2015年11月5日 更新

床暖房を上手に使って節電しよう

足元から温まって冬でも快適な生活を送れる床暖房。上手な使い方を知って電気代を節約しましょう。電力自由化時代こそ節電意識を高める良い機会ですよ。

床暖房とは

床面の内部に発熱体を配置し,その熱放射を利用した「頭寒足熱」の暖房設備。熱源には温水配管式と電気式,または仕上げ材に発熱体を埋め込んだものがあり,床の構造により選択できる。広い面積から体に向かって熱放射がくるので,全体として体が受ける熱放射の量が大きく,バランスがとれている。
床暖房(ゆかだんぼう)とは、床を加温することで生じる熱伝導、対流および放射を利用した暖房方法である。
 (4103)

床暖房の特徴は

床暖房は立ち上がり30分~1時間に、もっとも多くの電気を必要とします。
「床暖房」は、立ち上がるまでの約1時間はエネルギーを多く使うので余分にランニングコストがかかります。 しかし、安定後は1時間当たり約1/4のコストで「暖」を維持できます。
 (4132)

温める最初の1時間までに、最も電気を消費します。

床暖房の上手な使い方は

何度もつけたり消したりするのではなく、まとまった時間に連続して使用するのがおすすめです!
床暖房は暖まるまで時間を要するため、運転スイッチの「切・入」を頻繁に繰り返さないのが鉄則!
 (4126)

小まめに消したりつけたりすると、逆に電気代がかかります。

床暖房の温度設定と電気代の関係

床暖房は室温を上げれば上げるほど効率はどんどんと悪化します。
19℃でコントロールしていた室温を1℃あげて20℃にした場合月々の電気代は860円上昇します。

しかし、24℃だった室温を25℃にあげるためには室温を1℃あげただけで1780円円電気代が上昇してしまいます。

同じ1℃室温を上げるにも、倍以上の費用が発生してしまうのです。

温度設定を下げて節約

足元からじんわりと温まる床暖房は、エアコンになどに比べて暖かさを感じやすいため、ほかの暖房機器よりも設定温度を2~4℃ほど下げて使用しても、十分に暖かく感じることができます。
 (4131)

温度設定は低めにしましょう。

床暖房とカーペットの相性は良くない

カーペットなど床を覆うものを置かない

床暖房は床からの「ふく射熱」や「熱伝導」で部屋を暖めるので、カーペットなどを床暖房が設置されている床の上においてしまうと熱が部屋の空気に伝わりにくくなってしまいます。

タイマーを上手に使って節電

メーカーや機種によって多少設定内容は異なりますが、タイマー設定が可能です! 立ち上がり時間(水がお湯になるまで)を考えて約30分~1時間前に『タイマー設定』をすれば、寒さを感じることなく、快適な暖かさで朝は気持ちのいいお目覚めが可能です♪ また、立ち上がり時間があるのと同じく運転を止めても、すぐにお湯が水に変わるコトなく徐々に冷めていくので、スイッチを「OFF」にしても30分くらいは、余熱があるので暖かさを保てます!!
 (4130)

タイマーを有効利用しましょう。
床暖房は足元からじわじわ温めてくれるので、冬でも快適に過ごすことが出来ます。
床暖房特有のコストを意識して使うことで、電気代を抑えながら上手に使うことが出来るでしょう。
電力自由化で、電気代は減らせる可能性があるものとして認識されるようになりました。
この機会を活用して、床暖房費も賢く減らしていきましょう。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホットカーペットの電気代を抑える工夫

ホットカーペットの電気代を抑える工夫

冬の冷たい床を温かくしてくれるホットカーペット。洋室にも合う冬の必須アイテムです。でも意外と電気代がかかるんですよね。そんなホットカーペットを電気代を節約しながら使う方法があります。電力自由化で節電意識が高い今こそ学んでおきましょう。
loveandjoy117 | 1,189 view
こたつの電気代は意外に安かった?!こたつでこの冬を乗り切ろう!

こたつの電気代は意外に安かった?!こたつでこの冬を乗り切ろう!

皆さんのお家は「こたつ」使ってますか?実はこたつって結構節約アイテムなんです!
lucy | 1,321 view
水槽の電気代を賢く節約しよう

水槽の電気代を賢く節約しよう

水槽を保温する電気代って結構かかるみたいですね。電力自由化で多少電気代安くなっても、水槽保温用の電気代で無駄を出していたらもったいないです。水槽の電気代の節約法を考えてみましょう。
loveandjoy117 | 5,596 view
冬は暖房費がかかる季節!賢く工夫して電気代を下げよう

冬は暖房費がかかる季節!賢く工夫して電気代を下げよう

気温のさがる冬場は、家庭でエアコンや電気毛布などを使う機会も増えます。暖かいのは助かるけれど、気になるのは電気代。少しでも節約するためのポイントをご紹介します。
misoji37 | 417 view
アイロンを賢く使って電気代を抑えよう

アイロンを賢く使って電気代を抑えよう

アイロンは、電気で高温を作り出すので電気代が結構かかりそうな感じがします。アイロンがけにかかる電気代はどれくらいなのでしょうか。電力自由化で電気代は節約しやすくなっていきます。そんな時期に無駄な電気代を使わないように、アイロンの上手な使い方を考えてみましょう。
loveandjoy117 | 3,591 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

loveandjoy117 loveandjoy117

おすすめの記事

今注目の記事