2017年3月8日 更新

掃除機にかかる電気代を節約する方法

毎日の掃除や、週末にまとめて行う掃除で便利な掃除機。掃除機を使えば必ずかかってくるものが電気料金です。毎日使うとどのくらい電気代がかかるのでしょう。節約しながら綺麗にする方法がいくつかあります。

■できるだけ一気に掃除をする

 (32461)

掃除機の電気代を節約するには、まずスイッチのオンオフをなるべくしないように一気に掃除をすることです。掃除機は電源を入れるときに一番電力を使いますので、できれば延長コードを使って一気に部屋から部屋へと掃除機を使っていきましょう。各部屋でその都度掃除機のコードを差し替えていると、その数だけスイッチを入れることになります。節約したければ、延長コードを購入して各部屋を一気に綺麗にしてしまいましょう。

まとめて掃除機を使うことについては、前もって床などに散乱しているものを先に綺麗にしておく必要があります。床に散らかったものを片付けながら掃除することで、その間は吸い込みを行わない状態で放置しているのと同じですので、必ず最初に掃除する床を綺麗にしてから掃除機をかけます。

■他の掃除方法を考える

 (32462)

確かにほこりや、細かいゴミなどは掃除機をかけてしまえば楽にとることができます。しかしここで、時間があるのでしたら掃除機を使わずに他の方法で掃除をしてみましょう。これが電気代の節約に大きくつながります。例えば雑巾やほうきを使って掃除をしても綺麗になります。掃除機のなかった時代はこのようにして掃除をしていましたし、十分綺麗になります。またカーペットについた髪の毛やホコリは粘着テープのついたコロコロを使って綺麗にします。

今は、カーペット用やフローリング用などに使い分けができるタイプのものがありますので、掃除機をまったく使わなくても綺麗になります。コロコロテープは消耗品とうことで、無料ではありませんが100円ショップでも売られていますのでお得に手に入ります。また、ホウキでさっとゴミなどを排除してから掃除機を弱でかけても節約になります。弱で掃除することで、電気代も少なくて済みます。

■掃除機内の掃除もする

 (32463)

掃除機をかけると、ホコリやごみが紙パックにたまります。変えたばかりの時には吸いもよいですが、紙パックの中にゴミが溜まってくることで徐々に吸う力も弱くなりますし、弱から中そして強へと切り替えをしていくことになります。これでは電気代の節約にはなりません。時々掃除機内の紙パックを変える事、また内部にあるフィルターを綺麗にしておくことで、常に一定の強さで掃除をすることができます。掃除機を使う時には、さまざまな工夫で電気代の節約はできます。

掃除機を買ってから、紙パックは交換しても内部の掃除はしないものです。また、最近の物は紙パックを使わずに使うことができるものがあります。このようなタイプのものは、ゴミが本体にたまっていくのが目で見てわかりますので、こまめにゴミを捨てるようになります。結果的には電気代の節約につながります。

■いろいろなタイプの掃除機

 (32464)

掃除機にもいくつかのタイプがあります。タイプによって使う電力も違ってきます。時間の節約にもなるロボット式の掃除機ですが、電気代の節約にもなります。ロボットタイプでは、従来の掃除機よりも消費する電力をかなり抑えることができます。確かに充電するときには電力を使いますが、使う電気代は1時間あたりおよそ1円程度と言われていますので、かなりの節電になります。また、エコ設定となる設計をしてあるものもありますので、こうしたロボットタイプの掃除機を使うことで、消費電力を抑えることができます。

次は、サイクロン式のものですがこのサイクロン式は、若干高めの消費電力になってしまいます。掃除機によってそれぞれ違いはありますが、サイクロン式掃除機の場合はエコモードという機能がついていますので、このエコモードに切り替えることで電気を消費する量を抑えることができます。長時間掃除機をかける家では、このエコモードは必ず使いたい機能になります。

■場所で使い分けをしていく

 (32460)

一家に一台は必ずあろうかと考える掃除機ですが、掃除機も小型のものや大型のもの、さらに自動で勝手に掃除をしてくれるものまで、さまざまな種類があります。使う箇所によって、この掃除機も使い分けをしていくと、電気代の節約につながります。大型の掃除機は、広い場所につかうことで、一気に綺麗に掃除できます。また、ハンディタイプの掃除機は、充電式なので持ち運びが便利です。細かな場所や範囲の狭い場所を掃除するときには便利に使うことができます。

充電式なので、長く掃除機を使いたい時には適していませんが、狭い範囲ではそれほど時間をかけることはありませんので、大型掃除機よりも電気代が節約できます。サイクロン式のものや、ロボット式の掃除機と組み合わせて使うことで、電気の節約になります。掃除をするときも、使う道具ややり方などを変えることで節約ができます。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

意外と電気を使うドライヤーの節約方法

ドライヤーが消費する電力は、意外にも大きいものです。髪を乾かす時間が長ければ長いほど電気代もかかります。できるだけドライヤーの電気代を抑える方法で毎日使っていきたいものです。
E-akiko | 75 view
一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしこそ電気代の節約をしやすいもの

一人暮らしでは、それほど電気代もかからないものと考えられます。その中で節約することができればさらに生活にゆとりが出ます。特に冬場や夏場などには一人暮らしでもエアコンを使用することで電気代はかかりますので、節約はしていきましょう。
E-akiko | 61 view
夏場にかかる電気料の節約

夏場にかかる電気料の節約

電気代の節約は日常的に行うことで、年間を通してかなり節約できます。また、夏などエアコンを使う時期には、電気料金も多くかかってしまいます。上手に節約術を使い電気代の節約をしていきましょう。
E-akiko | 19 view
テレビの電気代を節約する意外な方法

テレビの電気代を節約する意外な方法

電気料にかかわるものとして、テレビがあります。毎日テレビを見る人、頻繁には見ないが電気料は気になる人とさまざまいるものです。節約方法はどのようなものがあるのかみていきましょう。
E-akiko | 80 view
毎日使う水道や電気などの光熱費を節約する

毎日使う水道や電気などの光熱費を節約する

電気や水道などは、毎日の生活ではかかすことができません。使い方を少し変えるだけで節約につながることもありますので、是非無駄使いはしないように心がけたいものです。
E-akiko | 30 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-akiko E-akiko

おすすめの記事

今注目の記事