立を考えるのは手間がかかりますし、きっちり決めすぎると、融通がきかないデメリットがあります。5日分なら、わりと簡単に思いつき、さらに、メインおかずだけを考えればいいのでラクチンです。
 (26090)

余分にお金があるとついつい心に油断ができますね。

その油断が、
「財布の中にはまだ余裕があるから良いだろう」
という甘えを引き起こし、
そしてそのときの気持ちの良い経験が重なって無駄な買い物の「習慣」が出来上がってしまいます。

なので1日あたりの使う金額を予め決めることが大切です。

そして1日あたりの使う金額を決めたらその金額だけ財布の中に入れるようにします。
何か予定外の出費があるかもしれないと思って、お財布に余分にお金を入れておくと無意識に気が緩んで余計な物を購入してしまう事があります。

買い物に行ったときの心得とは

 (26104)

スーパーの入り口付近には、だいたい野菜売り場がありますね。これは「スーパーマーケットの心理学」に基づいているからです。

カラフルな野菜や果物を始めにお客様に見てもらうことで、購買意欲を高めることが理由の一つ。けれども、一番の理由は、お肉やお魚など、高額なものを先にかごに入れた場合、野菜を買い控える傾向があるということなのです。

まずは何もかごに入れずに売場を1周して、その日の特売品などを見てみましょう。
そして、あらかじめ決めておいた今日のおかずにプラスして、必要な物を買い、最後に野菜コーナーに戻って、野菜や果物などを買うと良いでしょう。
 (26099)

複数のスーパーが地域にある場合は使い分けましょう。スーパーごとに、価格重視、品質重視、品揃え重視、まとめ買い応援型と様々な特徴があります。

店によって品揃え、価格、特売日が異なるのでそれぞれの自分にとってのメリットを把握しておけば、普段の買い物は一番近いAスーパー、週末は遠いけれど安いBスーパー、まとめ買いはCスーパー、と使い分けることができます。

さらには特売デーとタイムセールを把握して渡り歩けば、地域最安値でいつも買い物ができます。
スーパーはそれぞれ特徴があり、特売品も特売日も違ったりします。お気に入りのスーパーをメインにして、特売日ごとに近所にスーパーを使い分けるのも節約法の一つですね。
 (26125)

スーパーサイドからすると、
賞味期限が短い野菜や肉・魚というものは、
なんとしても賞味期限内で売りきらなければなりません。
それにも関わらず売れ残ってしまっているものが数多くあるわけです。

するとスーパーどのような作戦に出るか?というと値引きです。
10%オフや20%オフは当たり前で、

『半額!!』なんていう商品も。

確かに鮮度という意味ではちょっと他の商品に比べ落ちますが、
賞味期限内であることに違いはありませんので気にしない人にとっては食費を節約するチャンスです!

ネット通販を活用した節約法

 (26130)

インターネットの普及に伴い、ネット通販もさまざまなサイトがあります。
店舗とネット通販をうまく使い分けて節約している方も多くいらっしゃいます。
商品を探す際、「半額」や「%OFF」というキーワードで検索してみると、
半額商品や、○○%OFF商品がズラ~~~っと表示されます。
これで普段よりお得に購入できる事も!
 (26134)

ネット通販を上手に活用しましょう。おすすめなのが、ワケあり商品を探すこと。外箱がつぶれているという理由で、コスメや健康食品が半額近い値段で販売されていることもあります。中身には問題がないので上手に活用するのもよいでしょう。

また、Amazonなどのネット通販で10%程度の割引率で宅配してくれる「定期便」もお得です。私もトイレットペーパーを月1度のペースで定期購入していますが、10%オフで配送料も無料なので助かっています。配送スケジュールの変更、次回配送分や定期便をキャンセルすることもできるので便利ですよ。
 (26135)

店舗・ネット通販などをうまく活用して、賢く節約して家計の負担を少しでもラクにしていですね。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

食費をうまく抑えて、家計の節約!!

食費をうまく抑えて、家計の節約!!

家計で一番お金がかかるもの、それは食費ではないでしょうか? 買い物の仕方、食材の冷凍保存から考えてみましょう。
megu | 397 view
【食費節約】おすすめの買い物方法や基本ポイントとは?

【食費節約】おすすめの買い物方法や基本ポイントとは?

「食費をなんとか節約したいと思っているけれど、なかなか上手くいかない・・・」そんな方はとても多いのではないでしょうか。そこで今回、節約歴が数年に渡る実体験に基づいて、おすすめの食材活用方法や買い物方法についてまとめました。
bigwellmaid | 9 view
会員カードを作って食費の節約

会員カードを作って食費の節約

会員カードを作ることで、どのくらい節約できるのか、まとめてみました。
tktyan | 534 view
家計の節約の決定版!すぐに始められる食費の減らし方。

家計の節約の決定版!すぐに始められる食費の減らし方。

家計の中で一番圧迫しているのは【住】の部分ですが、住宅ローンや家賃はどうしても支出から外すわけにはいきません。ではどうすることもできないのか、というと...食費を見直すというやり方もあります。そのポイントをまとめてみました。
rinrin | 502 view
やっぱり食費の見直しが1番節約になる...。食費削減の基本と美味しい節約レシピ付き。

やっぱり食費の見直しが1番節約になる...。食費削減の基本と美味しい節約レシピ付き。

減らしちゃいけないと思っても、やっぱり手っ取り早く節約できるのって、食費なんです。健康的に食費を浮かすにはどうしたらいいのか、調べて考えてみました。
ママ太 | 330 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

reorururara01 reorururara01