2017年4月4日 更新

エアコンを徹底的に節電しよう!ブレーカーから落とすときの注意

エアコンを使うシーズンは決まっていますね。それは夏と冬。エアコンは使うシーズンが決まっているのにもかかわらず、消費電力の高い家電製品にいつもランキングしています。そんなエアコンの節電方法を知っておきましょう。

使わない時期にはブレーカーを落として節電しましょう

ブレーカーを落とす : 【3.11で改めて見直す】 地震だ!…と思ったらまずやることリスト - NAVER まとめ (3827)

殆どのエアコンはリモコンで操作していますので、当然リモコンに対しての待機電力が発生しています。ですので、シーズンオフなど長期間エアコンを使わないときはコンセントを抜いたりブレーカーと落とすといったことをこまめにすることで、一台あたり十円~百数十円/月(待機電力0.5W~8Wと想定)の節電効果があります。
出かけるときはエアコンのブレーカー をおとす → 待機電力カット → 節電効果あり

エアコンをこまめに ON/OFFするのはかえって電力を多く使用するので10分くらいの外出ならつけっぱなしの方が良い場合がある、→ 消費電力の軽減 → 節電効果あり → 節電効果あり
我が家のブレーカーは部屋毎や使用用途毎に分かれています。
なので家を出る際に「台所用」と「エアコン用」以外のブレーカーを落とすことにしています。
その結果が4月の電気代になりますが、3月時点からエアコンは使っていないためブレーカー落とし作戦で500円近く節電出来ていることになりますね。
待機電力だけで約10%の節電効果は実際にあるのではないでしょうか。

【注意!】ブレーカーを落とすときには必ず知っておきましょう!

ブレーカーを落としてエアコンの節電!と思っても注意点があります。
それは使用する1日くらい前にあらかじめブレーカーをONしておくということ。
節電を期待していても、エアコンが壊れてしまっては全く意味がありません。
ある高校で配られた「GW中の諸注意」プリントが凄いと話題に | ガールズちゃんねる - Girls Channel - (3826)

ブレーカーを落としてしまいますと冷媒を均等に循環させている機能も停止してしまい、「冷媒寝込み」という現象が起きてしまいます。

 冷媒寝込み現象は通電してから数時間(機種により異なります)で解消されますが、それまでにエアコンを作動させてしまうと電力負荷が大きくなるばかりか、機材を傷める可能性がありますので、シーズンインの間はブレーカーを落としたりコンセントを抜いたりといったことは控えましょう。
待機状態になっている、エアコンなどは効果は多少はあるがやるのであればエアコンを使用した1日あとに切っておき、使う1日前に入れておかなければいけない。
理由は、触媒を温度を調整するためでいきなり使ってしまうと室外機が壊れることがあるらしいです。
エアコンに関しては保温されていない状況からスイッチを入れると故障するケースがあるとのこと。このようなことからエアコンを使う場合は、ブレーカーを入れた後にも一日ほど時間をおく必要があるようです。

エアコンは設定温度を見直すことで、節約になる!

エアコンの温度を見直す事で、節約になる事は小学生でもわかる事ですが、適温を理解している方は意外と少ないかもしれません。夏場は室内温度が28℃で、冬場は室内温度を20℃にする事で、ぎりぎりの暖かさや涼しさの目安として頂けると、省エネ効果を得る事ができます。またこうした設定温度だけではなく、冬場は加湿する事で、体感温度も効果的に上げる事ができます。湿度は汗と関係性が高く、人は冬場でも常に汗をかいていますが、汗をかく事で気化熱が生じ体温を下げる事に繋がりますので、冬場は湿度を高くする事で汗の蒸発を抑える事で暖かく感じます。また、湿度を保つ事で粘液の乾燥を防ぎますので風邪予防にもつながるというわけです。夏場は逆に、湿度を下げる事で涼しく出来ますが、手っ取り早いのは直接体を冷やす方法で、首の頸動脈に保冷剤をタオルに巻いておくだけで、クーラーなしの生活も可能です。
旭電機化成株式会社・・・自社ブランド「スマイルキッズ」スマイルキッズ商品 液晶エアコンリモコン (3825)

エアコンの節電方法はいろいろ紹介されています。まず設定温度を20度にしましょう。半年間、設定温度を21度から20度に設定し続けた場合、電気料金が約1190円安くなるそうです。さらに暖房を1日1時間短縮した場合、電気料金が約920円安くなるようです。(参考:中部電力)
夏の冷房時の室温は28℃を目安に、冬の暖房時の室温は20℃を目安にしましょう。
夏の冷房時の温度設定を1℃高くすると約13%(約70W)の消費電力の削減になり、冬の暖房時の温度設定を1℃低くすると約10%の消費電力の削減になります
一般的に、冷房時の設定温度を1℃高くすると、約10%の節電になるといわれています。ダイキン(DAIKIN)によれば、6時間の運転で温度設定を2℃上げることで0.84kWhが0.65kWhと消費電力量が22.6%節約できるそうです。こちらも18時間の使用を前提に計算すると1日で約15.4円、30日で462円、3.6か月で1,663円の電気代の節約になります。
27度から1度上げるだけで、年に670円も電気代を節約できる
夏にエアコンを利用する時は、エアコンの設定温度を27度から28度に1度上げて設定するだけで、1台あたり年間670円も電気代を節約できる。
夏と冬はエアコンが必需品となります。
エアコンは設定温度を意識して調節することで電気代の節約になります。
一般的にエアコンの適正設定温度は、夏は28℃以上、冬は20℃以下に設定することで節約に繋がるようです。
設定温度を意識することは環境のためにもなります。

フィルターの掃除してますか?節約になるようです。

めんどくさいからといってフィルターの掃除をさぼっていませんか?
最近では自動お掃除機能なんてありますが、自分で一度見てみましょう。
結構汚れていることが多いんです。
エアコンのフィルターなどをこまめに掃除して、電気のムダ使いを防ごう - 電気 - エコ知恵 - 緑のgoo - 暮らし - 緑のgoo (3823)

2週間に一度は、フィルターの掃除をしましょう。
フィルターが目詰まりしているエアコンでは冷暖房の効果が下がり、無駄な電気を使います。冷房時で約4%、暖房時で約6%の消費電力の削減になります。
エアコンのフィルターは冷暖房の切り替え時に点検するのはもちろん、2週間に一度くらい取り外して掃除をするのがよい。掃除機でホコリを取るだけでも十分。1シーズン掃除しないと消費電力が約10%も増加してしまう。掃除を実行すれば年間にして約900円節約することが可能となる。
エアコンを使う前にまずフィルター掃除する
これやっとくとエアコンの効きも全然変わってくるし、電気代も汚れ具合によって5~25%ぐらいは変わってくるので、もう絶対にやっときましょう。簡単に掃除したいなら、エアコンの前面を開けて掃除機でホコリを吸い取るだけでもオッケーです。できれば2週間に1回ぐらいでやっておくのがおすすめ♪
エアコンのフィルターは2週間おきに掃除すると良いと言われています。

しかし、意外としない方が多いのではないでしょうか。
簡単なお手入れだけで十分に消費電力を減らすことができますよ。
また、衛生面を考えるとほこりだらけにしていることは身体にも
悪影響を及ぼす可能性があるので清潔な状態にするのがお勧めです。
ついでに室外機も掃除しちゃいましょう。室外機も外にあるためにとっても汚れています。
外気を取り入れる室外機のファンが回りにくいとそれだけで消費電力も増えてしまいますよ。

室外機も掃除しちゃいましょう!それに、室外機の置き方も見直しましょう!

エアコンのフイルターを掃除する事で、暖房や冷房の危機が良くなる事は常識の範疇ですが、定期的に行わなければその効果も低下してしまいます。フイルターは、2週間ほどを目安にすると良いのですが、タバコなどを吸っていたり掃除をあまり行わない家庭などは、ほこりも溜まりやすくなりますので、室内の掃除も怠らないようにしましょう。また、意外と知られていないのが室外機で、室外機の排気周りに物を置いておくとエアコンの能力が低下してしまいます。また故障の原因や電力を多く使う原因ともなりますので、ものが置いてある場合は少し離しておきます。また室外機を設置する場所は、夏場の日差しが当たらない場所が効果的で、日光が直接当たっている場所にあると、エアコンの効きが悪いという事も起こります。室外機は簡単に掃除というわけにはいきませんが、目で見て判る程汚れている場合は専門の業者を呼びましょう。
エアコン室外機の盗難対策は3つの方法で:REDEYE’SBLOG:So-netブログ (3822)

あなたの使用しているエアコンの室外機は充分の隙間を確保してますか?

室外機周辺の空けておくべきスペースの目安は、

後・横:5~7cm、前:20cm程のスペースを確保すると、室外機による過剰な電気代消費を抑えることができます。
室外機の吹出口に物を置くと、冷暖房の効果が下がります。
室外機は風通しのいいところに設置して、周囲はきちんと整理整頓しましょう。
この室外機周辺の温度が高すぎたり、低すぎたりすると熱交換比率が下がるからです。
熱交換比率が下がると、余計なエネルギーが必要になるので電気代は上がります。
屋外に設置された室外機が砂ボコリなどの汚れで目詰まりすると、風量の低下・消費電力の増加につながり、エアコン故障の原因になってしまいます。
室外機を分解洗浄すれば、電気代節約だけでなく、エアコンの寿命延長も期待できます。

電力自由化といっても、節電意識は必要です

2016年からの電力自由化になって、電力業者を変えられた方は、電気料金が安くなる恩恵を受けられたことでしょう。しかし、いくら電力自由化になって、電気料金が下がったとしても、以前よりも電気を多く使っていては、何のための電力自由化なのか意味が無くなってしまいます。したがって節電意識は必要で、待機電力が気になってコンセントを抜く方も多い事でしょう。しかし、これがエアコンの故障の原因となってしまうのは、意外と知らない方が多い事でしょう。エアコンを長期間電源を切っていた場合は、エアコンの冷媒寝込み状態にあり、コンセントを再挿入後は4から8時間は運転せずに、通電状態で待機させる必要があるのです。この冷媒寝込み状態の時に、直ぐに電源を入れてしまうと、室外機のコンプレッサーに負担がかかり過ぎて、傷めてしまう原因になる場合がありますので、ブレーカーなどを落とした際にも気を付けなければなりません。
建築家と建てた家での生活:2006年01月27日 - livedoor Blog(ブログ) (3821)

電力自由化によって節電意識が高まっています。
今まであまり気にしていなかった電気代が気になったりしませんか?
エアコンは使うシーズンが決まっているのにもかかわらず、電気代が高くなる原因になっています。
・使わないシーズンにはブレーカーを落としておく
・設定温度を上げる(下げる)
・フィルターを2週間に1度掃除する
・室外機の周りに物を置かない
といった節電方法があるようです。おうちのブレーカーを見てみましょう。
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

電気代節約のカギは待機電力と家電製品の使い方!

電気代節約のカギは待機電力と家電製品の使い方!

使っていなくても電気代はかかっているんです!意外と忘れがちな待機電力を無くすだけでも電気代節約に!家電製品も使い方次第で電気代節約に。ストレスにならない程度が長く続けるコツです♪
hana06 | 621 view
待機電力はもったいない!無駄はとことん無くして節約上手に♪

待機電力はもったいない!無駄はとことん無くして節約上手に♪

待機電力って意識したことがありますか? 電化製品は電源をオフにしていてもコンセントを差しっぱなしでは電力を消費しています。 わずかな電力ではあるものの、長い目で見たら結構な無駄になっているんです。 ちょっとでも節約をしたいなら、待機電力カットを実行してみましょう。 コツを掴めば無理なくできますよ。
chiko | 102 view
【〇〇するのはNG?!】意外なエアコン節約術まとめ【賢い使い方】

【〇〇するのはNG?!】意外なエアコン節約術まとめ【賢い使い方】

お部屋の温度を快適に保ってくれるエアコンですが、使いすぎると電気代が気になりますよね!でも、エアコンは使い方次第で簡単に電気代を節約できちゃうのをご存じですか?今回、今日から実践したくなる目からウロコの節約術をまとめました♡
Jill-Jill | 166 view
エアコンの効率的な使い方は電気の節約につながる?

エアコンの効率的な使い方は電気の節約につながる?

普段何気なく使っているエアコンですが、効率よく使うとかなり電気の使用を節約することが可能になります。電気不足の問題は深刻化する一方ですので、個人のレベルでも電気の節約に貢献することは意味があります。このサイトではエアコンを使った電気の節約方法について紹介していきます。
E-natsuki | 25 view
家電の中でも消費電力が多いエアコンで省エネを考える

家電の中でも消費電力が多いエアコンで省エネを考える

冬は他の暖房器具を使うという人も、夏はクーラーが欠かせませんから今やエアコンは1家に1台が当たり前になっています。エアコンは家電の中でも価格が高く、消費電力も多いイメージですが、工夫すれば節約できます。
E-nekomi | 18 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

にんまり にんまり

おすすめの記事

今注目の記事