2015年11月11日 更新

まずは基本から!【電気代を劇的に節約する方法】

電気代を節約する方法の一番は、基本から行なうことだそうです。どうな基本を変えるのでしょうか?こまめにスイッチを消すとか?その基本を調べてみました。

■基本から始めよう!電気代を劇的に節約!

 (5917)

電気の節約と言えば、使わないものはスイッチを切るとか、コンセントを抜いていくとかありますが、その他にも節約、節電できることがあるんですね。
一番は楽して節電がいいですよね! 今回は電気を基本から節約する方法を調べました。

■契約アンペアを下げると基本料金を安くなる!

 (5918)

このアンペア制度を導入しているのは
東京電力、北海道電力、東北電力、北陸電力、中部電力、九州電力の6社。関西電力、中国電力、四国電力、沖縄電力ではアンペア制度を導入していないようです。

契約アンペアの基本料金(税抜)

 (5919)

契約アンペア  アンペアブレーカーの色  基本料金

10アンペア    赤色              260円
15アンペア    ピンク             390円
20アンペア    黄色              520円
30アンペア    緑色              780円
40アンペア    灰色              1040円
50アンペア    茶色              1300円
60アンペア    紫色              1560円
東京電力の契約アンペア基本料金表
電気代の基本料金は、契約アンペアに応じて高くなる。電気代を節約するためには、契約アンペアを低くすることは欠かせない。

目安としては、夏場であればクーラーとドライヤーを一緒に使うとブレーカーが落ちるくらいが良い。ブレーカーが落ちると分かっていれば、同時に使わなくなるとこまめに電気を消すようになり、電気代の節約になるからだ。

10A基本料金を下げると、月に250円・年間で5,000円以上の電気代節約につながる。手続きも簡単で、電力会社に電話すればすぐに対応してくれる
 (5902)

アンペア数を下げて電気料金の基本料金を安く節約していくためのポイントをご紹介します。

アンペア数というのは、ご家庭で一度に使うことができる電力の最大量です。電力会社と契約しているアンペア数が大きければ、多くの電力を同時に使ってもブレーカーが落ちないようになり、その分基本料金は高くなる、と考えてください。

それでは契約のアンペア数を下げて、基本料金を安くするためにはどうすればいいのでしょうか?それは、『大きな電力を一度に使わない工夫をする』ということです。

アンペア数を下げるためには、一度に大きな電力を使わないようにすれば良いのです。では一体、どんな家電が大きな電力を使うのでしょうか?下記の表を参照してみましょう
 (5900)

上記の表を見ると、毎日使用する家電の中でもそれひとつで10アンペアを超える電力量の家電があります。例えば朝の、朝食づくり、洗濯、掃除という主婦の日課をみても、朝だけで大きな電力を使っていることがわかります。

そこで、「一度に大きな電力を使わないようにする」ために、この時間を上手に分散させてみましょう。
テレビ平均1.5アンペア
冷蔵庫2アンペア
掃除機弱2アンペア〜強10アンペア
炊飯器14アンペア
アイロン14アンペア
エアコン12〜20アンペア
ドライヤー12アンペア
電子レンジ15アンペア
洗濯機/乾燥機洗濯6アンペア/乾燥15アンペア
食器洗い乾燥機13アンペア
IHクッキングヒーター弱7アンペア強14アンペア
契約アンペアを下げることで基本料金は数百円程度安くなりますが、電気の使用量に応じて決まる「電気量料金」などは変わりません。

そのため、契約アンペアを下げると、電気の使用量が同じ場合は電気代も安くなるケースがほとんどですが、使用量が増えたりすれば電気代が高くなることもあります。

■もっとも無駄な待機電力を減らす

 (5920)

電気代の節約の王道と言えるのが、待機消費電力です。

待機消費電力は月々いくらくらいになるか知っていますか?なんと待機消費電力は、月々の電気代全体の約10%近くも消費しています テレビやパソコンなどは、主電源を落としても10%ほどの電気を消費しているのです。

月1万円の電気代請求されている家庭であれば月1000円程度・年間で12000円ほどの待機消費電力を使っていることになります。
電気製品は、使わない時はコンセントから抜いて切るこれが大切です。
近年電気代の節約において注目されているのが「待機電力」です。待機電力とは、主電源を落とさずにいつでも電源を入れて使える状態を維持する際に使用する電力のこと。

テレビで赤い光が点滅させていれば、いつでもリモコンでテレビをつけることができます。しかし、この赤い光を点滅させるために必要そこが待機電力なのです。

待機電力による電気代は月間の10%にあたるといわれています。つまり1ヶ月の電気代が1万円だった場合、1000円は待機電力による電力消費ということになります。
 (5916)

待機電力を節約する方法は至って簡単で、使い終わったら電源を切ってコンセントからプラグを抜く、使う時にはコンセントにプラグを差込み電源を入れる。これだけです。
省エネルギーセンターの調査によれば、一世帯あたりの年間待機時消費電力は285kWh/年と推計されており、1世帯あたりの年間電力消費4,734kWh/年の内、約6.0%を占めるほどの電力が、待機電力として消費されています。

この待機電力を節電によりカットできれば、年間消費電力285kWh/年を削減ることができ、一般家庭の電気代を24円/kWhとして計算した場合、285[kWh] × 24[円/kWh] = 6,840[円]の電気代を節約できます。
 (5923)

スイッチ付の省エネタップ

使っていないコンセントのスイッチをOFFにするだけで、待機電力を押さえ、電気代の節約につながる。コンセントを抜く必要がなく、家電ごとにスイッチがあるので、簡単に設定できて便利だ。

■使用量を抑えると電気代の単価が抑えられる

電気代の内訳を知る

まず最初にやるべきことは、電気代の内訳を知ることです。具体的には

・どの時間帯に電気を最も使っているのか?
・どの家電製品が電気代を最も消費しているのか?

と、自分が普段どのように電気を使用しているのかを把握していきます。電力使用の把握にはまず電気の使い方を振り返りを行いながら、エコワットなどを利用して使用状況を把握していくことが有効です。ここでどれくらい深く理解できたかで、後の節電対策の効率が大きく変わるので、まずはゆっくり時間を使って自分がいつ、どこで電力を最も消費しているのかを調べてみてください。
 (5925)

電気料金は、基本料金+(単価×使用量)の合計となる。電気代は使用量が上がるに従って、単価も上がっていく。単価には3段階あり、1段階下がると節約の効果が大きくなる。

月によって単価は変わるが、下記のような3段階となる。

120kWhまで : 17.87円
121~300kWh : 22.86円
301kWh以上 : 24.13円

やみくもに節約をするのではなく、節約することによって単価が変わることも覚えておこう。
※電気の契約アンペアを変えるだけで、毎月の基本料が相当安くなるとはビックリですよね!
 ただ、一度に大量の電気を使わないように心がけなくちゃですね。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《順番・素材を意識すること》アイロンも使い方によっては節約できます。

《順番・素材を意識すること》アイロンも使い方によっては節約できます。

アイロンって思った以上に電気代がかかるのです。 しかも手際が悪いと結構時間がかかってしまったり。 少し順番を気をつけるだけでも月単位になおすと結構節約できたりできるんですよ。
sawaco | 361 view
〈寒くなっても片付けないで〉冬こそ活用!!扇風機のススメ。

〈寒くなっても片付けないで〉冬こそ活用!!扇風機のススメ。

夏場に大活躍のエコ家電〈扇風機〉これが冬にも活躍することになるんです。 足元が冷えやすい女性にお勧めのこの使い方だとか。 何がそんなにいいのでしょうか。
sawaco | 1,189 view
【〇〇するのはNG?!】意外なエアコン節約術まとめ【賢い使い方】

【〇〇するのはNG?!】意外なエアコン節約術まとめ【賢い使い方】

お部屋の温度を快適に保ってくれるエアコンですが、使いすぎると電気代が気になりますよね!でも、エアコンは使い方次第で簡単に電気代を節約できちゃうのをご存じですか?今回、今日から実践したくなる目からウロコの節約術をまとめました♡
Jill-Jill | 833 view
お風呂でしっかり温まることが暖房費節約に・・・手作り入浴剤のススメ。

お風呂でしっかり温まることが暖房費節約に・・・手作り入浴剤のススメ。

これからの時期、お風呂でしっかり温まることでその後、暖房なしでテレビタイムや睡眠に うつることができる入浴って大切で時間ですよね。 でも身体を芯まで温める入浴剤って結構お金がかかるんですよね。 暖房費も、入浴剤もしっかり節約しちゃいます。
sawaco | 1,354 view
浴室乾燥機って標準装備されている家も多いけど・・・電気代高くないですか?

浴室乾燥機って標準装備されている家も多いけど・・・電気代高くないですか?

浴室乾燥機がついているおうち多いですが、実は電気代が洗濯乾燥機の6倍もかかるそうな・・・。節約できるか調べました。
sawaco | 3,034 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

akari akari

おすすめの記事

今注目の記事