2015年11月12日 更新

寒い冬にだって扇風機をエアコンと一緒に使って節電を心がけましょう!

寒い冬だからと言ってエアコンだけで部屋を温かくしてしまうのは電気代がもったいないですね。扇風機を使って温かい空気を混ぜるだけで部屋の中はもっと温かくなりますよ。

寒い冬はエアコンを強力に使っても、部屋の隅が寒かったり、隣の部屋が寒くて部屋から出たくない!なんて事が多くなります。そんな時は夏に活躍した扇風機をそのまま冬にも使いましょう。エアコンの設定温度を下げて扇風機を使うだけで暖かな冬を過ごせます。

扇風機の同時運転で空気循環

 (6007)

快適なフユを過ごすため暖房時には、扇風機の同時運転で空気循環。暖かい空気は天井付近にたまりがち。扇風機で風を循環させることにより、足もとまで暖かさが広がります。

上手にお部屋を暖めてエアコンの設定温度を2℃下げれば約10%の省エネになります。冬は、2℃低めに

暖かい空気は部屋の上部に溜まる

 (6008)

みなさんは、「エアコン暖房の設定温度を十分な温度に設定しているのになぜか寒く感じる」という経験はありませんか?実は、暖かい空気は部屋の上のほうに溜まり、冷たい空気は部屋の下のほうに溜まるんです。

エアコンの温度設定を十分暖かいはずの温度に設定しているのにちっとも暖かく感じないのは、部屋の上のほうに設置されているエアコンの温度センサーはエアコン周り(部屋上部)の温度を測っているからです。

扇風機を使って部屋の空気をかきまぜよう!

 (6009)

夏に大活躍だった扇風機は、冬でも大活躍です。
冬になるとエアコンやファンヒーターなどで部屋を暖めますが、それらの暖房機器で暖められた空気は、常温の空気より軽いために天井付近に溜まりがちです。ロフトなどでない限りは、床に近いところで生活するので、肝心の人がいるあたりは寒いままということになってしまいます。

実際、暖房中に手を伸ばして、天井に近いところの温度と床に近いところの温度を比べてみてください。肌で感じるくらいの温度差があるはずです。この差を温度計で計ってみると、一般的な住宅だと5~10度の温度差があるんです。普通なら床やソファに座っているとき、寒いと感じて暖房機器の設定温度を上げますが、実は天井近くには暖かい空気がたくさんあるのでエアコンやファンヒーターのエネルギーをムダに使ってしまうのです。

そこで活躍するのが扇風機です。

 (5996)

扇風機から出る風を使って天井付近にたまった暖かい空気を動かすことで、床付近の温度が低い空気をかき混ぜることができます。

これで部屋全体の温度を暖かく均一に保てるので、暖房機器の設定温度をムリに上げる必要もなくなります。暖房機器の設定温度を低くすると、エネルギー消費が抑えられて、省エネの効果が得られます。

エアコン・ヒーターの電気代と扇風機・サーキュレーターの電気代の違いはどれくらい?

 (6010)

エアコンなどの暖房器具と扇風機などをそれぞれ1時間使用した場合の電気代は以下のようになります。

・エアコン暖房| 電気代は3円~38円

・電気ストーブ|電気代は25.65円

・セラミックファンヒーター |電気代は13.73円~30.31円

・カーボンヒーター|電気代は11.65円/23.31円

・扇風機・サーキュレーター |電気代は0.7円

1年中使える? 真上に向けられる扇風機

 (6004)

真上に風を送ることができれば、冬場にサーキュレーターとして使用できる。春秋に短いオフシーズンはあるが、ほぼ1年中使用できる。

「サーキュレーターって何?」と思われた方もいるだろう。サーキュレーターは部屋の上下の温度差を解消するための送風機で、冬季の暖房効率を上げることができる。

サーキュレーターの効果を検証した際のグラフをお見せしよう。

 (6002)

この検証はエアコン(暖房)の温度設定を25度、送風を下向きにし、床から15cm(最下段)、95cm(下段)、175cm(上段)、255cm(最上段)の温度変化を計測、開始から40分経ったところでサーキュレーターを稼働している。エアコンのみでは大きかった上下の温度差が、サーキュレーターを使用することで各ポイントの温度差が小さくなったことが分かる。

扇風機とサーキュレーターって違いがあるの?

 (6011)

扇風機とサーキュレーターでは、それぞれの目的に合わせた風の起こし方が大きく違います。扇風機はみなさんもよくご存知のように、人が涼をとるための風を起こします。そのため扇風機は広範囲に幅広く風を送ります。サーキュレーターは空気を循環させることを目的としていますので、直線的で遠くまで届く風を起こします。

そのため、暖房使用時に部屋の空気を循環させることを目的とした場合は、扇風機よりもサーキュレーターのほうが効果は上がります。

扇風機もサーキュレーターも持っていない方がこれからの冬用に購入を考えている場合は、サーキュレーターがおすすめです。扇風機しか持っていない方は扇風機でも効果はありますし、扇風機もサーキュレーターも両方欲しいけれど場所をとるのが嫌という方は、サーキュレーター機能を兼ね備えた扇風機も販売されています。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カーボンヒーターはエアコンのように空気を汚さないけれど、節電効果は?

カーボンヒーターはエアコンのように空気を汚さないけれど、節電効果は?

エアコンを使わずにカーボンヒーターの方が空気が汚れないからとカーボンヒーターで冬を過ごしたら、物凄く電気代が高くなってしまったりもします。その反面カーボンヒーターはお得と言う人もいます。どっちが正しい?
denden | 1,562 view
《節電》オイルヒーターとエアコン。どっちがお得??

《節電》オイルヒーターとエアコン。どっちがお得??

冬を快適に暖かく過ごしたい!!でも電気代は気になる・・・。オイルヒーターとエアコンどっちがいいのでしょう。
sawaco | 771 view
最近エアコンを使わずに寒い冬を過ごす人が増えてきました。ものすごく電気代を節約できます。

最近エアコンを使わずに寒い冬を過ごす人が増えてきました。ものすごく電気代を節約できます。

エアコンから吹き付けるホコリを舞い上げる暖かい空気が嫌になりエアコンを使わなくなった人も多いようです。エアコンを利用しなくてもそれなりに生活はできるようです。
denden | 5,255 view
冬場のエアコン暖房を上手に使って節電しましょう

冬場のエアコン暖房を上手に使って節電しましょう

冬にエアコンの暖房で部屋を暖めている人も多いでしょう。実は冷房よりも暖房のほうが電気代への影響が大きいです。上手な節電法を学びましょう。
loveandjoy117 | 3,202 view
エアコンは使い方次第で節電できる

エアコンは使い方次第で節電できる

夏・冬になると使用頻度が多くなるのがエアコンです。 エアコンを使い出したら電気代が跳ね上がってビックリした!!という方も多いはずです。賢いエアコンの使い方をご紹介します。
reorururara01 | 1,493 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

denden denden

おすすめの記事

今注目の記事