2015年12月7日 更新

2016年からの電力自由化に備えよう!

電力自由化に向けて、いろいろな注目点を見てみましょう。

 
電力自由化したあとの節約法や注目すべき点をわかりやすくまとめました。
 
さまざまな記事を参考にして2016年4月に備えましょう!

2016年の電力小売り自由化って?

2016年4月に、法律の改正により家庭などに向けた電力小売りが全面自由化されます。これにより、従来の地域ごとの電力会社だけでなく、さまざまな会社が電力を消費者に直接販売できるようになります。

現在の地域ごとの大手電力会社だけでなく、さまざまな業種の企業が電力の販売をはじめます。
また、大手電力会社もたがいに地域の枠を超えてサービスを提供します。
これまでの電力自由化の経緯

これまでの電力自由化の経緯

2016年4月からの電力小売全面自由化

2016年4月からの電力小売全面自由化

これまで地域により独占状態だったものが、ライバルが次々に現れるのですから、これまでのように一方的に電力を供給するだけでは負けてしまうのですから必死です。

これからは他社の料金と比較され、電気代が高ければ乗り換えられてしまうのです。
消費者側からしたら、これはチャンスです。
様々な会社の料金プランからより安い会社を選べば、簡単に節約できるのです。
新しい電力会社との契約が可能となる電力自由化後は、多くの料金プランの中から自分に合った最適なものを選べば電気代の節約につながります。しかし、せっかく電気代を節約できるプランを選んでも、消費電力量の多い家電を使っていればメリットも半減です。

料金プランの見直しに加え、正しい家電の使い方を知り、上手に電気代を節約しましょう。
 
この下のサイトで簡単に料金プランのシミュレーションができるので
 
これを機に是非ご活用ください!!

価格.com - 料金プランシミュレーション|電気料金比較

価格.com - 料金プランシミュレーション|電気料金比較
電力会社の料金プランを変更するだけで、毎月の電気代が節約できるかも。電力の使用状況に関する8つの質問に答えて、家庭に最適な電気料金プランを簡単にシミュレーションできます。

電力自由化のメリット・デメリット?

どういったものが自分に合っているのか、
 
電力自由化のメリットとデメリット踏まえながら考えてみましょう。
消費者にとっての電力自由化のメリットは選択肢が広がることです。小売の全面自由化によって複数の企業の中から電力を選ぶことができるためブランド・料金・発電方法など消費者の選択できる幅が広がります。企業側も選ばれる立場になるため提携や新サービスを企画し、ポイント制度やセット販売による割引などが現在予想されています。
消費者にとっての電力自由化のデメリットは質の低い事業者が参入しうることです。小売市場への参入が自由化することで発電体力や技術力の低い企業も多く参入することも考えられます。競争が激化しコストカットのため余分な設備を削減していった結果、災害時などに十分な対応ができない企業も現れてくることが予想されます。
いらすとや (12058)

いつから電力会社を切り替えることができるの?

 
2016年の4月1日に始まりますが2016年に1月から先行して申し込みができるようになります。
 
 (12116)

 
どんな事業者から電気を購入できるようになるのか調べておきましょう。
小売り電気事業者に登録された事業者から電気を購入することができるようになります。現在、66社が小売り電気事業者に登録されており※1、ガス会社や通信会社、既に高圧向けに電力を販売していて実績のある新電力などが登録しています。

料金以外にも着目すべき点

電力自由化に向けて、注目されるのは電気料金だけではありません。
今後はサービスに関しても新たな可能性が広がるでしょう。
生活に欠かせない電力ですから、プラスアルファでどんなサービスがあるのかは、電力会社を選択する大きな決め手になるでしょう。
さらに、エネルギー源が何なのかに焦点を当てて選択する方法もあります。
東日本大震災での福島原発事故をきっかけに、エネルギーに対して無関心ではいられなくなった私達ですので、環境に優しいエネルギーを使いたいという意見も多いでしょう。
電力会社は電力源や環境に対してどんな取り組みをしているかなども、消費者に対してオープンでなければなりません。
この点で、電気料金が少しくらい高くても、自然エネルギーを選択する家庭も出てくると思われます。
いらすとや (12079)

自由化されるという事は、各事業者によってサービスが異なる事になる訳ですから、私たち消費者がしっかりと内容を見て、自分に適した事業者と契約し購入しなければなりません。
 
当然、現在の電力会社も自由化に伴ってサービスの拡充を図ってくると思われますので、面倒くさいから今のままで良いとは考えずに、各事業者の内容を確認する事が必要ですね。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

電力が見えるようになる時代?スマートメーターってなに?

電力が見えるようになる時代?スマートメーターってなに?

電力自由化に伴い、私たちを取り巻く環境も少しづつ変化いています。電力会社を選ぶ時代になりいろんな商品が開発されているようです。
sawaco | 650 view
本当に価格が下がる?電力の価格の決め方ってどうなっているの?

本当に価格が下がる?電力の価格の決め方ってどうなっているの?

電力自由化って一言で言っても電気の価格ってどうやって決まっていると思いますか?形がない分分かりにくい価格の決め方と今後の動向をまとめました。
sawaco | 638 view
 電力自由化の節電あれこれ!

 電力自由化の節電あれこれ!

電力自由化に向けて、節電やメリットデメリットについて紹介していきます!!
スナフキン | 878 view
反対派は多いけど・・・原発の再稼動で電気代が安くなるって本当ですか?

反対派は多いけど・・・原発の再稼動で電気代が安くなるって本当ですか?

原発再稼動に関して、私はけっして推進派ではありません。でも電力自由化にあたって、目を背けてはいられない問題だと思います。価格が安いから原発賛成!なんて安易に考えず、デメリットも含めしっかり考えて選択していきましょう。
sawaco | 514 view
無駄なオプションで電気代2倍?!電力自由化の注意点。

無駄なオプションで電気代2倍?!電力自由化の注意点。

来年4月から一般の家庭でも電力会社を自由に選べるようになります。各社が競合して今より電気代が安くなるように、とのことですが高くなるのでは?!という声も聞こえてきています。どういうことでしょう。
sawaco | 592 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スナフキン スナフキン

おすすめの記事

今注目の記事