2017年3月2日 更新

会社の電気使用量を節約するには

会社の経営においては出費を出来る限り少なくしていくことが重要なポイントになってきます。例えば、電気使用量の効率よく節約することは会社の経営にとって非常に役立つことになります。このサイトでは会社の経営に役立つ電気使用量の節約法について紹介していきます。

■エアコンの設定を工夫する

 (31536)

会社内のエアコンの設定を見直してみましょう。会社の中は暑すぎても寒すぎてもいけません、冬場は22から23℃、夏場は26から27℃が適温の目安ですので、それ以外の温度設定になっているような場合には、温度設定を見直してみましょう。1度温度の設定を変えるだけでエアコンの電気使用量は10%程度変わってくるものです。会社の温度管理と一緒に湿度管理をしてみるのも良い方法です。湿度が低い方が涼しく感じるので快適に仕事できる環境になってきます。

また、温度設定は一括で管理できる体制をとったほうが、電気の節約になります。部署ごとの設定を可能にしておくと、一部の部署で設定温度が大きく変更されてしまい電気使用量の節約が徹底されないことも多くなってしまいます。また、エアコンのフィルターは定期的に掃除をしなくてはなりません。エアコンにフィルターの汚れはエアコンの効率を下げてしまって、無駄な電気の使用を引き起こしてしまうことになります。出来れば、2週間に1度くらいのペースでフィルターのメンテナンスをするようにするのがお勧めです。

会社内の空気の循環を促進したほうが、エアコンの効率が高まってきますのでエアコンの効率を高めるために扇風機を会社に設置することも良い方法になります。扇風機は冷風を個人に充てるのが主たる目的ではなく、会社内の空気の循環を良くするために設置されることが必要となってきます。

会社の外部に設置されている室外機についても電気の節約のためには注意が必要になります。例えばエアコンのフィルターと同様に室外機の汚れも電気の無駄を引き起こしてしまいますので、こまめのお手入れが必要になります。また室外機の前に障害物を置いてしまうとエアコンの性能を低めてしまうことになりますので、これも電気の節約の観点からは避けたほうがいいでしょう。また、古くなったエアコンはなるべくなら買い替えるべきです。昔のエアコンに比べて最近のエアコンが性能の上昇がいうまでもありませんが、世の中のニーズに合わせた節電対策仕様にもなっているからです。

会社から外部への熱の排出をできるだけ少なくすることも、冷暖房の必要が低下しますので電気の節約につながってきます。カーテンやブラインドを窓に設置するとかなり熱の出入りを抑えることが可能になります。

更にはクールビスを会社に導入するのも良いほうほうです。1年中同じスタイルで仕事をするのではなく、夏場は軽装で仕事をするようにしていけば、電気の節約が実現しやすくなってきます。また、空気の入れかえは気分転換には非常にいい良いものですが、回数が多すぎてしまうと冷暖房の必要性が増してしまい、電気の使用量が増える結果を招いてしまいます。適度な回数の換気をいつも心がけるようにするといいでしょう。
 (31535)

■照明装置の工夫

 (31537)

会社の中で仕事をするには照明装置が必須であるのは言うまでもありません。しかし、あまりにも明かる照明は必ずしも必要でないことも多いものです。会社内の明るさを検討してみて、明るすぎると感じたならば、照明装置の電力量を減らすかあるいは、電球の数を間引くことで電気の節約を行えるようになります

また、パソコンなどの画面も明るすぎてしまうと目が疲れる結果になってしまうので、ほどほどの明るさに設定することで同様に電気の節約を実現できるようになります。また、会議室などの照明装置は、使っていない場合にはこまめにスイッチを消すようにするのも良い方法になります。

更には、従来の蛍光灯をやめて最新のLED電球にしていけば、かなりの電気の節電を実現できます。LED電球は蛍光灯に比べて値段が高いものですが、寿命は蛍光灯よりも長いので使用する電気量のことを考えるのであれば、LED電球の方が経済的にお得であるといえます。
 (31538)

■会社の備品の工夫

 (31539)

パソコンの電源は、仕事中は常時オンのままになっていることが多いですが、仕事の関係でしばらく離席するような場合も考えられます。このような場合には自動的にスリーブの状態になるようにパソコンを設定しておけば、かなりの電気の節電につながっていきます。デスクに戻ったらスリーブを解除すればすぐにパソコンを使えるようになるので、時間な損失も少なくできます。

また、会社のOA機器はレンタル方式なども併用して、省エネタイプの最新式のものを導入するようにすると大幅に電気を節約できるようにもなってきます。

会社内で電気を節約する方法が意外と多くあり、こつこつとそれを積み重ねていくとかなり電気の節約が可能になります。合わせて最近導入された電力の自由化システムを活用して、会社の経営面から考えてコストパフォーマンスのよい電力会社と契約を結べばさらに電気料金の節約が可能になってきます。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

ドライヤーが消費する電力は、意外にも大きいものです。髪を乾かす時間が長ければ長いほど電気代もかかります。できるだけドライヤーの電気代を抑える方法で毎日使っていきたいものです。
E-akiko | 58 view
一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしでは、それほど電気代もかからないものと考えられます。その中で節約することができればさらに生活にゆとりが出ます。特に冬場や夏場などには一人暮らしでもエアコンを使用することで電気代はかかりますので、節約はしていきましょう。
E-akiko | 44 view
夏場にかかる電気料の節約

夏場にかかる電気料の節約

電気代の節約は日常的に行うことで、年間を通してかなり節約できます。また、夏などエアコンを使う時期には、電気料金も多くかかってしまいます。上手に節約術を使い電気代の節約をしていきましょう。
E-akiko | 17 view
テレビの電気代を節約する意外な方法

テレビの電気代を節約する意外な方法

電気料にかかわるものとして、テレビがあります。毎日テレビを見る人、頻繁には見ないが電気料は気になる人とさまざまいるものです。節約方法はどのようなものがあるのかみていきましょう。
E-akiko | 72 view
掃除機にかかる電気代を節約する方法

掃除機にかかる電気代を節約する方法

毎日の掃除や、週末にまとめて行う掃除で便利な掃除機。掃除機を使えば必ずかかってくるものが電気料金です。毎日使うとどのくらい電気代がかかるのでしょう。節約しながら綺麗にする方法がいくつかあります。
E-akiko | 34 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-akiko E-akiko

おすすめの記事

今注目の記事