2017年3月10日 更新

電気料金を延滞するとどうなるの?

電気料金は毎月の検診票や明細、webサービスなどの利用で確認できます。支払い方法もいくつか選択肢がありますが、1回くらい遅れてもすぐに電気が止まる事はないと、軽く考え延滞した事はありませんか?電気料金の支払いを延滞すると、延滞金が発生するので損をしてしまいます。

■電気料金の延滞をしてしまった時

 (32771)

電気料金の支払い方法はいくつか選択肢があります。自分にとって利用しやすい方法を選べますが、それでもついうっかりという事はあります。口座振替の場合は残高不足、振込用紙があるのに支払いに行く暇がなく忘れてしまう、クレジットカードで支払いをしていたがカードが利用停止になったなど、理由もそれぞれですが、どんな理由があろうとも電気料金を延滞すれば、ルール違反ですからペナルティが発生します。

中には1回くらい延滞してもすぐに電気が止まる事はないからと、延滞しているのを知っていてなかなか支払わないケースもあります。しかし回数ではなく延滞はルール違反ですから、必ず期限内に支払うもしくは、口座残高をきちんと確認しておくなど自分でもチェックが必要です。仮にわざとではなく、本当についうっかりでも電気料金を延滞すると延滞料が発生します。

■延滞はいつからカウントされる?電気料金延滞で電気が止まるのはいつ?

 (32772)

ついうっかりの場合を除いては、確信犯もいます。中には本当にうっかりしていて結果的にえんたいとなるケースもありますが、支払い期限に猶予があるので、支払日や引き落とし日の翌日か数日以内に連絡をして、電気料金を支払えば延滞扱いにはなりません。延滞扱いになるのは、検針した日から30日です。仮に支払日に間に合わなくても、猶予期間内に支払えば電気が止まる事はありません。

猶予期間を過ぎても支払いが確認できない場合は、まず催促状や送電停止予告書が郵送されてきます。本当にうっかりしている人は、ここで気づき慌てて支払いに行きますが、この時点で支払えば電気が止まる事はありません。支払い猶予期間には、検診日から数えて30日目の早収期限と、30日から50日までの遅収期限があります。ただし遅収になると延滞金が発生するので、損をします。電気が止まるまでの期間は、電力会社による違いもありますが、だいたい50日から60日となっているので、通知が来たら早めに支払う事をおすすめします。

■電気料金を滞納したら家に取立てに来るの?

 (32773)

電気料金を延滞すると、催促状や送電停止予告書が届きますが、それでも支払わない人には、送電をストップする事と、電気料金に延滞金を加算する事でペナルティを課しています。家に電力会社の人が取立てにやってくる事はありませんが、催促状や送電停止予告書が来ても電気料金を支払わず延滞し続けると、今度は最後通告書が送られてきます。内容は期日までに電気料金を支払わないと送電停止と、契約解除するという事が書かれています。

公共料金は延滞してもそう簡単には供給をストップさせないだろうと甘く考えがちですが、電気料金は公共料金の中でも延滞し続けると、かなり早い段階で送電を停止されてしまいます。こうなると一切の電力供給が止まるので、常に停電した状態となり、家電や全ての電化製品は使用できなくなります。

■電気料金滞納のリスク

無料の写真: コイン, お金, 缶, コレクション - Pixabayの無料画像 - 1156698 (32775)

電気料金を延滞しても、最終通告が来た時に支払えばいいと軽く考えていると、既に延滞金が1日につき0.03%発生していますから、遅れると遅れただけ余分に支払う事になります。電気が止まってしまっても、その時支払えば1時間ほどで電気は復旧しますが、何度も延滞を繰り返していると、延滞常習犯とみなされてしまいます。1日あたりでは大した事はないと思われますが、年利にすると10%になるので本来支払うべき金額よりもかなり多く支払わなければいけません。

電気が止まってもなんとかなると、それでも支払わない人はいます。こういう場合は引っ越してしまえばいいと逃げる事を考える人もいますが、電力会社には転居先を調べる手段があるため、転居先に通知が送られてきますし、悪質とみなされると最悪裁判に発展するケースもあります。自分が使った電気料金は必ず期日までに支払いましょう。

■クレジットカードでのリスク

 (32776)

クレジットカードで電気料金を支払っている場合、電気料金を延滞すると信用情報機関に延滞した事が記録されます。これは個人の社会的信用にも関わる事ですから、軽い気持ちで延滞してしまうと、自分自身を貶める事になります。信用情報機関に延滞した記録が残ると、それだけでもかなりイメージが悪くなります。その時はいいと考えていても、将来住宅ローンや新たにクレジットカードを作ろうとした時、ローン会社やクレジットカード会社は情報機関を照会しますので、その時点で延滞の記録があると、社会的に信用できない人とみなされ、ローン審査に落ちてしまいます。電気料金の支払いをクレジットカードにしている人は、たとえうっかりしていても、自分の信用を失う事になるので注意が必要です。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

普段より増えやすい夏季の電気料金

普段より増えやすい夏季の電気料金

夏季は家庭でもオフィスでもほとんど1日中クーラーを使います。夏季は1年の中で最も電気料金が高くなるイメージですが、実は電気料金だけで見ると、冬季の方が電気料金は高くなります。しかしクーラーが必需品となれば多少なりとも電気料金は増えていますので、うまく節約する方法を知っておくと安心です。
E-sakura | 22 view
webサービスを利用して電気料金を節約する

webサービスを利用して電気料金を節約する

毎月の電気料金は明細で確認するという人も多いと思います。しかし明細しか確認手段がないと、もっと早くに電気料金を知りたい時に不便です。こういう時はwebで電気料金や支払い方法を確認できるので、webを活用しましょう。ただし電力会社によって利用方法は異なるので、自分が利用している電力会社の確認方法を覚えておくのが便利です。
E-sakura | 17 view
インターネットと電気料金のセットプランがお得

インターネットと電気料金のセットプランがお得

インターネットを利用する時、プロバイダと契約をしますが、今はほとんどが制限なしのつなぎ放題プランです。インターネットを何時間利用しても料金は定額だから気兼ねなくインターネットを楽しめます。しかしパソコンを使っている場合は電気代がかかります。インターネットを楽しみつつ、電気料金を節約する方法を紹介します。
E-sakura | 20 view
一般家庭で電気料金を見直し節約する方法

一般家庭で電気料金を見直し節約する方法

電力自由化に伴い、一般家庭でも電力会社が選べるようになりましたが、長年利用している電力会社を変えるというのは勇気も必要です。今まで地域により自動的に決まる電力会社は、電気料金の値上げなどもありますが、電力会社を変えずに一般家庭で電気料金を見直す方法はいくつかあります。
E-sakura | 16 view
電気料金を比較して節約に活かそう

電気料金を比較して節約に活かそう

今までは電気代を見直す場合、料金プランの見直しか、ブレーカーのアンペア数を変えるのが一般的でした。しかし今は、電力自由化により、電力会社が増え会社ごとに電気代を比較できるようになっています。
E-sakura | 8 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-sakura E-sakura