2017年3月10日 更新

電気料金を比較して節約に活かそう

今までは電気代を見直す場合、料金プランの見直しか、ブレーカーのアンペア数を変えるのが一般的でした。しかし今は、電力自由化により、電力会社が増え会社ごとに電気代を比較できるようになっています。

■電気代はどうやって比較するの?

 (32712)

今では電力自由化に伴い、電力会社が選べるようになっています。電力自由化になる前は、住んでいる地域によって自動的に利用する電力会社が決まっていて、電力会社の都合で電気代が値上げになると、それに従わなければいけませんでした。しかし今は電力会社の選択肢も増えていますし、今までのように地域で利用できる電力会社が限られる事もないから、自分にとって一番お得なところを選べます。今までの地域によって決まる電力会社の他には、ガス会社や携帯電話会社、ガソリンを販売する会社なども当たらに参入しています。

しかしいざ電力会社を比較しようと思っても、直接問い合わせをしたら次々に勧誘されるのではないか?ダイレクトメールなどが大量に送られてくるのではないか?という不安もあります。住んでいる地域で自動的に決まる電力会社は大手だから安心感もありましたが、初めて聞く会社名だと、電気が止まったりトラブルが起きたりしないかという不安もあります。こういう時は電力会社を比較できるサイトの利用をおすすめします。

電力会社を比較する専用のサイトだから、郵便番号や家族構成、電気の使用状況やアンペアなどを入力すれば、今の電気会社と新しい電気会社の違いを簡単に比較できます。こういうサイトを利用すると、申込をしないといけないのでは?と思われがちですが、比較だけでもOKですし、比較でいいところが見つかればそのまま申し込みもできます。
 (32711)

■電力会社はどうやって決めるべき?

 (32713)

では実際にいま利用している電力会社と、新しい電力会社を比較してどうやって電力会社を決めたらいいのでしょうか?まず電力会社を比較するサイトで、自分にあった電力会社がどのくらいあるのかをチェックします。電力会社により電気代も変わってきますが、いくら安くても利用しにくいところでは困ってしまいます。

気に入った電力会社が見つかっても、なんとなく手続きが面倒で躊躇してしまいがちですが、電力会社比較サイトでは、切り替えに関するサポートも行っていますので、わからない事があったらそのサイトのコンシェルジュに相談してみてください。こういったサイトは登録も相談もすべて無料だから安心です。

電気会社を見直す場合、アパートやマンションだと思いとおりにできないイメージですが、そんな事はありません。戸建でも集合住宅でも、自由に電力会社が選べます。ただし、マンションで一括管理をして契約をまとめている場合は、個別に契約ができない事があります。自分の住んでいるマンションがどういった契約をしているのか、管理組合に問い合わせれば教えてもらえますが、一括管理の一括契約の場合は個別対応ができない可能性があります。

■新規参入に電力会社の不安

 (32714)

電力会社に伴い、電力会社以外にも新たに参入した会社は多数あります。選択肢が増えたのは嬉しいところですが、大手の電力会社ではない場合、途中で会社が倒産して電力の供給がストップしたらどうなるんだろう?という不安はあります。一応新規参入する会社は国の審査を受けているので、何でもかんでも参入できるわけではなく、信頼できる会社だけが認められます。しかし大手ではない場合倒産というリスクはゼロではありません。この場合、万一契約している会社が倒産したらどうなるのでしょうか?

この場合は電気が止まると生活できませんので、万一の時に備えてセーフティネットを用意しています。これは倒産した会社に代わって、地域の会社が代わりに電力を供給してくれるというサービスです。

■各電力会社が行っているサービスは?

 (32715)

新規参入の電力会社を選ぶ時には、会社がどのようなサービスをしているかも比較ポイントです。

例えば携帯電話会社が行っている携帯電話料金と電気料金をまとめて支払う事で、電気料金が割引になったり、携帯電話会社のクレジットカードで支払うとポイントが貯まったりというサービスがあります。携帯電話やスマホを使う人は、電気料金をまとめる事でお得になります。

今はガソリンを販売している会社(ガソリンスタンド)でも電気会社として選べます。ガソリンを入れる時、そこの会社のカードでガソリンを入れるとポイントが付与されたり、ガソリン代が割引になったりというサービスがありますが、電気料金を同じカードで支払う事により、ポイントが倍になるなど特典があります。毎日のように車に乗り、ガソリンの使用量が多い人はこういった会社がおすすめです。

電力自由化により、ライフスタイルに合わせて電力会社が選べるようになっていますので、見直しをする事で今よりも電気料金がお得になるかもしれません。是非チェックだけでも試してみてください。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

普段より増えやすい夏季の電気料金

普段より増えやすい夏季の電気料金

夏季は家庭でもオフィスでもほとんど1日中クーラーを使います。夏季は1年の中で最も電気料金が高くなるイメージですが、実は電気料金だけで見ると、冬季の方が電気料金は高くなります。しかしクーラーが必需品となれば多少なりとも電気料金は増えていますので、うまく節約する方法を知っておくと安心です。
E-sakura | 23 view
電気料金を延滞するとどうなるの?

電気料金を延滞するとどうなるの?

電気料金は毎月の検診票や明細、webサービスなどの利用で確認できます。支払い方法もいくつか選択肢がありますが、1回くらい遅れてもすぐに電気が止まる事はないと、軽く考え延滞した事はありませんか?電気料金の支払いを延滞すると、延滞金が発生するので損をしてしまいます。
E-sakura | 38 view
webサービスを利用して電気料金を節約する

webサービスを利用して電気料金を節約する

毎月の電気料金は明細で確認するという人も多いと思います。しかし明細しか確認手段がないと、もっと早くに電気料金を知りたい時に不便です。こういう時はwebで電気料金や支払い方法を確認できるので、webを活用しましょう。ただし電力会社によって利用方法は異なるので、自分が利用している電力会社の確認方法を覚えておくのが便利です。
E-sakura | 21 view
インターネットと電気料金のセットプランがお得

インターネットと電気料金のセットプランがお得

インターネットを利用する時、プロバイダと契約をしますが、今はほとんどが制限なしのつなぎ放題プランです。インターネットを何時間利用しても料金は定額だから気兼ねなくインターネットを楽しめます。しかしパソコンを使っている場合は電気代がかかります。インターネットを楽しみつつ、電気料金を節約する方法を紹介します。
E-sakura | 23 view
一般家庭で電気料金を見直し節約する方法

一般家庭で電気料金を見直し節約する方法

電力自由化に伴い、一般家庭でも電力会社が選べるようになりましたが、長年利用している電力会社を変えるというのは勇気も必要です。今まで地域により自動的に決まる電力会社は、電気料金の値上げなどもありますが、電力会社を変えずに一般家庭で電気料金を見直す方法はいくつかあります。
E-sakura | 19 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-sakura E-sakura

おすすめの記事

今注目の記事