2015年11月20日 更新

身体にやさしい!【オイルヒーターの節電】

オイルヒーターは、空気を汚さなず部屋を暖めるため、身体にいいと言われています。しかし、エアコンに比べて電気代がかかりすぎるなどの意見もあります。今回はオイルヒーターの節電に付いて調べました。

■身体にやさしいオイルヒーター

 (9016)

オイルヒーターは空気を汚さないので、身体にいいと言われていますし、見た目もオシャレなので、インテリアとしても素敵な暖房器具です。直接火も出ないため安全ですが、その分電気代が掛かると言われています。
節電しながら、身体にいいオイルヒーターを使いたいですよね。
今回は、オイルヒーターの節電を調べてみました。

オイルヒーターとは

 (9018)

オイルヒーターは、フィンの付いた密閉容器に難燃性の油が密閉されており、電気を流すことで内部の油が加熱され、温度が上昇したオイルがパイプ内を循環することで放熱する暖房器具です。

効率の良い放熱を促すため表面には多数の放熱フィンが取り付けられており、このフィンから放熱させるという構造を持つ、電気ヒーター暖房器具の一種です。オイルヒーター本体から放出される輻射熱によって、部屋を暖めます。

オイルヒーターの利点・メリット

 (9020)

空気が汚染されない

オイルヒーターに限らず電気暖房全般の利点でもありますが、電気暖房は燃料を燃焼させないため、空気を汚さない非常にクリーンな暖房器具です。風を発生させることがなく、ハウスダストを拡散させる心配がありません。容器内の難燃油は、密閉されているためメンテナンスする必要がなく、普段の手入れは本体表面の清掃だけです。オイルを長期間使用しても交換や補充を考える必要なく、メンテナンスフリーで使う事が可能です。
◆その他のメリット

◇駆動音がなく静か
◇新生児や高齢者の居住する部屋に最適
◇空気が乾燥しない
◇火を使わないので火事の心配がない

オイルヒータのデメリット

 (9021)

電気代が物凄くかかるということです。エアコンの数倍かかる場合もあります。
◆その他のデメリット

◇暖房効率が悪い
◇電気代が高い
◇壁のコンセントから直接使う

■オイルヒーターの電気代を節約

 (9022)

via goo.gl

窓際に置く

 (9023)

オイルヒーターはエアコンなどとは違い、自分自身が暖まる家電です。このため、オイルヒーターを設置するのは窓際がもっとも効率的です。

窓際というのは部屋の中でも外に近い場所になるため、部屋を冷やす原因となります。ここにオイルヒーターを置いておくと、外の冷気が部屋に直接伝わらなくなるため、部屋の温度が下がりにくくなります。

部屋の暖かさを維持できれば、結果的に消費電力を抑えることにつながります。

ストーブでも同じことが言えるのですが、ストーブの場合はあまり壁や窓に近づけると危ないです。オイルヒーターは別に火を焚いているわけではないのでその点は安心できるというわけですね。
冷気をさえぎる場所に置く

窓際に置くのが効果的

熱の逃げやすい窓際に置くことで、冷気の侵入を防ぎ、お部屋をムラなく暖めることができます。カーテンをひいたり、窓に市販の断熱シートを張るなどして、冷気を防ぐとより効果的です。
ストーブ設置の際には窓際に置く事が重要です。これは、ストーブは窓を背にして置くことで、部屋の奥に向かって暖房の熱が届きその暖かい空気が巡回するため暖房効果が大きくなります。

一方、窓から離れた場所に置くと、暖かい空気が窓際で冷やされてその冷えた風が室内に逆戻りするためです。これによって冬場の灯油代、電気代など燃料代節約になります。

温度設定に注意

 (9024)

オイルヒーターは、エアコンと違って部屋全体の空気をじんわりと暖める機能を持っています。エアコンのように暖かい空気を吹き出しているわけではありません。

エアコンは風があたってるところは暖かいのですが、他の部分まではなかなか暖まりません。オイルヒーターは部屋全体が暖まるというわけです(ただし時間がかかります)。

このため、体感温度はエアコンの場合よりも高めに感じます。

つまり、エアコンで設定している感覚で温度設定をすると暖めすぎになることが多いです。しかも、本当に少しずつ温度が上がるので部屋にいる本人は分かりにくいです。

外から来た人からすると物凄く暑かったりします。そもそもエアコンとは全然違う家電であることを考慮する必要があります。

必要以上に部屋を暖める必要はないので、温度設定を考えて節電しましまょう。
電力は手動で調整しましょう

オイルヒーターにはいくつか製品がありますが、設定温度でコントロールできないものもあるので、温度管理はエアコンに比べるとイマイチです。温度管理ができる機種は高いってことですね。

時間を決めて 暖める

 (9025)

計画的にON/OFF

タイマーを使ってON/OFFの時間を細かく設定することができます。オイルヒーターは、OFFにした後も暖かさがしばらく続くので、たとえば、就寝前は早めにOFFすることで節電できます

オイルヒーターの効果的な使用方法

オイルヒーターは外気が激しく入れ替わるような場所には向いておらず、消費電力が大きくなり電気代に跳ね返ります。オイルヒーターは、換気を多く必要としない「密閉された場所」に設置すると、高い暖房効果を発揮します。

オイルヒーターは、すきま風として冷気が侵入してくるような、窓の下などに設置するのが効果的です。冷気が常に侵入するような場所に設置すれば、オイルヒーター本体の暖気がエアカーテンのような役割となり、室内への冷気侵入を防ぐことができます。

すきま風のような微小な冷気の流入には効果的ですが、出入口ドアなどの近くにオイルヒーターを設置すると、開閉のたびに暖気が外部に逃げてしまい、暖房効果が薄れてしまいます。出入口の近くに設置するのは避けましょう。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エアコンの節電のためにできることってありますか?

エアコンの節電のためにできることってありますか?

各家庭に一台というのは当たり前になりつつあるエアコン。実は暖房器具として使うのもヒーターなどに比べると消費電力が低くお勧めなんです。しかしもっと節電するポイントをまとめてみました。
sawaco | 682 view
〈暖房器具〉どれとどれを組み合わせるのが効果的?

〈暖房器具〉どれとどれを組み合わせるのが効果的?

暖房器具にはそれぞれ特性があります。 こたつだけでは、出ると寒くなってしまったり、オイルヒーターだと温まるまで時間がかかってしまったり。 そんなときに効率よく、効果的に部屋を暖めてさらに節電につながることもあるんです。
sawaco | 23,621 view
《節電》オイルヒーターとエアコン。どっちがお得??

《節電》オイルヒーターとエアコン。どっちがお得??

冬を快適に暖かく過ごしたい!!でも電気代は気になる・・・。オイルヒーターとエアコンどっちがいいのでしょう。
sawaco | 1,116 view
ぬくぬくが気持ちいい!【コタツの節電方法】

ぬくぬくが気持ちいい!【コタツの節電方法】

ついついうたた寝してしまうコタツ。それだけぬくぬくして気持ちがいい暖房器具ですよね。日本の伝統文化でもあり、今では海外でも人気になっているコタツ。今回はコタツの節電方法を調べました。
akari | 626 view
上手に使って!【ホットカーペットの節電】

上手に使って!【ホットカーペットの節電】

暖かい床は身体の芯まで温めてくれますよね。ホットカーペットはその役割があって気持ちいいもの。しかし、意外と電気代がかかるんです。上手に使って暖かい冬を過したいですよね。今回はホットカーペットの節電を調べました。
akari | 3,651 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

akari akari

おすすめの記事

今注目の記事