2017年3月3日 更新

電気代の節約には、キャンドルの使用がお勧め

電気料金は、その使い方やアイディアで節約することができます。また、明細にしっかり目を通すことで気づくことができますが、アンペアの数によって電気料金には固定費そして変動費というものがあります。電気料を節約するには、さまざまな方法がありますがその一つとしてキャンドルを使う節約方法もあります。

■基本料金を見直しすること

アンペア数に関係して、電気の基本料金が決まります。簡単な節約は、このアンペアを下げることです。年間に換算すればかなりの節約になります。また、一人暮らしの人は特に基本料金の見直しをすることで、アンペア数を低く設定しても普段の生活には支障がないことがわかります。電気の節電方法は、手軽に行えるものが多くなりますので、やる気になれば電気の節電につながる工夫がいくつもできます。
 (31708)

■キャンドルを活用してみる

 (31709)

室内の電気が明るいのは当たり前ですが、時には少し暗めにして過ごすのも良いものです。キャンドルの明かりは、節約にもなりますし意外にムードがでるものです。煌々と明かりを照らすよりも、気分的に落ち着くという人もいますので、キャンドルを時には活用してみるのも良いアイディアです。また、常備灯として電気をつけている人も、キャンドルに変えることで電気代の節約になります。家事などの危険性がない場所に、アロマキャンドルなどを置くと、良い香りもしてきますし気持ちもリラックスします。

常にどこか電気をつけていると、それだけで電気代がかかってしまいますのでキャンドルを取り入れていくことで、だいぶ節約になります。停電の時には、キャンドルを常備していることで大活躍します。普段の生活の中でも災害時以外に使用することで、電気代が節約できます。

■人を癒すキャンドル

無料の写真: キャンドル, 光, キャンドルライト, 炎, 背景, 黒の背景, 気分 - Pixabayの無料画像 - 2038736 (31710)

キャンドルの炎はとても優しいものですし、静かに揺れている光景は癒されるものです。もちろん、電気代の節電にもなります。例えば、洗面所や寝室にキャンドルを置いておき、歯磨きや就寝前のフェイスメンテナンスなどにキャンドルに火をともせば電気をつける必要はありませんし、節約になります。就寝前には火を消して寝れば家事にはなりません。日々の生活の中でキャンドルを置く場所を決めていき、必要なときだけ火をともすようなスタイルにしていけば、年間を通してかなり電気代の節約につながります。

また、キャンドルの明かりはとても幻想的です。さらにアロマキャンドルを使えば匂いで癒されリラックスした状態で眠ることができます。

■危険性の少ないキャンドル

無料の写真: 出現, 2 出現, アドベントろうそく, クリスマス ジュエリー - Pixabayの無料画像 - 1883820 (31711)

キャンドルと家事は切っても切り離せないものですが、最近では危険性がとても少ないキャンドルが販売されています。このようなキャンドルを節電球といいます。かなり実用性があり、キャンドルの形を電球の形にすることで、安全に使うことができますしインテリアとしてもお洒落です。キャンドルを置く台も、安定して危なくない場所を選ぶことも大切ですし、必ず寝る前などには消すように心がけましょう。普段の照明器具の一つとしてキャンドルの明かりを活用していくことで、電気代の節約になりリラックスもできます。その中で節電キャンドルは実用性があり、危険性が少ないキャンドルです。また、店舗に向けたキャンドルがあり、広範囲に渡ってキャンドルの明かりが届くようになっているものがあります。一つ置いておくことでかなり部屋が明るくなります。

広範囲にわたって明かりが届けば、その分部屋の電気は消しておいても良いですし、明るすぎない光はとても心地よいものです。休日などに使用することでもいいですし、定期的に使う頻度を決めておくのも節電の考えには良い方法です。

■キャンドルの実用性

 (31712)

安全性が高くて、実用があるキャンドルは高さが一般的なものよりも低く作られています。また太さも転倒防止のことを考えて十分な太さに作られています。さらにロウが入っている入れ物は、熱に強くそして周りからの衝撃にも強くなっているポリカーボネットという素材を使っていますので、安全性は一般的なものよりもかなり高くなっています。普段使いには十分使えるキャンドルです。しっかり安全性を考えたケースに入っているキャンドルですので、炎に当たりにくくなっている他に万が一落としてしまっても壊れにくくなっています。

単にカップ型になっているキャンドルは数多くありますが、それらの中でもインテリアとして十分お洒落に使うことができるキャンドルも販売されていますので、部屋に合わせたものを選ぶことができます。実用性を重視して、安全性もあるキャンドルを電気の代わりとして活用していくことで、電気代の節電に繋がります。節電ではランタンなどを使う家庭もありますが、キャンドルの明かりの軟らかさを好む人も多くいます。非常用にいくつか購入しておくことで、災害時にも安全に使えるものとして重宝します。

一般的な明かりと比べて、優しいあかりに癒されながら生活していくのも悪くはなですし、節約にもなり一石二鳥と言えるでしょう。
 (31713)

16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

ドライヤーが消費する電力は、意外にも大きいものです。髪を乾かす時間が長ければ長いほど電気代もかかります。できるだけドライヤーの電気代を抑える方法で毎日使っていきたいものです。
E-akiko | 36 view
一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしでは、それほど電気代もかからないものと考えられます。その中で節約することができればさらに生活にゆとりが出ます。特に冬場や夏場などには一人暮らしでもエアコンを使用することで電気代はかかりますので、節約はしていきましょう。
E-akiko | 26 view
夏場にかかる電気料の節約

夏場にかかる電気料の節約

電気代の節約は日常的に行うことで、年間を通してかなり節約できます。また、夏などエアコンを使う時期には、電気料金も多くかかってしまいます。上手に節約術を使い電気代の節約をしていきましょう。
E-akiko | 12 view
テレビの電気代を節約する意外な方法

テレビの電気代を節約する意外な方法

電気料にかかわるものとして、テレビがあります。毎日テレビを見る人、頻繁には見ないが電気料は気になる人とさまざまいるものです。節約方法はどのようなものがあるのかみていきましょう。
E-akiko | 45 view
掃除機にかかる電気代を節約する方法

掃除機にかかる電気代を節約する方法

毎日の掃除や、週末にまとめて行う掃除で便利な掃除機。掃除機を使えば必ずかかってくるものが電気料金です。毎日使うとどのくらい電気代がかかるのでしょう。節約しながら綺麗にする方法がいくつかあります。
E-akiko | 22 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-akiko E-akiko