2015年12月22日 更新

魚の煮汁をフル活用!

魚の煮汁を捨てていませんか?いい出汁も出て、活用したいと考えている人も多いのではないのでしょうか?また、魚の煮汁だけでなく野菜の煮汁にも応用できるので、是非、活用しましょう! フルに活用すれば調味料代も節約になります。そんな、活用方法を紹介します。

いい出汁を使って幸せ気分

 (19577)

だから魚の煮汁が残ったら、それを再利用し、何かに吸込ませることで、さらに一品、別につくるのは、日本では当然だ。

これは手をかけず、金もかけずに料理をつくる、家庭料理の知恵である。
魚の煮汁には、DHAやEPAなど、たくさんの血液サラサラ成分が含まれています。これらの脂肪成分は、加熱をすると魚から溶け出すため、魚の煮込み汁は栄養のたっぷりなのです。魚そのものを食べておわり…ではなく、この煮汁も上手に活用してみましょう!ジャガイモや白菜など野菜を煮込んでみたり、お湯を足してスープにしたりすると、おいしく健康的に楽しむことができます!

贅沢気分な「炒り豆腐」

色々な具が入って、料理にもいけそうです。
 (19583)

そこで吸込ませる相手を豆腐にし、「炒り豆腐」としたのである。
炒り豆腐は、空炒りした豆腐に具材と煮汁を入れてつくる。
さて魚の煮汁をつかった炒り豆腐だが、作るのはまったく簡単である。

まずは魚の煮汁だが、1カップほどの量にしておく。
もし煮汁の量が足りなければ、水を足し、味がうすければ醤油なり砂糖なりを足す。
もちろんこれは、魚の煮汁でなくっても、自分で一から、甘めの煮汁を作ってもいい。
具材は、どのような量でもよく、好きな大きさに切っておく。
小さく切れば豆腐となじむし、大きく切ればアクセントになる。
まずはフライパンを中火にかけ、油を入れずに、そのまま豆腐一丁を入れる。
ヘラでよくくずしながら、水気がほぼなくなるまで空炒りする。
そうしたら、魚の煮汁と具材を入れる。
煮汁がほぼなくなれば、完成である。
器によそい、青ねぎなどの青みをふる。

副菜におススメ「茄子と厚揚げの煮物」と、便利な調味料「魚味噌」

 (19592)

 (19593)

茄子と厚揚げの煮物と魚味噌を作ってみました。
茄子と厚揚げは煮汁にだし醤油と酒を加えて煮込むだけ、ぶり大根の残りの大根も加えてみました。

魚味噌は大匙1~3程度の煮汁に味噌と酢を加えて水分を飛ばして、最後に青葉のみじん切りを加えて完成!
これが熱々ご飯に乗せて食べると最高に美味しい!!
ゴマとかねぎとか薬味を追加しても美味しそう。
魚味噌は、おにぎりにや和え物にも使えます。応用が利くレシピです。

「サバの味噌煮の煮汁で厚揚げマーボー」味噌のダシを最大活用!

 (19596)

サバの味噌煮の煮汁で厚揚げマーボー

ミソ味はピリ辛のカレーや豆板醤と相性がばっちりです。
サバの味噌煮にこういった香辛料を加えると簡単に韓国風味の料理になります。

厚揚げ2枚を油抜きして1センチ幅に切ります。
キャベツの葉をざく切りにして、ピーマン2個を乱切りにします。

フライパンにごま油を熱して、厚揚げをこんがり炒めて、野菜を加えてさらに炒めます。
サバの味噌煮の煮汁を大さじ5杯ほど加えたら手早くかき混ぜ、塩と豆板醤を少々加えて全体をかきまぜたらできあがり
鯖の味噌煮を煮の煮汁を使うとぐっと美味しくなるので、うっとりする方も多いのではないでしょうか?

煮汁を使った王道!「おからの炒り煮」

 (19600)

おからは布袋に入れ、水を張ったボウルに入れて流水の下に置き、30分ほどさらしてから水気を固く絞る。
にんじんは4cm長さの細切りに、きくらげは水で戻してから千切りにする。しょうがも千切りにし、長ねぎは天盛り用に少量千切りにして、残りは小口切りにする。
煮魚の煮汁カップ2/3を漉して鍋に入れ、酒大さじ2、しょうが、にんじん、きくらげを入れて2~3分炒り煮にする。
油を熱した鍋で、弱火ででおからを炒りつける。さらりとしてきたら3を汁ごと入れて10分ほど炒り煮にし、味をみて塩少々で調味する。小口切りねぎを加えて2~3分炒りつけて仕上げる。
器に盛って、千切りにした長ねぎを天盛りにする。

おからは布袋に入れ、水を張ったボウルに入れて流水の下に置き、30分ほどさらしてから水気を固く絞る。
にんじんは4cm長さの細切りに、きくらげは水で戻してから千切りにする。しょうがも千切りにし、長ねぎは天盛り用に少量千切りにして、残りは小口切りにする。
煮魚の煮汁カップ2/3を漉して鍋に入れ、酒大さじ2、しょうが、にんじん、きくらげを入れて2~3分炒り煮にする。
油を熱した鍋で、弱火ででおからを炒りつける。さらりとしてきたら3を汁ごと入れて10分ほど炒り煮にし、味をみて塩少々で調味する。小口切りねぎを加えて2~3分炒りつけて仕上げる。
器に盛って、千切りにした長ねぎを天盛りにする。

煮汁は保存しておきましょう!

栄養も豊富で、うまみのたっぷり詰まったの魚の煮汁は有効活用するために、是非、冷蔵庫や冷凍庫にほぞんしておきましょう!
また、野菜の煮汁でも応用できそうですね!エコで身体にいい活用術なので、ぜひ取り入れてみてください。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

栄養いっぱい!豆の煮汁はとり続けていると健康に効果あり!

栄養いっぱい!豆の煮汁はとり続けていると健康に効果あり!

お正月にむけて、おせち料理をつくる季節になってきました。その時にできてしまった豆の煮汁は栄養が豊富そう。そういう風に感じる方に煮汁の活用を紹介していきます!栄養もとれるし、身体にもいいし、水代も節約にもなり、一石二鳥を超えるお得な気持ちになれます。
江澤縁 | 14,982 view
【貯金をしたい!】どこを節約すれば成功するの!?

【貯金をしたい!】どこを節約すれば成功するの!?

貯金をしたいと思っていても、なかなか貯められない人も多いでしょう。 ポイントは、無理のない範囲で出来るだけ使わないようにすることが大切です。 毎月どのようにお金を使っているのかを知って上手く節約し、お金を貯めましょう!
スマイル | 563 view
節約できる!生命保険の見直しするタイミングやポイントは?

節約できる!生命保険の見直しするタイミングやポイントは?

家計を圧迫している毎月の支払のひとつに「生命保険料」があります。 病気やけがをしたときの万が一に備えての生命保険ですが、見直しをすることで保険料を減らすことができれば節約ができます。 今回は、生命保険の見直しのタイミングやポイントをご紹介していきます。
sanando | 138 view
ボリューム満点で美味しい!鶏胸肉の簡単節約レシピ

ボリューム満点で美味しい!鶏胸肉の簡単節約レシピ

安くてヘルシーな鶏胸肉は節約料理の強い味方ですよね。鶏胸肉は、ボリューム満点のメインにはもちろん、副菜にも使えて、アレンジがたくさんありますよ。仕事から帰ってきて疲れていても簡単に作れちゃう、美味しい鶏胸肉レシピをまとめてみました。
マスカット | 414 view
調味料でアレンジ!具沢山スープとパスタ・ご飯のレシピ

調味料でアレンジ!具沢山スープとパスタ・ご飯のレシピ

自炊して食費を浮かせたいけど、忙しくて毎日料理したりレシピを考えるのは難しいと思っている方!シンプルな具沢山スープとパスタやご飯があれば、調味料で味を変えるだけで、毎日美味しく節約料理が楽しめますよ。
マスカット | 160 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

江澤縁 江澤縁

おすすめの記事

今注目の記事