2015年12月25日 更新

<米のとぎ汁の再利用で節約>お米のとぎ汁は捨てるだけではもったいない!いろいろ使えます。

お米をといだ後に排水溝に流して捨ててしまうのはもったいないですね。他の事に使えば水道代の節約にもなり、それ以外にも節約ができます。試してみてください。

毎日のようにお米をといで、毎日のようにとぎ汁を捨ててしまっている訳です。何かに利用できないかな?と思いながら捨てている人も多いと思います。お米のとぎ汁はいろいろと利用方法はあるようです。まとめましたので参考にしてください。

お米のとぎ汁を料理に活用しましょう。

 (21029)

アクの出やすい野菜に使用しましょう。 タケノコやゴボウ、人参の下茹でにお米のとぎ汁を使うと良いと言われていますよね。 参考 また、大根にもよく使われています。 里芋など他のお野菜にも活用することが出来るので、是非試してみてください。 米のとぎ汁を利用することで、アクや臭みを取り除くことが出来ます。

また、豚の角煮などを作るときに、お米のとぎ汁で豚肉を茹でることで、油が抜けて柔らかくなるようです。 お料理にお米のとぎ汁を活用することで、ちょっとした水道代の節約にも繋がりますよね。 *お料理にお米のとぎ汁を利用する際には、2回目以降のものを使用しましょう。 お米を研いだ最初のとぎ汁には、ほこりや汚れが含まれるためです。

お米のとぎ汁を調理中の手洗いに活用しましょう。

 (21032)

お料理をしている場面を思い出してみてください。 知らず知らずのうちに何回も手を洗っていることに気がつくと思います。 お肉を切っては手を洗い、魚を触っては手を洗い、小麦粉などの粉がついては手を洗い・・・ 何回も蛇口をひねっていては、水道代が少しもったいないですよね。

そこで、お米のとぎ汁を手洗い用にたらいなどに貯めておきましょう。 お米のとぎ汁には、洗浄効果があるため、石鹸の使用も必要ありません。 お米のとぎ汁で、手を洗うことで、水道代を節約しましょう。

キッチンの油汚れの掃除

 (21048)

米のとぎ汁を使う場合は乾いた雑巾に米のとぎ汁を含ませ適度に絞り、油で汚れている部分を拭きます。水で絞った雑巾で拭き取るときれいに仕上がります。汚れがひどい場合はとぎ汁をティッシュやキッチンペーパーに含ませ、汚れた部分に貼ります。

しばらく経ってから拭き取り、仕上げに水で絞った雑巾で拭き上げます。

入浴剤や洗髪、体を洗う

 (21049)

米のとぎ汁を入浴剤として使う場合はお湯を張った浴槽に1回分のとぎ汁を入れて使います。洗髪で使う場合は、髪の汚れをあらかじめお湯で流してから水気を軽く絞り、米のとぎ汁の中に髪の毛を浸し優しく汚れを洗います。その後お湯ですすぎます。

体を洗う場合は米のとぎ汁をしばらく放置し、底に溜まった白い部分を残し上澄みは捨て、残った白いどろっとした部分を使います。体の汚れをお湯でさっと流します。白い沈殿物を体に塗りつけて汚れを落とすようにマッサージします。最後にお湯できれいに流します。

食器のつけおき荒いに利用

 (21050)

調理が終わり、食事が終わったら、油っぽいお皿はウエス等で拭って、ひどい汚れのものは一緒に入れないようにし、その他の食器類は、タライのとぎ汁の中につけ置きします。しばらくしたらとぎ汁の中でアクリルタワシやスポンジを使って食器類の汚れを落としていきます。なるべく洗剤も使いません。

最後に、別のタライの中に真水を入れながら、溜めすすぎでゆすいで、おしまいです。別のタライを置く場所がなかったら、水道の水をチョロチョロ出して少量の水でゆすぎます。とぎ汁はまだ捨てず、まずは布きんを予洗いし、おおかた汚れが落ちたら真水でよくすすぎます。ぞうきんも洗ってしまいましょう。

とぎ汁はかなり汚れているはずですが、まだまだ!とぎ汁をつけたアクリルタワシやスポンジ(シンク用の別のものを用意)で、シンクの中を擦り、排水溝の掃除もしてしまいましょう。

とぎ汁でお風呂掃除

 (21051)

何かカップのようなものでとぎ汁をすくい、浴槽の中に少量ずつ流しながら、アクリルタワシかスポンジで擦っていきます。

米ぬかは、洗顔や洗髪に使われていた経緯でわかるように、人間の皮脂などの汚れに強いのだと思われますので、浴槽についた垢も、とてもきれいになりますよ。

米のとぎ汁をグリルの受け皿に活用

 (21052)

焼き魚を焼くときのグリルの受け皿にいれる水をとぎ汁に変えるという簡単な活用法。受け皿に落ちる魚の油が落ちやすくあとで洗う際に楽になります。

米のとぎ汁で洗顔

 (21053)

ビタミンやミネラル・フェルラ酸(ポリフェノール)を多く含む米のとぎ汁は肌の潤いやシミ・そばかすを防ぐ効果がありますので洗顔に有効です。普段通り洗顔料で洗顔したあとに仕上げに米のとぎ汁で軽く流すという方法が一般的に良く知られています。

スチームパック

お米のとぎ汁を煮立てて、バスタオルをすっぽりかぶって10分ほど蒸気を顔に当てます。とぎ汁には、皮膚のたるみや肌荒れを防ぐ効果がある成分が含まれおり、保湿や美肌を保つのに役立ちます。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本当に節約できるの?『節水コマ』のメリット&注意点♪

本当に節約できるの?『節水コマ』のメリット&注意点♪

節水に関するコラムで必ず見かける「節水コマ」。 ですが、使い方によっては逆効果になってしまうケースもあるんです。 そこで今回は、節水コマのメリットと注意点について特集してみました。 月にいくら節約できるの?逆効果になってしまうケースって? そんな疑問にお答えしましょう♪
節約0318 | 101 view
水道代は安くなる?お風呂の使い方を変えて上手に節約しよう

水道代は安くなる?お風呂の使い方を変えて上手に節約しよう

毎回水道代の請求書を見て、あまりの高さにがっかりしていませんか?水道代を節約して少しでも家計を楽にしたいですよね。毎日はいるお風呂の入り方を一工夫するだけで水道代は安くなります。おすすめのお風呂の入り方についてお話します。
たぬこ | 101 view
野菜やパスタを茹でたお湯、再利用ができるんです!

野菜やパスタを茹でたお湯、再利用ができるんです!

大きなお鍋でたっぷり沸かす野菜やパスタの茹で汁、捨てないで再利用できることご存知でしたか?茹で汁をリサイクルして節水&節約しちゃいましょう!
msyhyr | 5,297 view
家計に役立つ水道光熱費の節約

家計に役立つ水道光熱費の節約

家計の中で【住】にかかる次に負担が大きくなりがちなのが水道光熱費。今話題の水道光熱費の節約のコツをまとめてみました。
rinrin | 823 view
水道代を大幅に節約できるアクリルたわしを手作りしよう

水道代を大幅に節約できるアクリルたわしを手作りしよう

洗剤がなくても汚れが落ち、洗剤代と水道代を大幅に節約できるアクリルたわしを手作りしてみませんか?
shizuokanohaha | 3,438 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

denden denden

おすすめの記事

今注目の記事