2015年12月25日 更新

<中古パソコンの再利用で節約>使わなくなったパソコンをもう一度使ってみましょう!

くたびれてしまったからという理由でノートPCを捨ててしまう人はいますか?たとえ時代遅れで馬力不足に見えても、それでもほとんどのノートPCは小さくて静か。持っていれば便利な予備PCになります。

Win XPサポートが切れたからと言う事で新しいノートパソコンを買って、まったく使わなくなったパソコンって結構あると思います。電源を入れるとしっかり起動して使えるのにもったいないですね。買う時は高かったパソコン。もう一度使ってあげましょう。

スタンドアロンで検証用PCにする

 (21120)

信頼できない、インストールしてみないと分からないソフトウェアを検証するために使用する、壊れてもいいPCで何してもいいという扱いで使用します。

万一ウィルスに感染してもいいようにネットワークからは切り離しておき、個人情報や盗まれると怖い情報をなくすために、まずはまっさらにすること(リカバリ)は必須です。

その時はネットワークに繋がっていなくても、つないでしまった瞬間に発動するものもあるため、念のために行っておきます。 また、フリーソフトウェアの検証用として使用することもおすすめです。

ホームサーバにする

 (21129)

 「サーバ」というと、たいていは温度調節機能が付いたラックマウント型のマシン、あるいは少なくともデスクトップシステムをイメージする。だが、ノートPCの性能拡張性、サイズ、ディスプレイが一体になっている点は、静かで優れたマシンを作り出せる。

 プリンタの隣に置いてどこからでも印刷(英文)できるようにしたり、Windows(英文)またはMac(英文)からブラウザ経由でリモート操作してBitTorrentコンテンツを入手したり、Webサーバ(英文)をセットアップしてファイルを取得したり、個人用Wiki(英文)などをホスティングすることもできる。あと忘れてはいけないのが、HDDに空きがあれば多目的メディアサーバ(英文)にもなるということだ。外からアクセスできるように設定すれば、世界あるいは、少なくとも自宅のファイルにすぐに手が届く。

ファイルサーバに活用する

 (21130)

最も簡単な方法で、今のPCを特に何もしないでLANに接続しておくだけ(ルータに接続されていること前提)。外からアクセス可能にするにはルータのVPN接続などちょっと高度な設定が必要なので紹介はしませんが、同じLAN環境内からのみアクセス可能にしておけば、外から侵入されることなく自宅内ファイルサーバにしておくことができます。

電源さえ入っていれば(常時電源ONにしておくか、必要時に起動すれば)同一LAN内の他のPCやスマホからも接続できるので、ストリーミング再生やファイルコピー、家族間で共有などが簡単に行えるようになります。

外部バックアップドライブを取り出す

 (21133)

HDDの故障でノートPCが駄目になったのでないなら、ノートPCに内蔵されていたHDDは便利なポケットサイズの外部ドライブになる。LifeHacker卒業生のリック・ブロイダが、2.5インチHDDを筐体に適切に格納する方法を説明している。この通りにやれば、高いお金を払って便利な外部機器を買わなくても済むだろう。

Windows XPパソコンにChromium OSをインストールして再利用する

 (21135)

Windows XPの延長サポートが終了し、それを機会にパソコンの買い替えが行われた結果、Windows XPパソコンが余っている(廃棄寸前)はずだ。Chromebookが採用するChrome OSは、オープンソースの「Chromium OS」が元になっており、不要になったWindows XPパソコンにChromium OSをインストールすれば、Chromebook相当に仕立てることができる。

 Chromium OSは、Windows OSに比べて、プロセッサーやメモリ、ストレージに対する動作要件が低く、最新のパソコンでなくても十分に動作する。Chromium OSの動作要件などはChromium OSのWebサイト「The Chromium Projects」に明示されていないが、1GHz以上のプロセッサー、512Mbytes以上のメモリ、3Gbytes以上のストレージでも動作するようだ。Windows XP時代に一時流行したネットブックでもこの要件を十分に満たしている(実際、ネットブックでもChromium OSは動作している)。

無駄な作業をしなくても済む。

 (21136)

Chromium OSは、後述するようにUSBメモリ上で動作するOSイメージが配布されており、Chromium OSをインストールするための専用のノートPCを用意しなくても、手軽に試せる。動作が確認できたら、そのままノートPCのストレージ(ハードディスクやSSD)にインストールできるので、インストールしたけれど正しく動かなくてやり直し、といった無駄な作業をしなくても済む。

まずはUSBメモリでChromium OSを試してみるのがよいだろう。

「Win XPサポート切れたらフリーOSで再利用」

 (21138)

via goo.gl
雑誌の付録に付いてきたDVDから、Ubuntu (ウブントゥ)をインストールします。もちろんWebからインストールディスクイメージをダウンロードして使用することもできます。最新バージョンでは、インストール用のディスクイメージファイル(isoファイル)がCDの容量を超えていますので、DVDに焼いて使用します。

UbuntuはPCだけでなく、スマートフォンにインストールして使うこともできるようで、文章作成(ワード互換)、表計算(エクセル互換)、プレゼンテーション資料作成(パワーポイント互換)が最初から搭載され、メール、Web閲覧ができるほかゲームも揃っています。

ハムのためのUbuntu Linux

 (21140)

Linuxの一種UbuntuはマイクロソフトのWindowsなどと同様の外観と操作に基づく本格的な無料のOSです。Ubuntuという聞き慣れないネームは南アフリカの言語から来る概念と説明されており、Win-OSに似てデスクトップに戸惑いがありません。人気のアプリ(FireFoxなど)を標準搭載しているほか、マルチメディア関連の機能がサポートされていて操作性の点では心配がありません。

ハードウェアのサポートもよく、LAN端子やUSBに挿した無線LAN子機もOSをインストール途中に認識してくれます。もちろん日本語にも対応しています。

OSのインストールはHD(ハードディスク)にインストールしなくても、DVDからUbuntuを起動して、正常に動くかどうかを確認することができますので、とりあえず体験してみたい場合にお勧めです。本格的な導入は単独でインストールあるいはWindowsとUbuntuを共存させるデュアルブートも選べます。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

福袋の中身でいらない物は売っちゃいましょう

福袋の中身でいらない物は売っちゃいましょう

福袋を買ったはいいけど、コレいらない…って物、なかにはありますよね。そういうときは売ってお金にしたり自分の気に入る物と交換しちゃいましょう。
やまぐちさん | 655 view
なんでも再利用の時代

なんでも再利用の時代

捨てるなんてもったいない!今は何でも再利用する時代です。
やまぐちさん | 304 view
フリマアプリで節約

フリマアプリで節約

売ることも買うことも簡単に出来るフリマアプリ。ネットショップを開いたことがない人でも商品を出品することが出来ます。買ったはいいけど着ていない服を出品して、そのお金で欲しい物を買うのも良し。生活費の足しにするのも良し。楽しく節約出来ること間違いなしです。
やまぐちさん | 141 view
<中古品で節約>掘り出し物が見つかり、そして家計の節約になる中古品。

<中古品で節約>掘り出し物が見つかり、そして家計の節約になる中古品。

中古品はビックリするほどの掘り出し物が見つかる事があります。新品で買う必要のないものは中古品を探して買ったほうが、家計の節約になります。
denden | 369 view
<レンタルで節約>どんなものでもレンタルできる時代です。レンタルして家計の節約を!

<レンタルで節約>どんなものでもレンタルできる時代です。レンタルして家計の節約を!

レンタルできないものの方が少ないぐらい、どんなものでもレンタルできます。あまり使わないものならレンタルで済ましてしまった方が節約になります。
denden | 571 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

denden denden

おすすめの記事

今注目の記事