2017年3月5日 更新

毎日の生活に取り入れたい省エネアイデア

毎日の生活の中で、なんとなくやってしまっている事を見直すだけでも省エネにつながります。ついうっかりやってしまう事や、分かっていても面倒だから見てみないふりをしている事はありませんか? 生活の見直しをするだけで、省エネに繋がるアイデアを紹介します。

■意外と多い付けっぱなしをなくすためにコンセントはこまめにオフ

 (31962)

見ていないのになんとなく、テレビを付けっぱなしにしてしまう事は日常生活の中でもよくある事です。テレビだけでなく、使っていない家電のスイッチが入ったままになっていないかどうか家の中を見回してみましょう。

家電を使っていなくても、コンセントを挿したままにしておくだけで、待機電力が発生しているので、微量でも電気代がかかります。冷蔵庫などスイッチを切らない方がいい家電は除きますが、それ以外で使っていない家電や電気製品のスイッチはオフ、コンセントを抜いておくだけでも、待機電力の節約になります。
 (31961)

■夏に役立つエアコンの省エネアイデア

 (31963)

地球温暖化の影響もあって、年々夏の暑さが厳しくなっていきます。夏場は多くの家庭やオフィスでほぼ1日中クーラーを使います。省エネのためにとクーラーを使わないで我慢していると、熱中症のリスクが高まるので暑い時は無理をせずクーラーを使いましょう。しかしエアコンは電気代がかかるため、つい躊躇してしまいます。でも勘違いから余計に電気代がかかる事もあるので注意が必要です。

暑い季節に快適な室温を保ちつつ、省エネもきちんと取り入れるためのアイデアを紹介します。まずクーラーの設定温度が低いほど電気代がかかるので、地球環境にも配慮するため28度が理想です。せっかくクーラーを付けていても直射日光が入り込むと室温が上がるので、ブラインドやレースの遮光カーテンを活用しましょう。部屋が暗くなるのが嫌な場合は、レースの遮光カーテンなら適度に明るいので照明を付けなくても過ごせます。

エアコンは、使っているうちにフィルターがホコリで目詰まりを起こします。フィルターが目詰まりしていると効率よく冷えないので、フィルターはこまめに洗いホコリがたまらないようにします。エアコンを設置する場所によっては、同じ部屋でも冷えるところと、冷えないところがあります。こういう時は扇風機を使いまんべんなく涼しい風が行き渡るようにすると効率よく冷えます。

もう1つクーラーでやってしまいがちなのが、1日に何度も点けたり消したりする事です。冷やしすぎないようタイマーを使う事もありますが、エアコンは起動する時に多くの電力を使うので、1日に何度も点けたり消したりするより、付けっぱなしの方が、電気代が安くなる事があります。

■意外と電気を使う電気ポットの省エネアイデア

 (31964)

電気ポットはいつでも熱いお湯が出てくるので便利ですが、家電の中でも意外と電気代がかかるのを知っていますか?使用頻度が高い場合は仕方ありませんが、あまり使わないなら、その都度お湯をわかせる小さめの電気ポットを使う方が省エネになります。夜寝ている間は、電気ポットは使いませんのでコンセントから抜いておくとかなり電気代が変わってきます。朝お湯を沸かしたい時は、必要な分だけ小さい電気ポットで沸かせばすぐに沸いて便利です。日中外出していて家にいないなら、電気ポットのコンセントを抜いておくのがおすすめです。毎回コンセントの抜き差しが面倒な場合は、節電タップを使えば待機電力を節約できます。

家庭による違いもありますが、冬に反射式のストーブや、薪ストーブを使っているなら上にやかんを乗せておけば電気ポットを使わなくてもお湯が沸かせますし、電気代の節約と、さらに適度に加湿効果がプラスされるのでメリットは多いです。

■冷蔵庫の中を整理して省エネに貢献するアイデア

 (31965)

冷蔵庫も家電の中では電力消費が多くなります。しかし常に冷やしておかないと食材が腐ってしまうので、冷蔵庫は電源を切る事ができません。冷蔵庫の使い方を見直す事で、省エネになるので、自分の家の冷蔵庫をチェックしてみましょう。冷蔵庫は設定温度が低いほどいいと思われがちですが、設定温度が低くなるほど電気代がかかります。冷蔵庫の設定温度は夏でも中、冬なら弱でも十分冷えますので、チェックしてみてください。

冷蔵庫の中は常に冷気が循環しているので、中の温度は一定です。しかし何でもかんでも詰め込みすぎると、冷気がうまく循環できず余計な電気代がかかります。買った食材を冷蔵庫に入れる時は、パックのまま突っ込むのではなく、一度ラップに包んで厚みをなくすか、同じ大きさで棚の高さより低いタッパーに入れ替え、冷気の通り道を作っておきましょう。これは冷凍庫も同じです。詰め込みすぎると電気代がかさみますし、冷蔵庫の故障の原因にもなるので注意が必要です。

食材は何でもかんでも冷蔵庫に入れてしまいがちですが、スーパーなどで買う時、常温で置いてある物は開封するまで冷蔵庫に入れなくても大丈夫です。開封後は冷蔵庫に入れますが、買う時に未開封での保存状態を確認しておくのもアイデアの1つです。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

照明器具を見直す事で省エネにつながる

照明器具を見直す事で省エネにつながる

照明といえば一般家庭はもちろんの事、オフィスや工場などあらゆるところで使われています。明るいうちは照明を使わない事もありますが、窓がない工場やあっても小窓程度しかない倉庫のような場所では、昼間から照明を使います。生活や仕事に欠かせない照明ですが、LEDに変えるだけでもかなり省エネになります。
E-nekomi | 11 view
再生可能エネルギーを活用して省エネに活かす

再生可能エネルギーを活用して省エネに活かす

省エネを考える上で、再生可能エネルギーは欠かせないでしょう。エネルギーを作る方法はいくつかありますが、現在日本ではほとんどを火力発電に頼っているため、CO2の排出をゼロにはできません。人々が暮らしていくために必要でも、地球環境には優しくありません。
E-nekomi | 14 view
省エネを考えて空気清浄機を選ぶ

省エネを考えて空気清浄機を選ぶ

空気清浄機があると室内の空気を常に清潔でクリーンに保てます。目に見えないホコリやハウスダスト、ダニや花粉やウイルスなど空気中に浮遊している邪魔なものや害のある物を吸い取り空気をきれいにしてくれます。空気清浄機を取り入れるなら、省エネを重視したタイプがおすすめです。
E-nekomi | 13 view
給湯器の使い方を見直して省エネに役立てる

給湯器の使い方を見直して省エネに役立てる

給湯器にも種類がありますが、ガス給湯器はガスだけでなく電気代もかかるため省エネには不向きとされています。給湯器の主流はガス給湯器ですが、省エネを考えた場合はどうしたらいいのでしょうか?
E-nekomi | 21 view
共同住宅で省エネに役立つ部屋の選び方

共同住宅で省エネに役立つ部屋の選び方

共同住宅といってもいろいろ種類はありますが、マンションのように1つの建物の中にいくつかの部屋があり、大勢の人が暮らす共同住宅は、戸建てに比べて省エネ対策が難しいイメージです。マンションを選ぶ時に、省エネを可能にする部屋探しのポイントを紹介します。
E-nekomi | 10 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-nekomi E-nekomi