2017年3月2日 更新

アルミホイルを用いた電気の節約法

電気の節約を簡単にする方法があります。実は台所などにあるアルミホイルを用いて簡単に電気の節約をすることが可能になります。このサイトでは誰もが実行することが出来るアルミホイルを用いた電気の節約法を紹介してきます。

■アルミホイルは光を反射します

 (31502)

アルミホイルは金属であるので光を反射する性質をもっています。この性質を使うと電気の節約が可能になってきます。光を反射する性質を活用すれば、照明器具から発せられる光を反射させて、例えばデスクやテーブルの上に集めることも可能になります。これは光の拡散を防ぐことが出来ますので、今まで使っていた電球よりも消費電力の少ない電球で十分な明るさを保つことが出来るようになりますので、電気の節約につながっていきます。照明は必要なところに必要な明るさがあることが一番重要なポイントになります。

アルミホイルはしかしながら電気を通しますので、漏電にならないように気を付けたほうがいいでしょう。漏電しているかしないかは、コンセントのところに漏電防止モニターをつけておくのがお勧めです。電気の節約のためにアルミホイルを使ったのにも関わらず、漏電によって電気の無駄使いをしては何にもなりませんので、その点は注意が必要です。またアルミホイルを証明器具に着ける際には照明器具に熱がこもらないようにする配慮も必要です。熱がこもりすぎてしまうと発火の恐れがでてきてしまい、照明器具が壊れてしまったり最悪の場合には火事になってしまうことも考えられます。

更には、従来の蛍光灯タイプの電球よりもLEDタイプの方が電気の節約になります。LEDタイプの方が発熱量も少ないので、火事の面でも安心です。更にはLEDは流す電流を変えることによって明るさを調整することも可能ですので、その時の状況に応じて電球を変えなくても明度を変えられるのでとても便利なものになります。LEDの価格は一般の蛍光灯よりも高価ですが、寿命の面を考えるとコストパフォーマンスの良い照明装置であるといえます。最近のLEDは明るさ以外に色調も変化させることが出来るようになってきていますので、バラエティに富んだ照明スタイルも可能になってきます。
 (31501)

■アルミホイルは熱を反射します。

 (31503)

全ての窓という訳にはいきませんが、一部の窓にアルミホイルを貼ってしまうことは電気の節約につながります。窓ガラスは家の外からの光を取り入れるのには非常に便利なものであるのですが、家が外部とガラス1枚で隔てられているために、窓ガラスからは大きく熱の出入りが起きてしまいます。この熱量を減らすことが出来れば、夏や冬の間の冷暖房に必要な電気量を削減できるようになってきます。

外出から帰ってきたときの夏ですと部屋の暑さを一方で冬ですと部屋の寒さを大きく解消することが可能になりますので、必然的に冷暖房費を抑えることが可能になってきます。アルミホイルに頼るのは非常に大きな効果を生みますが、冷暖房を行う際に外気との温度差を大きくしないということも電気の節約につながります。冬場ですと家の中では薄着でいるのが一番理想的かもしれませんが、少しだけ厚着をすれば、暖房の設定温度を下げることが可能になります。夏場も同様で、あまりに室内の温度を下げてしまうと体に大きなだめーいを与えてしまい、体調を崩してしまうこともあるので要注意です。電気代の節約更には健康管理両方に大きな意味を持つことになってきます。
 (31504)

■電気代を減らす工夫

 (31505)

アルミホイルを用いて電気の使用量を減らす工夫を行うのと同時に電気会社の料金体系についても検討をしてみるのは良い方法になります。電力の自由化政策がスタートして、自分で契約する電力会社をセレクション可能となっています。これまでは、電力会社間の競争がありませんでしたが、その政策のためにサービス競争が行われるようになってきています。料金体系についても、各社一様ではありません。それぞれ独自のプランが提供されています。ですから、自分の電気の使い方に対して一番経済的な電力会社をセレクション可能となっています。

国内に非常に多くの電力会社がありますので、どの電力会社が一番自分に適しているのか悩んでしまうような場合には、自分の電気の使用パターンに一番適した電力会社をアドバイスしてくれるネットサイトも存在しています。アドバイスは無料で受けることが可能となっています。

電気会社の変更については、解約料などは発生しませんし、工事費用なども請求されることもありません。申し込んだ翌月から新しい電気料金の体系の契約を円滑にスタートさせることが可能になります。

どこの家庭にもあるアルミホイルを使うと大きな電気の節約が可能となります。一方で、電力の自由化政策は、電気料金の節約につながる可能性も与えてくれています。今まで当たり前のように払ってきた電気料金を一度見直してみるのも良い方法になってくる場合があります。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

ドライヤーが消費する電力は、意外にも大きいものです。髪を乾かす時間が長ければ長いほど電気代もかかります。できるだけドライヤーの電気代を抑える方法で毎日使っていきたいものです。
E-akiko | 75 view
一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしでは、それほど電気代もかからないものと考えられます。その中で節約することができればさらに生活にゆとりが出ます。特に冬場や夏場などには一人暮らしでもエアコンを使用することで電気代はかかりますので、節約はしていきましょう。
E-akiko | 61 view
夏場にかかる電気料の節約

夏場にかかる電気料の節約

電気代の節約は日常的に行うことで、年間を通してかなり節約できます。また、夏などエアコンを使う時期には、電気料金も多くかかってしまいます。上手に節約術を使い電気代の節約をしていきましょう。
E-akiko | 19 view
テレビの電気代を節約する意外な方法

テレビの電気代を節約する意外な方法

電気料にかかわるものとして、テレビがあります。毎日テレビを見る人、頻繁には見ないが電気料は気になる人とさまざまいるものです。節約方法はどのようなものがあるのかみていきましょう。
E-akiko | 82 view
掃除機にかかる電気代を節約する方法

掃除機にかかる電気代を節約する方法

毎日の掃除や、週末にまとめて行う掃除で便利な掃除機。掃除機を使えば必ずかかってくるものが電気料金です。毎日使うとどのくらい電気代がかかるのでしょう。節約しながら綺麗にする方法がいくつかあります。
E-akiko | 40 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-akiko E-akiko

おすすめの記事

今注目の記事