2017年3月16日 更新

電気代を節約しよう!~≪冷蔵庫≫の使い方を見直す~

電気代を節約したいけれど、どこをどうすればお金が変わるのでしょうか?今回は「冷蔵庫」について調べてみました。冷蔵庫の電気代は忘れがち!ちょっと見直すだけで出来る電気代の節約法があるんですよ!ぜひお試しください。

古い冷蔵庫は買い換えよう

 (33948)

「新しい冷蔵庫は機能も増えているから古いものよりも電気代がかかるのでは?」
そう思う方もいらっしゃるでしょうが、実際はその逆なようです。

10年前と最新の冷蔵庫を比較してみますと、
10年前は年間消費電力が680kWhに対し、最新の冷蔵庫は180kWhだという統計が出ています。

消費電力が違えばもちろん電気代も変わってきます。
先ほどの消費電力で計算しますと、10年前の冷蔵庫では年間17,618円に対し、最新の冷蔵庫は4,663円。
ここまで差があるとはなんともびっくりですね!

新しい冷蔵を買うとお金はかかるのですが、長い目で考えますと、
10年以上使い続けたら新しい冷蔵庫に替えることを考えたほうが良さそうです。

大型の冷蔵庫でも小型より消費電力が少ないことがある

 (33952)

大きい冷蔵庫と小さい冷蔵庫を比べてみますと、
容量が大きい分だけ大きい冷蔵庫は電気代も高くなってしまうと思ってしまいますよね。
大家族であれば大きい冷蔵庫を買うしかなくても、
家族の人数がそんなにいなければ入れるものも少ないからと小さな冷蔵庫を買う方は多いです。

しかし、実際に年間消費電力量を冷蔵庫のカタログなどで調べてみますと、
300Lの小さな冷蔵庫よりも、500L以上の大きな冷蔵庫の方が年間消費電力量は少ないのです。
大きな冷蔵庫はもったいないからと小さな冷蔵庫を買えば、電気代を増やす結果になってしまいますよ。

冷蔵庫の置き場所を見直してみる

 (33950)

冷蔵庫の置き場はよく考えずに決めているという方もいらっしゃいます。
けれど、冷蔵庫は外気温の影響を受けやすく、置き場によってはかなり電気代を上げる結果になってしまいます。
直射日光が当たるところにおいている方、暖房器具の側においている方、壁ぴったりに置いている方は、
今ある場所から違う場所に冷蔵庫を移すだけで消費電力を抑えて電気代を落とすことができます。

冷蔵庫の中にあまりたくさんのものを入れすぎない

 (33949)

食材をまとめ買いしてきて、冷蔵庫の中に詰め込んではいませんか?

そのまま詰め込んだ状態にしておくと、冷気の流れが悪くなって冷蔵庫はなかなか冷えません。
食材の間には隙間がなければ冷蔵庫は冷えませんから、
中をのぞいたときに突き当たりの壁が見えるぐらい、余裕を持って食材を入れるようにしましょう。

冷蔵庫は冷えなければ自ら温度を下げようと頑張りすぎて電気代も上がってしまいます。
買い物はいつもまとめて買って使わないものは冷蔵庫に入れておく、という方は多いですが、
あまり買いすぎるのも電気代が無駄になります。
余裕がある状態で冷蔵庫の中に食べ物が入っているように注意してください。

冷蔵庫に入れなくても良い野菜とは?

 (33951)

野菜にもいろいろな種類があり、低温の環境に弱いものもあります。
たとえば、里芋、ナス、きゅうり、ピーマン、かぼちゃ、じゃがいもなどの野菜は、
買ったら冷蔵庫に入れるのをやめて、冷暗所に保存するようにしましょう。

冷蔵庫を見直してみると、けっこう入れなくても良いものが入っていますよ。
半分料理に使った残りだったら冷蔵庫に入れなければいけませんが、中身を確かめて、
冷蔵庫に入れなくてもいい未使用の野菜が入っていたら取り出してみましょう。

冷蔵庫の扉を何回も開け閉めしないように気をつける

冷蔵庫をしょっちゅう開け閉めしている家庭は多いです。
けれど、何度も開けることで冷気が冷蔵庫から出ていってしまい、
また冷蔵庫は中を冷やすために電力を使って電気代も上がります。

必要なものを探そうとあちらこちらを開けて冷蔵庫の中を探したりしますが、
電気代節約のためにも、冷蔵庫の中身はホワイトボードなどに書いてチェックしておきましょう。
ホワイトボードを使うと、すぐに必要なものが取り出せますし便利ですよ。

冷蔵庫の温度設定を確認する

 (33590)

冷蔵庫の温度設定にはだいたい決まりがあります。

冷蔵庫 1℃
冷凍室 マイナス18℃からマイナス22℃
野菜室 3℃から7℃

冷蔵庫によっては温度指定がついていなくて弱、中、強などの設定になっているかもしれません。
その場合は、冬は弱、夏は中を基準に温度設定しましょう。
冷蔵庫の中の温度計を見ながら調節するのも効果的です。
季節に応じて温度の設定をちょっと変えるだけでもだいぶ冷蔵庫の電気代の節約になります。

温かい食べ物は冷えてから入れるようにする

早く片付けたいからと、残った食べ物をお皿に移し替えてからすぐに冷蔵庫に入れるという方は多いです。
しかし、この行為こそ冷蔵庫の温度を上げて電気代をアップさせる原因の一つです。

残り物を片付け忘れて、そのままにしていたら腐ってしまったということにならないよう、
すぐしまいたいという気持ちはわかりますが、冷蔵庫のことを考えれば少し覚ましてからしまってあげましょう。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

電気代節約のカギは待機電力と家電製品の使い方!

電気代節約のカギは待機電力と家電製品の使い方!

使っていなくても電気代はかかっているんです!意外と忘れがちな待機電力を無くすだけでも電気代節約に!家電製品も使い方次第で電気代節約に。ストレスにならない程度が長く続けるコツです♪
hana06 | 604 view
冷蔵庫の電気代、節約しましょう!

冷蔵庫の電気代、節約しましょう!

どの家庭にもある冷蔵庫、1年じゅうずっと電源入れっぱなしですね。電力自由化で電気代が安くなるかもと期待されるているものの、冷蔵庫の電気代って結構かかっているんです。
にんまり | 537 view
冷蔵庫を上手に使って節電しよう

冷蔵庫を上手に使って節電しよう

電力自由化で仮に電気代が安くなっても、電気を無駄に使っていては節約効果も相殺されてしまいます。家庭の中で特に電気代のかかる冷蔵庫の節電方法を見てみましょう。
loveandjoy117 | 286 view
夏の電気代節約で出来ること~クーラーの上手な使い方~

夏の電気代節約で出来ること~クーラーの上手な使い方~

夏の時期はクーラーを使いますから、どうしても他の季節より電気代が上がります。でも、電気代がもったいないからとつけるのを我慢していると危険ですよね。そこで今回、電気代節約のためのクーラーの上手な使い方について考えました。
たぬこ | 11 view
毎日の食卓に。ご飯は賢く冷凍保存で電気代節約のススメ

毎日の食卓に。ご飯は賢く冷凍保存で電気代節約のススメ

毎日の食卓に欠かせないご飯ですが、実は節約出来るのをご存知ですか? ご飯は多めに炊いて、小分けにして冷凍保存しておくと、電気代が節約できます。 炊飯器の保温機能は結構電気代がかかっていて、時間が経つと美味しくなくなります。
chiko | 25 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

たぬこ たぬこ