2017年3月5日 更新

ウォーターサーバーは省エネタイプを選ぼう

ウォーターサーバーの導入を検討していても、1日中電源を入れっぱなしにしておかないといけないから、電気代が高くつくというイメージがあります。しかしウォーターサーバーにも新しいタイプが登場しており、電気代はイメージよりも安くなっています。

■ウォーターサーバーの電気代は?

 (32033)

ウォーターサーバーがあると常に冷水や温水を使えるのでとても便利です。ウォーターサーバーには保冷や保温機能が付いており、サーバーが常に設定温度を保ってくれています。しかし、常に快適な温度設定を保つには電気が必要ですし、1日中スイッチを入れっぱなしにしておくため、電気代がかかりすぎるイメージがあります。ウォーターサーバーにも種類があり、メーカーによって電気代は少し違います。

一般的なウォーターサーバーは1ヶ月あたりの電気代は、大体1,000円前後となっています。これは電気ポットとほとんど変わらないのですが、ウォーターサーバーは電気ポットにはできない冷水も使う事ができます。同じくらいの電気代なら、ウォーターサーバーがあれば電気ポットは必要ありませんし、水も安全で種類が選べるのはメリットです。ウォーターサーバーの1ヶ月あたりの電気代は、電気ポットとほとんど変わらないですし、電気代もイメージより多くかかる事はありません。
 (32032)

■ウォーターサーバーを選ぶなら省エネタイプがおすすめ

 (32034)

ウォーターサーバーをお得に使いたいなら、省エネタイプや、省エネモードを搭載した機種を選びましょう。ウォーターサーバーは元々、電気ポットとそれほど変わらない電気代でしたが、今は省エネを意識した機種が増えていて、さらに電気代がお得になっています。これもメーカーによる違いはありますが、消費電力を大幅に抑えつつ、従来通りの温度設定が可能だから利便性はそのままに、1ヶ月あたりの電気代はもちろん、年間の電気代が大幅に節約できるのです。

ウォーターサーバーの多くは、設定温度がひと目でわかるよう表示されていますが、省エネタイプのウォーターサーバーは、夜間寝ている間は表示を消したり、温度設定を変えたりして消費電力を抑える事ができます。設定を切り替える事で、使う時は温度表示や設定温度も今まで通り使えるので、省エネタイプだから不便に感じるところは特にありません。

■従来タイプと省エネタイプの違い

 (32035)

ウォーターサーバー導入するにあたり節約もしたいと考えるなら、省エネタイプがおすすめです。従来タイプと省エネタイプではどのくらいの違いがあるのかを比較してみます。

従来タイプのウォーターサーバーは、1ヶ月あたりの電気代が1,000円前後でした。これに比べて省エネタイプのウォーターサーバーは、1ヶ月あたりの電気代が半分以下の400円前後になっています。これもメーカーによる違いがあるので、中には300円から350円で済むタイプもあります。1ヶ月あたりの電気代が半分以下になるので、1年間では単純計算でも6,000円から7,000円は電気代が節約できます。省エネタイプでもウォーターサーバーですから、途中でスイッチを切る事なく、コンセントは挿しっぱなしです。

一般家庭の場合朝から夜まで、ウォーターサーバーを使う頻度も家庭による違いはありますが、夜寝ている間はほとんど使用しません。省エネタイプのウォーターサーバーは、使用しない夜間の消費電力を抑える事で、電気代が節約できるのです。使う時は通常モード、夜間寝ている間は省エネモードに切り替えられるようになっています。昼間留守がちな場合は、昼間も省エネモードにしておくと電気代が節約できます。

■省エネタイプのウォーターサーバーをさらに節約

 (32036)

今使っているウォーターサーバーが従来タイプなら、それを省エネタイプに変えるだけで、電気代が節約できます。これから新たにウォーターサーバーの導入を検討しているなら、是非省エネタイプを選んでください。省エネタイプを選ぶだけでも、電気代が安くなり省エネにも地球環境にも配慮できますが、省エネタイプをさらに賢く使う方法を紹介します。

ウォーターサーバーは何処に置くかによっても電気代に少し差が出ます。省エネタイプをさらに節約して電気代を安くしたい時は、直射日光が当たる場所は避けましょう。他にも室温が低すぎたり高すぎたりしても消費電力が変わってくるので、室温にも注意が必要です。ウォーターサーバーの取扱説明書にも書いてありますが、サーバーを設置するとき、壁にぴったりとくっつけてしまうよりも、少し壁から離して設置しましょう。機種による違いもありますが、壁にぴったりとくっつけてしまうと、放熱効率が落ち、その分余計な電力を使うからです。これは背面だけでなく、左右も同じです。

今のウォーターサーバーは、スリムタイプも出ているので、置き場所もそれほど必要としません。省エネタイプなら電気代もお得ですし、電気ポットよりも便利でお得などメリットは増えます。お湯や冷水の設定温度も、季節によって変えたり、普段から設定を見直したりする事でさらに節約になります。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

照明器具を見直す事で省エネにつながる

照明器具を見直す事で省エネにつながる

照明といえば一般家庭はもちろんの事、オフィスや工場などあらゆるところで使われています。明るいうちは照明を使わない事もありますが、窓がない工場やあっても小窓程度しかない倉庫のような場所では、昼間から照明を使います。生活や仕事に欠かせない照明ですが、LEDに変えるだけでもかなり省エネになります。
E-nekomi | 7 view
再生可能エネルギーを活用して省エネに活かす

再生可能エネルギーを活用して省エネに活かす

省エネを考える上で、再生可能エネルギーは欠かせないでしょう。エネルギーを作る方法はいくつかありますが、現在日本ではほとんどを火力発電に頼っているため、CO2の排出をゼロにはできません。人々が暮らしていくために必要でも、地球環境には優しくありません。
E-nekomi | 9 view
省エネを考えて空気清浄機を選ぶ

省エネを考えて空気清浄機を選ぶ

空気清浄機があると室内の空気を常に清潔でクリーンに保てます。目に見えないホコリやハウスダスト、ダニや花粉やウイルスなど空気中に浮遊している邪魔なものや害のある物を吸い取り空気をきれいにしてくれます。空気清浄機を取り入れるなら、省エネを重視したタイプがおすすめです。
E-nekomi | 11 view
給湯器の使い方を見直して省エネに役立てる

給湯器の使い方を見直して省エネに役立てる

給湯器にも種類がありますが、ガス給湯器はガスだけでなく電気代もかかるため省エネには不向きとされています。給湯器の主流はガス給湯器ですが、省エネを考えた場合はどうしたらいいのでしょうか?
E-nekomi | 17 view
共同住宅で省エネに役立つ部屋の選び方

共同住宅で省エネに役立つ部屋の選び方

共同住宅といってもいろいろ種類はありますが、マンションのように1つの建物の中にいくつかの部屋があり、大勢の人が暮らす共同住宅は、戸建てに比べて省エネ対策が難しいイメージです。マンションを選ぶ時に、省エネを可能にする部屋探しのポイントを紹介します。
E-nekomi | 10 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-nekomi E-nekomi